柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

自然治癒力を引き出す

「自然治癒力」とは、人や動物が生まれながらに持っている回復力のことです。柔道整復は、人間が本来持っている自然治癒力へ働きかけ、麻酔や投薬、レントゲンや手術などを使わず、施術を受けられる方と協力しながら身体の機能回復の手助けや怪我の手当て、施術などを行ないます。薬害が心配されることもなく、肉体的にも精神的にも施術を受けられる方に負担をかけない分、施術者の深い知識と確かな技術、そして施術を受けられる方とのコミュニケ−ションが何よりも大切にされる仕事です。具体的に見ていきましょう。

世界でも類を見ない手技による整復

世界でも類を見ない手技による整復

例えば、皮膚の組織は2週間でターンオーバー(蘇生)をし、古い皮膚は新しい皮膚に生まれ変わっていきます。傷付いた皮膚が治るのと同様に、人は本来備わっている力により、筋肉、骨、血液などの循環系、神経系、リンパなどの分泌系組織を再生したり、働きを調整しながら、もとの状態へ戻そうという仕組みがあります。柔道整復師の仕事は、このように、人間にもともと備わっている自然治癒力を最大限に引き出しながら、手術・注射・投薬などの外科的手段に頼ることなく、「無血療法(徒手整復)」という独特の「手技」によって、体の機能回復の手助けや怪我の手当て、施術などを行ないます。つまり、手技によって、バランスの悪い状態からもとの正常な状態に戻るように整復するのです。こうした治療術は、世界でも類を見ないのです。

自然治癒を引き出すためにできること

施術においては、筋肉や筋の緊張をゆるめ、様々な刺激を与えて組織を活性化するなど、施術を受けられる方の症状に合わせて治療方針を立て、治療過程での状態を観察しながら治癒へ向かわせます。また、そればかりでなく、施術を受けられる方の不安を取り除き、治療へのモチベーションを高めながら生活習慣を指導し、症状の改善を助けたりすることも、自然治癒を引き出すための大切な治療のひとつとか。こうした施術は、人体の構造と機能を熟知し、その機能を活かすことのできる方法を学んだ柔道整復師だからこそなせる業と言えましょう。国連の機関であるWHO(国際保健機関)の『伝統医療と相補・代替医療に関する報告』おいて「ジュードー・セラピー(柔道施術)」として紹介されているのもうなずけます。

大切なのは患者とのコミュニケーション

施術の際、まず患部の状態を把握することを『評価』と言います。『評価』とは、いくつかの方法があり、施術を受けられる方に症状を聞く「カウンセリング」、患部を観察する「視診」、患部に触れて判断する「触診」、骨に振動を与え、その結果で損傷の有無や程度を調べる「打診」、ノギスや巻尺などを用いて、損傷の程度を判断する「計測」など、自分の目や手、そして施術を受けられる方とのコミュニケーションの中で状態を把握。損傷具合や施術を受けられる方の状態、自然治癒力にあわせて治療方針を選定します。薬などに頼らない分、柔道整復師の深い知識と確かな技術、そして施術を受けられる方との信頼関係が何よりも大切にされる仕事です。

このページのTOPへ

注目ワード