柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

医療秘書科

現場で役立つ資格を取り、病院の正職員をめざす現在の医療現場では、多忙な医師をサポートするために高度な医療知識や事務能力があるドクター秘書が求められています。そのため、現場で必要な他の医療職の人としっかりコミュニケーションが取れ、医療機関内の様々な医療活動がスムーズに運ぶように、基礎医学や医療事務などをバランス良く学び、病院の即戦力となる人材を育成している養成学校が多いのです。ここでは、医療秘書科についてご紹介します。

「医療秘書」とは

「医療秘書」とは

医療秘書の仕事は、病院のどこの所属になるかによって、主な業務が変わります。所属は大きく分けて二つあります。ひとつには医事課(受付、会計等の事務系)で働くことです。もうひとつは、看護部(病棟事務や看護助手等)で働くことです。

医事課で働く場合(受付、会計等の事務系)

受付、会計、カルテ作成など病院の事務業務を担当。医療報酬請求事務などの事務の他、初診受付や入退院受付などを通じて直接患者と接する職場です。医療保険の仕組みや医療制の概要、医療関連法規などの知識、レセプト作成点数計算、パソコン操作のスキルが必要です。また、医師不足が深刻化する中で、今まで医師が行なっていた、診断書などの文書作成や電子カルテへの代行入力、医療の質の向上に役立つ事務作業など、医師の事務作業を補助する「医師事務作業補助者」という新しい職種も現在注目されています。

看護部で働く場合(病棟事務や看護助手等)

医師、看護師の業務が円滑に進むよう、事務的な面でサポート。入院施設を有する病院では、病棟のナースステーションに「病棟クラーク」が配属されているところがあります。入院カルテの整理や検査データや手術記録の保管、病棟内の物品管理など、医師、看護師の業務が円滑に進むよう、事務的な面でサポートしています。入院中の患者の不安を取り除いてあげることも重要な役のひとつ。病院によっては、小児病棟や産科病棟に配属されることもあるため、乳幼児や妊婦をサポートしながら、ご家族とのコミュニケーションも必要になります。

医療秘書に求められるもの

医療秘書に求められるのは、幅広い知識と実務能力です。そのため、医学の基礎知識や医療業界特有の事務処理について、また秘書としてのマナーや心配り、マネジメント能力など、幅広い技能習得が求められます。

日本で唯一、医療秘書を養成する4年制大学

川崎医療福祉大学は、医療秘書の養成を目的とする、日本で初めて、かつ4年制大学では唯一の学科です。医療機関などで働く専門秘書や、医療事務・診療情報などを正確に処理できる人材を育成します。多忙を極める医療現場で、医学に関する基礎知識と秘書技能を駆使し、医師や医療スタッフを事務的側面から支え、マネジメントできる医療秘書を育成しています。

目指す資格

医療秘書は、医師のサポート(書類の作成やスケジュール管理など、医療行為を除く業務)を行なう仕事です。通常の企業の秘書と同様の業務内容ですが、医療に関する幅広い知識が必要となるため、「医療秘書技能検定」という民間資格が設定されています。

  • 診療情報管理士
  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 医療秘書技能検定試験
  • 秘書技能検定
  • ビジネス文書検定試験
  • 文部科学省後援 ビジネス能力検定(B検)ジョブパス
  • 情報検定(情報活用試験)【J検】
  • 医事コンピュータ技能検定
  • サービス接遇検定
  • コミュニケーションスキルアップ検定など

医療秘書科のある養成学校例

  • 関西女子短期大学
  • 川崎医療福祉大学
  • 関西女子短期大学

このページのTOPへ

注目ワード