柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

介護福祉科

高齢化社会が進み続ける中、認知症等の要介護リスクの高くなる後期高齢者が大きく増えたことにより、介護福祉士のニーズは、かつてない程に高まっています。高齢者が住み慣れた地域の中で、より自分らしく最後まで暮らし続けられるように、地域医療・地域包括ケアの構築が望まれています。そのためには医療専門職と、きめ細かく連携できると同時に医療的ケアに対応できる介護職が不可欠なのです。ここでは、介護福祉科と介護福祉士についてご紹介します。

介護福祉士の役割

介護福祉士の役割

様々なハンディを持って生きている高齢者や障害者の方とその家族を援助し、支えていくのが介護福祉士の役割です。介護の技術を身に付けることは何よりも大切なことですが、介護される人や家族の心を理解することもそれ以上に重要です。心からの共感と思いやりの実践が、常に問われるのです。また、社会福祉の制度を学び、自分が実践している介護が社会の中でどのように位置付けられているのかを知ることにより、より専門的な介護福祉士を目指します。

高まりを見せる介護福祉士のニーズ

高齢化社会を見据えて、一人ひとりの要介護者に、より適した身体的自立、精神的自立、及び社会的自立の支援が必要です。そこで健康な日常生活の保持・改善に必要な援助ができる知識と技術を備えた介護専門職が望まれています。介護福祉士は介護サービスの中核を担う存在として、高齢者や障害者の生活援助を行ないます。また、要介護者が抱えている悩みの相談に乗ること、話し相手として精神的ケアを行なうこと、さらに家族に対する介護方法のアドバイスをすることも重要な役割です。医師や看護師など他の医療の専門職との連携も不可欠です。

介護福祉科で学ぶこと

介護福祉科では、身体の介護と心の介護の両面に精通した専門的な介護福祉士の養成を行ないます。講義と実習を通じて介護の技と心、医療の基礎知識と医療的ケアの技術を習得。

また、地域で活躍する高齢者の人たちや、老人ホーム等で生活する要介護高齢者の人たちと教員・学生との交流活動をしながら、学習や研究を行ないます。

介護福祉士の国家試験

介護福祉士の国家試験は毎年1回実施され、第1次と第2次の二段階の試験があります。第1次試験が筆記試験であり、これに合格した者が第2次試験である実技試験に進むことができます。介護福祉士になるためには、国家資格の取得が必須です。資格取得の条件、及び資格試験(筆記、実技)の選び方には、次の3つがあります。

(1)実務経験3年以上(※)の者

受験申込時に、3つの受験コース(筆記・実技試験の両方の受験、介護技術講習と筆記試験、実務者研修と筆記試験)のいずれかを選びます。

(2)福祉系高校を卒業した者

旧カリキュラム(平成20年度以前入学者)の修了者、特例高校等を卒業(平成21年度以降入学者)かつ実務経験(※)9ヵ月以上の者は、筆記・実技試験の両方を受験、あるいは介護技術講習・筆記試験(実技試験免除)のいずれかを選びます。

新カリキュラム(平成21年度以降入学者)の修了者は、筆記試験のみ(実技試験免除)受験。

※介護等の業務に従事。従業期間及び日数、実務経験の範囲の関する細則あり。

(3)厚生労働大臣の指定する養成施設を卒業した者

養成施設を卒業時に資格試験を受験せずに取得できます。

なお2015年(平成27年)度より、実務経験者が受験する場合、実務経験3年以上かつ実務者研修を修了しなければならない。また、養成施設において必要な知識、及び技能を修得した者も国家試験の受験が必要となります。

介護福祉科のある短大・大学

  • 高田短期大学
  • 川崎医療短期大学

このページのTOPへ

注目ワード