柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

柔道整復師の職場

柔道整復師の免許を取得したあとは、どのような職場で働くことができるのでしょうか。一般的には、接骨院(整骨院)を独立開業できることが知られています。もちろん、開業を目的にする方が多いのですが、それだけが柔道整復師の道ではありません。接骨院(整骨院)に就職し、治療家として施術を受けられる方に携わることも選択肢のひとつなのです。施術を受けられる方は一人ひとりで症状が違い、痛みや痺れといった症状の訴え方にも個人差があるため、施術を受けられる方とコミュニケーションを取りつつ、原因を正確に見極め適切に治療する実力が身に付いていきます。そのようなやりとりの中で、人間関係を学び、人脈を培うこともできます。その他には、どのような職場でその技術を活かすことができるでしょうか。

基本となるのは身体の痛みや不快感のケアと改善

基本となるのは身体の痛みや不快感のケアと改善

柔道整復師は、身体の機能が衰えてきた人や、障害を持っている人の機能を回復することが仕事の中心となります。特に、高齢化社会が進むにつれ高齢者特有の病気が増えている中、身体の痛みや、どこか分からないけれど不快感を取り除きたいといった症状のケアと改善に、東西融合の医学や代替医療なども注目されており、柔術を基礎に発展してきた柔道整復師の技術へのニーズが高まりつつあるのです。また、外傷などの回復に欠かせない機能回復訓練でも柔道整復師の技術と能力が求められています。骨折、脱臼、捻挫打撲などの外傷の処置は医師の指示のもとで柔道整復師が行なっています。

医療、介護、スポーツの現場でも期待

例えば、柔道整復師が必要とされているのは次のような職場です。整形外科、脳外科、リハビリテーションセンターでは、障害者や高齢者を対象に機能訓練を施すのを始め、ケアマネージャーの資格を取り、介護支援専門員と介護支援サービスを担うこともできます。柔道整復師養成施設で、柔道整復師を育成にあたる指導員や野球、サッカーなどのプロスポーツ選手の健康をサポートするスポーツトレーナー、スポーツジム、フィットネスクラブでトレーニング指導を行なうなども良いですね。また、マッサージ店などに勤務しマッサージを施すこともできます。

可能性が広がる、幅広い職場での活躍

このように柔道整復師は、医療機関、介護保険関連施設、スポーツ関連施設、健康関連施設、プロスポーツチーム、教育機関など、幅広い職場で活躍することができると言えましょう。スポーツの現場ですぐ必要になる代表的な救急治療は、骨折や脱臼、捻挫、打撲といったものです。医師以外で骨折や脱臼、捻挫、打撲などの治療行為ができるのは柔道整復師だけですから、怪我をした選手の機能回復訓練を行なうスポーツトレーナーとしての仕事には可能性が広がります。スポーツトレーナーとしての役割には、トレーニング指導や健康管理、スポーツ外傷、障害の予防も含まれますから、接骨院(整骨院)などで技術を高めながら、トレーニングの指導法や栄養学といった幅広い知識を身に付けることが求められています。

このページのTOPへ

注目ワード