柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

作業療法学科

臨床の現場で即戦力として活躍できる作業療法士。作業療法士は、「理学療法士及び作業療法士法」に基づく国家資格です。「OT(Occupational Therapist)」と呼ばれることもあります。「作業療法」とは、同法第2条2項において『身体または精神に障害のある者に対し、主としてその応用的動作能力または社会的適応能力の回復を図るため、手芸、工作その他の作業を行なわせること』とされており、作業療法士は同法第2条4項において『厚生労働大臣の免許を受けて、作業療法士の名称を用いて、医師の指示の下に、作業療法を行なうことを業とする者』と位置付けられています。どのような特徴があるのでしょう。見てみましょう。

作業療法士の仕事

作業療法士の仕事

作業療法士は、医師の指示に基づき、患者に簡単な作業(リハビリテーション)をさせて身体的な機能回復を図る仕事であり、厚生労働省の認定する国家資格です。例えば、工芸、手芸、園芸、絵画、玩具操作などの作業技法を使って、病後や障害の機能回復や日常生活動作の維持や改善を図ります。また、作業療法は職業準備訓練という目標をもちます。作業活動は、日常生活活動、仕事、遊びなど、生活にかかわるすべての諸動作を指し示すものであり、治療対象者によってその作業活動は様々です。

作業療法士になるには

下記①か②のいずれかの要件を満たし、厚生労働大臣、または文部科学大臣指定の作業療法士専門学校などで3年以上就学した上で、作業療法士国家試験に合格すると資格を取得できます。作業療法士国家試験に合格し、作業療法士として登録することにより、作業療法士と名乗ることができます。

  1. ①作業療法士養成校(4年制大学、3年制短期大学、専門学校)卒業者
  2. ②外国の作業療法に関する学校もしくは養成施設を卒業し、または外国で作業療法士の免許に相当する免許を得た者で、厚生労働大臣が認めたもの

作業療法士国家試験は年1回実施されており、試験地を管轄する地方厚生局または地方厚生支局が試験の手続き、及び実施を行なっています。

作業療法士の活躍する場

作業療法士として働く現場は、病院のリハビリテーション科、その他、高齢者福祉施設や障害者・障害児福祉施設などが挙げられます。いずれの職場でも、理学療法士や言語聴覚士といった他のリハビリ専門職、医師、看護師、介護職員などと連携しながら仕事を進めていきます。

主な就職先

老人福祉施設、リハビリセンター、保健所、福祉関連相談所、病院、障害者福祉施設、障害児関連施設等

作業療法士と理学療法士の違い

立つ、歩くといった基本動作のリハビリを行なう理学療法士とは異なり、作業療法士は食事や入浴などの日常生活に必要な動作や、料理、編み物といった趣味にかかわる"作業"を通してリハビリを行ないます。患者が、楽しく生活できるように支援するのが仕事で、生活場面での応用的な動作能力にとどまらず、精神的・心理的な安定を目的としているところが、理学療法士とは異なる点です。

このページのTOPへ

注目ワード