柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

施術方法について

柔道整復術における施術は、投薬、麻酔、注射、手術、レントゲンなどを使用せず、物理療法の他は、すべて柔道整復師の手によって施されます。柔道整復術の方法は「整復法」「固定法」「後療法」の3つに分類されます。さらに後療法は、手技療法、運動療法、物理療法から構成されます。手技療法には、軽擦法(けいさつほう)、強擦法(きょうさつほう)、揉捏法(じゅうねつほう)、圧迫法(あっぱくほう)、叩打法(こうだほう)、振戦法(しんせんほう)、伸長法(しんちょうほう)などがあります。柔道整復術における施術方法についてご紹介しましょう。

3つに分類される柔道整復術の方法

3つに分類される柔道整復術の方法

柔道整復術は、骨折・打撲・捻挫・脱臼・挫傷(肉ばなれ)に対して施術を行ないます。柔道整復術の方法は、「整復法」「固定法」「後療法」の3つに分類されます。「整復法」は、脱臼し、ずれたり、外れたりした骨を、手で揉んだり伸ばしたりしてもとの状態に戻す方法です。患部のみでなく、周囲の状態を把握し施術します。正しい施術を選択するためだけでなく、治療効果を客観的に評価するためにも、状態を正確に把握・評価し時間の経過とともに記録することが大切です。「固定法」は、脱臼や骨折した患部をギブスなどで固定して回復を図る方法です。固定の仕方や使う材料は、施術を受けられる方に合わせて吟味します。「後療法」は、患部の回復を早めるために、様々な刺激を加えながら施術する方法です。

物理療法、手技療法、運動療法について

「後療法」には、電気や光、熱や水などの物理的エネルギーを利用して刺激を与えることで正常な身体機能を取り戻していく物理療法、手のひらを使って施術を受けられる方の体に刺激を加えることで自然治癒力を引き出す手技療法、運動によって機能回復を図る運動療法の3種類があります。運動療法は、さらに他動運動と自動運動に大別されます。自動運動は筋力回復を図り、アライメント(身体の軸)の補正をするため、変形性膝関節症などに有効です。また、骨折における浮腫を取り除くためには自動運動が有用です。運動療法により、疼痛、呼吸困難、胸痛、めまいなどの症状が見られたら、すみやかに中止しなければなりません。

手技療法や運動療法と組み合わせる物理療法

物理療法は、温熱療法、電気療法、寒冷療法、光線療法、介達牽引療法(皮膚牽引法)などの物理的エネルギーを治療に応用する方法であり、手技療法や運動療法と組み合わせて行なうことが有効です。そして、施術後の「指導管理」つまり生活指導を行なうことが非常に重要です。痛みがいったん取れても、指導(注意)しないと無理をして以前より悪化することが多いのです。例えば、腰痛の方には、太らない、重いものを持たない、中腰にならない、椎間板にかかる力は腰掛けているより立っている方が弱い、椅子は高いより低いほうが良い、寝るときは痛む方を上にした側臥位で、膝を曲げ神経を緩めるようにするなどです。

このページのTOPへ

注目ワード