柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

養成学校に入るメリット

「柔道整復師」とは、骨折や脱臼、打撲、捻挫などの治療を行なうことができる国家資格を持つ人のことを言います。法律では「厚生労働大臣の免許を受け、柔道整復を業とする者」と定義されています。柔道整復師資格になるためには、文部科学省の指定した学校や、厚生労働大臣指定の柔道整復師の養成施設を卒業することが必要です。そういった学校や養成施設には、4年制の大学や3年制の短期大学、専門学校があります。それらのいずれかを卒業すると柔道整復師試験の受験資格を与えられ、そこで初めて国家試験を受けられるのです。ここでは、柔道整復師養成学校に入るメリットを見てみましょう。

養成学校の下調べが肝心

養成学校の下調べが肝心

柔道整復師になるために学校に入るなら、4年制の大学で学ぶか、3年制の短大などで学ぶかを選択する必要があります。3年制だと早く資格を取得でき、学費も安く抑えることができますが、4年制の大学であれば余裕を持ってじっくりと学ぶことができます。どの学校に入るかで柔道整復師としての人生が決まると言っても過言ではありません。入学するにあたって、まず十分に下調べをする必要があります。

知識習得だけではないプラスアルファに期待

多くの学校は、資格を取得するための知識を得ることに重点を置いています。国家試験合格だけを目標に、知識習得中心にカリキュラムを組むことは大切ですが、国家資格がゴールではありません。国家資格はスタートです。ですから、養成学校を選ぶ際には、経験豊かな教師や講師がいるかどうか、実習ではどのような技術を学べるのか、また、卒業後の就職先などもチェックすると良いでしょう。

公益社団法人全国柔道整復学校協会 公式サイト

http://www.judo-seifuku.or.jp/

公益社団法人日本柔道整復師会 公式サイト

http://shadan-nissei.or.jp/links/

選びたいのは、卒業後もフォローしてくれる養成学校

国家資格取得後は、柔道整復師として様々な職場で活躍するだけでなく、独立開業の夢を抱いて入学する学生が数多くいます。開業して成功するためには、技術力に加え、しっかりとした経営力が欠かせません。ですから、開業後に必要な経営・運営管理、経営分析、人材教育などの経営マネージメントまでを視野に入れた教育を実践している養成学校を選びたいものです。以下に、養成学校選びの際のポイントをいくつか挙げます。

整形外科などとの医療連携があるか

病院などが隣接している養成学校では、柔道整復の技術を身に付けながら、先進的な西洋医学の現場を体験し、知識を修得することができます。つまり、教科書や標本などでは到達できないレベルでの理解が得られるという訳です。それにより治療現場での診断及び施術において、生きた知識を自分のものにすることができます。

働きながら学べるカリキュラムやシステムがあるか

学生の中には、働きながら通学せざるを得ない人もいます。そのような人たちのために、昼間・夜間のいずれかで、フレキシブルに学べる体制を整えている養成学校もあります。

このページのTOPへ

注目ワード