柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

救急救命科

事故や急病などの救急現場や緊急事態に、救急車で現場に駆け付け救急車の中で大切な命を守る役割を果たす「救急救命士」。救急救命士は、救急車に同乗し、重篤な病人やケガ人に対して、医師の指示に基づき応急処置を行なう仕事です。現在では、電気的除細動、気管挿管、薬剤投与など、救急救命士が行なうことのできる医療行為は広がり、その期待と責任はますます増大しています。救急現場の判断と救命処置が患者の人生を変える重要な任務。救急救命科では、どのようなことを学ぶのでしょうか。

救急救命士になるには

救急救命士になるには

救急救命士は、厚生労働省が認定する国家資格であり、資格取得を目指すためには、高校卒業後、文部科学大臣指定の学校か厚生労働大臣指定の救急救命士養成所で2年以上学ぶことが必要とされています。幅広い医療の知識や実践的なトレーニングが必要な仕事であるため、専門学校や短大でも3年制の学科・コースを設けているところが多いようです。そして、救急救命士国家試験に合格する必要があります。

消防隊員になること

救急救命士の資格取得後、病院実習等を行なった上で消防官採用試験を受験。消防隊員となることで、救急救命士の仕事をすることができます。また、就職してから救急救命士になることもできます。その場合、消防官として就職してから、6ヵ月以上の講習を受け、5年以上または2,000時間以上、救急業務を経験することでも国家試験の受験資格が得られます。

「救急救命士の仕事」とは

救急救命士は、厚生労働大臣の免許を受けて、医師の指示の下に救急救命処置を行なうことができる国家資格で、救急現場での応急処置の充実と救命率の向上を目的として設けられました。事故や急病などの救急現場や緊急事態に、心肺停止状態の傷病者に対して、「救急救命処置(※)」を行ないます。

※救急救命処置(医療行為):気管挿管や特殊チューブなどの器具を使用して気道確保を行なうことや、薬剤投与のための静脈路確保と輸液を行なうこと。

救急車と救急救命士

救急車の出動回数は、全国で年間500万件以上と言われています。救急車には救急隊員が3人1組で乗りこみ、そのうち1人以上は救急救命士であることが求められていますが、まだまだ人数が足りていないのが実情とか。そのため、今後も救急救命士のニーズは伸びていくと言われています。また、自然災害などが頻発する中、災害時の対応や対策への関心も高まるにつれ、救急救命士という仕事への期待も大きくなっています。

活躍の場

主な就職先は消防署で、救急救命士の資格をもつ消防官(地方公務員)として働きます。普段は消防署で待機し、救急車の車内が主な活躍の場となります。最近では、救急救命センターなどで働く救急救命士も出てきていますが、医療機関での求人は、あまり多くはないのが現状です。また、自衛隊や海上保安庁、警察、救急救命士を養成する学校からの求人もあります。その他、救急救命センターや民間救急隊員、警備会社などで活躍するケースもあります。

救急救命科のある専門学校、大学

  • 湘央医学技術専門学校
  • 国際医療福祉専門学校

このページのTOPへ

注目ワード