柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

手技療法の図解(振せん法)

太極拳の準備運動に「スワイショウ」というのがあります。「スワイショウ」とは、自分の手を「ポイと投げる」という意味を持ち、気になることや悩みごとを投げ捨てるように、全身の力を抜いて両手を振り子のようにふる体操だと言います。このように、手をふるという技には、緊張をほぐし、リラクゼーション効果を高める役割があるようです。ここでご紹介するのは、手のひらや指の端を使い、垂直に骨に向かって圧迫しながら、バイブレーターのように筋肉全体をふるわせる、「振せん法(しんせんほう)」という手技です。「振せん法(しんせんほう)」には、どのような特徴があるのでしょう。

そもそも「マッサージ」とは

そもそも「マッサージ」とは

振せん法について述べる前に、あらためて整体とマッサージの違いについて触れたいと思います。マッサージは、体の表面に近い筋肉をこすったり、もみほぐしたりして血行を良くするものです。整体は、血行を促すことにより、筋肉の硬直をゆるめ、骨の歪みや関節のずれを矯正することを目的としています。マッサージは、部分的こりを取り除くだけでなく、全身に行なうことにより、心地良いという感覚を与え、疲れを和らげ、全身の状態をより良いものにします。また、マッサージを行ない、凝りや痛みなどがやわらげられたり、除去されることにより、神経を介し、内臓の異常、病的症状も軽減されていきます。この基本をふまえて、振せん法の効果などを見ていきましょう。

振せん法の効果

振せん法は、施術部分を軽く押しながらふるわせて、その振動を体の組織に与えます。この軽く押しながらふるわすのがポイント。逆に強く押しながらふるわすと圧迫法になってしまい、振せん法の効果はなくなってしまいます。牽引を加えながら振動を与える「牽引振せん法」、指の先端をふるわせながら患部を刺激する「指端振せん法」、片手または両手の手のひらを使う「手掌振せん法」があります。

振せん法の基本動作と種類

振せん法は、断続的でリズミカルな刺激を与えることにより、神経や筋の興奮性を高めます。主な基本の動作としては2種類あります。

  • 手のひらや指先を、マッサージする部分にぴったりと当てて軽く圧しながら細かくリズミカルな振動を与える手技です。神経や筋肉の機能を高め、神経や筋力の麻痺やしびれに大きな効果があります。
  • 手先や足先を持って、ぶらぶらゆする方法。バイブレーション効果で神経をやわらげ、緊張をほぐします。リラクゼーション効果や血管を拡張し、静脈の血流を良くします。手足のひえ、むくみや緊張性の肩こり、首のこり、頭痛、胃痛などを改善します。
牽引振せん法

マッサージを受ける方の上肢、下肢を引っ張って細かい振動を与えます。伸ばしながら振動を与えることで普段流れの悪くなっている経路を正常に流れるよう改善します。

※上肢、下肢などに施術します。

指端振せん法

片手、または両手の母指、示指、中指、薬指などの指先で軽く押しながら振るわせる手技。

※頸部、腹部などに施術します。

手掌振せん法

片手、または両手の手掌を施術部位にあて、軽い圧を加えながら振るわせ、その振動を深部に与えます。

※胸部、腹部、背部などに施術します。

このページのTOPへ

注目ワード