柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

運動療法

人は、長い間筋肉を使わないと、筋力が低下したり、関節の可動域が狭くなったりします。そこで、柔道整復師の手または、専門の医療器具を使って筋肉や関節などに積極的に働きかけて運動させ、筋力を高めたり本来の機能へ回復させたりするために運動療法を行ないます。「運動療法」とは、低下した筋力を運動によって回復させる方法です。柔道整復術の運動療法は、リハビリテーション医学に通じるところがあります。どのようなものがあるのでしょうか。

運動療法の定義と実施する症状

運動療法の定義と実施する症状

運動療法の定義とは、機械器具等を使い、または使わずに外傷や疾病によって生じた運動の機能障害を取り除き、一日も早く社会復帰させることにあります。運動療法の開始時期として望ましいのは、局所の疼痛、発熱等がおさまる頃、細心の注意を払って開始します。その際、施術を受けられる方には、どのようなメカニズムで悪くなったのか、治るために必要なことや期間、通院日数や家でのホームケアまで説明します。衰えた力を最大限に発揮できるようにサポートしながら実施することが大切です。運動療法の適応症としては骨折、脱臼、捻挫、打撲の後療法などになります。運動療法を避けなければいけないときは、急性症状のあるとき、高熱のあるとき、血圧に変動のあるとき、心疾患があるときなどになります。

運動療法の種類

柔道整復師が腕を取り、患者の代わりに肩を動かす他動運動によるストレッチや、細かな運動を繰り返して関節などの動きを滑らかにしたり可動域を広げたりする関節モビライゼーション、また、動作を誘導して筋力トレーニングを行なうPNF(神経筋促通法)など様々な方法があります。この運動療法は、患部のみでなく、全身体操を応用した全身運動療法と組み合わせながら行ないます。

ストレッチについて

ストレッチは筋肉を引き伸ばすことを言います。やり方としては筋肉を緩やかに伸ばし、しばらく伸ばし続けるということです。筋肉は「伸展反射」と呼ばれている機構によって保護されています。疲労からくる腰痛及び肩痛、また、骨折などによる長期の固定などからくる関節の拘縮などにストレッチは有効です。無理することなく徐々に関節の可動域を拡げ、かつまた予防と治療にも役立つ新時代の健康法と言えます。

関節モビリゼーション

関節に対して、細かな運動を繰り返し与えて、筋骨格に最大可動域や無痛運動を回復させることを目的として行なう関節調整法です。この運動療法は、患部のみでなく、全身体操を応用した全身運動療法と組み合わせながら行ないます。こうした運動療法は、施術を受けられる方の年齢や性別、体質や症状に合わせ、時期と期間を選ぶことや続けることが大切です。

柔道整復術の運動療法は、リハビリテーション医学に通じるところがあります。総合病院や整形外科などでは、最新の器具が整ったリハビリルームなどを設置しているところも増えており、そういった場所で機能訓練指導員として運動療法を施す柔道整復師もいます。

このページのTOPへ

注目ワード