柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

柔道整復師養成施設(短期大学)

「柔道整復師養成施設」とは、柔道整復師学校養成施設指定規則に基づいて設立された柔道整復師を養成する施設のことであって、一般には「柔道整復学校」、「ほねつぎの学校」などと呼ばれます。3年制、または4年制の専門学校、3年制短期大学、もしくは4年制大学があります。一部、3年制の各種学校や厚生労働省の認可を受けただけの3年制施設学校もあります。設置主体は大半が学校法人ですが、一部に財団法人、社団法人、医療法人などもあります。ここでは、3年制短期大学についてご紹介します。

特色ある短期大学

特色ある短期大学

短期大学としては、日本では唯一、柔道整復師を目指せる帝京短期大学があります。

帝京短期大学

帝京短期大学のライフケア学科(3年制)には、柔道整復専攻(昼間部・夜間部)があります。打撲、捻挫、骨折、脱臼など主に骨や筋肉にかかわる治療をする柔道整復師の資格取得を目指します。接骨院だけでなく、スポーツ現場でも活躍。独立開業も目指します。「柔道整復専攻 柔道整復コース」では、手術をせずにケガを治す保存療法のスペシャリストを育成します。

3年間で学ぶ主な教育内容

患者の心と体をサポートする人間性豊かな医療従事者を目指すために、3年間で次のような内容を学びます。

1年次

柔道整復師誕生の歴史をたどりながら、同時に総合医療の概念を学びます。人を救う喜びと、救える人になることの意味を改めて学び、自分が何を目指しているのか、将来像を描きます。

2年次

隣接する帝京接骨院において、臨床実習を行ないながら現場の生きた知識と技術を身に付けていきます。整復術はもとより、患者さんへの接遇マナーなど、人と人とのかかわり合いを通して、コミュニケーション力、想像力の必要性を学びます。

3年次

様々なケガの診断、治療法などを身に付ける総決算の1年です。就職先は接骨院、診療所、整形外科、総合病院の他、独立開業、スポーツトレーナーなどといったスペシャリストになる道もあります。

学びの選択肢が広がる夜間部も設置

柔道整復師の国家試験受験資格が取得でき、昼間部・夜間部を備えた短大は国内でも帝京短期大学だけです。「夜間であれば柔道整復師への道がめざせる」という方には、ご自分のライフスタイルに合わせて、昼間部と同様の知識・技術が学べます。

臨床実習のための接骨院と整形外科クリニックが隣接

臨床実習では、隣接している帝京接骨院で患者さんへの接し方や機器の取り扱いを学びます。実習機関であると同時に、地域医療に貢献する医療機関としての役割を担っているため、現場の生きた知識や技術を習得することができます。また、接骨院の2階にある帝京整形外科クリニックの医師との連携がとれていますので、患者さんを総合的にケアするための専門知識に裏打ちされた医療技術を学ぶことができます。

4年制大学への編入も可能

短大卒業後、帝京平成大学ヒューマンケア学部3年次への編入学も可能。5年間で柔道整復師とはり師・きゅう師の資格を目指せるのも特徴のひとつです。

このページのTOPへ

注目ワード