柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

手技療法の図解(揉捏法)

揉捏法(じゅうねつほう)は、手のひら、親指、二本指、四本指などで、痛みや違和感がある部分に手を密着させ、患部の筋をつかむようにしながら、そこに垂直に圧力をかけていきます。つまり、圧力をかけたまま、筋肉を揉みほぐし筋肉の組織を動かしていくという方法です。筋肉が疲れているという場合に効果的なマッサージになります。 筋の収縮を活発にし、静脈血の流れを良くすることで、血管を広げ新鮮な血液を行き渡らせます。これにより筋肉が萎縮し硬くなることで起こる筋疲労などを回復、予防を図ります。ここでは、マッサージの基本的な手技のひとつに揉捏法についてご紹介します。

揉捏法の効果

揉捏法の効果

揉捏法は、主に筋肉に作用を及ぼし、組織の新陳代謝を盛んにします。また腹部に行なうときは、圧力をかけたままゆっくりとマッサージを行ないます。それにより胃腸の蠕動機能を高め、便通を良くします。筋肉組織の新陳代謝が、ぐっと上がりますので、疲れを取り、痛みや違和感も改善していきます。筋肉の疲れを取るということばかりではなく、腹部などにも行なうことがあります。

揉捏法の種類

揉捏法の種類のひとつが手根揉捏(しゅこんじゅうねつ)です。これは手の根元にある手根部で円を描くように揉む手技です。腰痛マッサージでは、おしりにある中臀筋や大臀筋など、比較的大きな筋肉をマッサージするときに使ったりします。手全体で揉むより手根部で揉む方が圧もかかりやすいのです。他にも把握揉捏法(はあくじゅうねつほう)、拇指揉捏法(ぼしじゅうねつほう)、四指揉捏法(ししじゅうねつほう)、櫓漕揉捏法などがあります。

手掌揉捏法
一方または両方の手掌を使って筋を握りこみ、適度の力を加えながら実施します。背部、胸部、腹部、上腕、前腕、大腿、下腿などの比較的広い部分を対象とするときに用います。
把握揉捏法
四指と母指により筋肉を強く握って筋肉の走行にしたがって絞り揉む手技。まず、固くなってしまった部分を両手で包み込むように持ち、タオルや雑巾を優しく絞るように行ないます。絞るように揉みほぐすことで、滞った経路を流し、体が温まってきます。冷え性や肩こりなどにも効果があり、やり方によっては、皮下脂肪を減らすということにもつながります。 腹部や腰部などに用います。
四指揉捏法
一方または両方の母指以外の4指の指腹で揉捏します。頭部、顔面、背部、胸部、腹部に用いられます。前腕、上腕、下腿、頸部、肩背部などに用います。
母指揉捏法
按摩の代表とされる手技で、施術部に母指腹をあて加圧し、その加圧した状態で筋線維に対して垂直方向に揉捏する方法です。このとき、母指のみに力を加え、四指には力を入れないようにします。その他、輪状に行なう方法もあります。頭部、顔面、背部、腰部、手背、足背などに用います。
手根揉捏法
これは手の根元にある手根部で円を描くように揉む手技です。手根部または母指球をあてて輪状に揉む手技。肩甲骨棘下部など硬い部位に用います。
櫓漕(ろとう)揉捏法
両手掌を重ねて、あたかも「舟の櫓」を漕ぐような動きで、主に腹部に施術します。

このページのTOPへ

注目ワード