柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

独立開業

柔道整復師の資格を取得すると、独立開業することができます。医療従事者資格には、医師、歯科医師、看護師、柔道整復師、鍼・灸師、あんまマッサージ指圧師、整体師、カイロプラクテッィク師、作業療法士、理学療法士があります。このうち独立開業できるのは、医師の他には、鍼・灸師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師だけです。看護師や作業療法士、理学療法士は、病院内を中心に自分の知識や技術を活かすことができますが、柔道整復師は、自分で施術法を選択し、自分の手で施術することができます。独立開業の利点をみてみましょう。

国家資格取得の条件

国家資格取得の条件

柔道整復師だけが接骨院や整骨院の看板を掲げることができるため、柔道整復師は国家資格を取得後、多くは独立開業しています。また、現在、柔道整復師になる勉強をしている人の中にも、将来独立開業することを目指している人も少なくありません。国家資格取得の条件としては、「大学受験資格のある者が3年以上、国が指定した学校・大学で専門知識と技術を習得し国家試験をパスする」こととあります。また、国が指定した学校(専門学校)で学べるのは、高校卒業者、高等専門学校卒業者、高校卒業程度認定試験の合格者、専修学校高等課程(高等専修学校)の3年以上の学科の卒業者、大学生(大学院生)、大学(大学院)卒業者、大学(大学院)中退者、短大生励み大卒業生、短大中退者、社会人(以上の条件に合う人)です。

開業というメリット

「独立開業」と言うと、1軒の接骨院(整骨院)を開業することだけをイメージしがちでが、接骨院(整骨院)に就職し、治療家として患者の施術に携わることにより、技術の研鑽に励み、さらに独立開業を見据えて経営感覚を身に付ける道もあります。経営センスいかんでは、接骨院(整骨院)グループを経営することも可能なのです。一度取得した資格は一生使えますし、接骨院(整骨院)院を開業すれば、定年はありません。

自分が働けるまで、働きたいと思う限り続けることができるのもメリットのひとつ。また、独立開業するだけが柔道整復師の進む道ではなく、病院への就職も可能です。というのも、患者のために丁寧な医療サービスを提供したいと考えている病院では、柔道整復師を採用し、きめ細やかなサービス提供により他の医院との差別化を図ろうとしているからです。医師と診断や治療方針を話しあい、医師の指示を受け患者に状態を説明するのをはじめ、骨折や脱臼、捻挫などの外傷の処置を医師の指示の下、柔道整復師が行なっています

地域に密着した活動でも期待される整復師

最近では、スポーツ分野でのトレーナーや介護、福祉分野での機能訓練指導員として活躍する道も拓けてきています。地域に密着した各種スポーツ大会、催し物やイベントにおける救護活動、防災訓練活動や被災地でのボランティア活動等、柔道整復師として身に付けた知識と技術を活かす場は様々。地域住民の健康維持管理、及び増進のための啓蒙活動などにスペシャリストが必要とされており、柔道整復師は今後ますます必要とされて資格として注目されています。

このページのTOPへ

注目ワード