柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

柔道整復師養成施設(専門学校)

柔道整復師資格は、1993年(平成5年)より以前には都道府県知事資格であり、資格試験も地方自治体管轄で行なわれていました。そのため、年間に複数回数の受験も可能でした。しかし、1993年(平成5年)度に厚生省(現:厚生労働省)は柔道整復師資格を国家資格とすることに定めました。それに伴い、試験の実施権を地方自治体から厚生省直轄とし、試験実施も全国一律となったのです。試験実施は1年に1回のみ。まさに一発勝負となりました。この厚生省の動きを受けて、柔道整復師養成施設(専門学校)は国家試験の合格率で結果を出せるように、実力重視の入学体制へと移行し、現在に至ります。ここでは、国家資格取得のための柔道整復師養成施設(専門学校)入学についてご紹介致します。

専門学校への入学

専門学校への入学

柔道整復師の国家資格を取得するためには、国が認めた柔道整復師養成施設(専門学校)で3年間学ぶことが必要であり、その上で厚生労働省が管理する国家試験に合格しなければなりません。

国家資格取得までの流れ

  1. ①文部科学大臣認定または厚生労働大臣認定の養成施設で3年間学ぶ
  2. ②国家試験受験
  3. ③合格後、資格取得

専門学校で学ぶ科目

基礎科目
人文科学、社会科学、自然科学、保健体育(体育には柔道を含みます)
専門基礎科目
医学史、解剖学、生理学、運動学、病理学概論、衛生学、公衆衛生学、一般臨床学、外科概論、整形外科学、リハビリテーション医学
専門科目
柔道整復理論、柔道整復実技、関係法規

専門学校の現状

現代社会では、企業はもちろん、いかなる職場においても人材をゆっくり育てるという時代ではなく、即戦力となる人材を募集しています。そんな中にあって、専門学校卒業生は大変注目を浴びています。専門学校に入るためには、その学校が課している入試問題をクリアしなければなりません。最近では、柔道整復師養成施設(専門学校)の入学試験を突破するためのノウハウを指導する予備校もあります。

柔道整復師養成施設(専門学校)入学対策予備校とは

最近では、柔道整復師養成施設(専門学校)へ入学するための予備校もあります。全国の治療関係の先生方、教育専門機関が中心となって鍼灸柔整系専門学校の入試突破のために開講されたユニークな予備校です。医療系や教育系の確かな企業などが母体となっているところが多いため、業界内部の情報、就職相談、開業相談、開業、及び運営指導や療養費の請求業務代行など、学習はもちろん学習以外のフォローシステムに至るまで、確かな力が身に付きます。

  • 早稲田鍼灸柔整校
  • MDX鍼灸柔整予備校
  • MDX東京鍼灸柔整予備校/MDX大阪鍼灸柔整予備校
  • 医進学園明治鍼灸柔整予備校
  • 東京鍼灸柔整予備校
  • 日本鍼灸柔整専門予備校
  • 名古屋鍼灸柔整専門予備校
  • 中央鍼灸柔整予備校

入試合格の決め手は小論文と面接

小論文と面接は全専門学校で必ず実施されている受験科目です。その理由としては学校サイドが、小論文や作文を通して、その学生が自分の進む道をどのように考えているかを評価するからです。

面接で多く質問される内容

  • 柔道整復師の専門学校を受けることになった志望動機
  • 専門学校に対する適正と本人の意欲の程度
  • 人柄

このページのTOPへ

注目ワード