柔道チャンネル

ご希望の柔道整復専門学校情報を無料で検索できます。

柔道整復

柔道整復術について

柔道整復術の源流は、武道の柔術と言われています。柔術には、相手を倒す「殺法(さっぽう)」と相手から受けた痛みを治す「活法(かっぽう)」があります。例えば、関節をはずす技(殺法)は裏を返せば関節をもとに戻す技(活法)になります。「達人」と言われる人の多くは、相手を倒すだけでなく、絞め技や投げ技などで、ダメージを受けた人を目覚めさせ、立ち直らせるのに「活を入れる」といった活法を身に付けていました。その「活法」が現在の柔道整復術へ発展したと言われているのです。患部に手を当て、視診、触診で状態を把握し、自然治癒力を高めながら、改善へ向かわせる、柔道整復術の発展をたどってみましょう。

柔道整復術のルーツは、ほねつぎ術

柔道整復術のルーツは、ほねつぎ術

現在では、骨折すると、まずは整形外科に行きます。しかし、昔から骨折などは整形外科で扱っていたのかというとそうではありません。整形外科学は、意外にも新しい医学であり、日本に入ってきたのは明治時代です。もちろん、それまでの時代にも、骨折や脱臼などはありました。日本ではその治療は「骨つぎ」と呼ばれていたようです。実はこの骨つぎ術は、柔道整復術のルーツであり、整形外科のルーツでもあります。整形外科と柔道整復術は双子のような関係だと言われる由縁です。

柔術の隆盛と規制の道のり

骨つぎ術の歴史をたどると、「古事記」の時代にまでさかのぼります。そこから時代が進み、戦国時代に入ると、戦場における負傷者の傷の手当が必要になりました。必然的に人体についての解剖や生理、整骨術の知識を修得することとなり、それが日本独自の「柔術」となって受け継がれていくことになったのです。江戸中期から後期になると日本の接骨(整骨)術は隆盛を極めます。柔術の「殺法」と「活法」の研究も、ちょうどこの頃盛んに取り組まれていたようです。ところが欧米文化を取り入れた明治時代になると柔術をはじめとする武術は衰えを見せていきます。国家的な医療制度改革が推し進められる中、柔術などに培われてきた伝統医術に国の規制が加わったからです。

術から学問へ。柔道整復術の発展

こうした時代背景を受け、大正初期から接骨術の公認運動の機運が高まり、1920年(大正9年)に「按摩術営業取締規制」の改正という形で「柔道整復術」として正式に認められることになりました。そして同年10月、第一回柔道整復師試験が警視庁で行なわれています。このときの合格者たちの中から「大日本柔道整復術同士会」が結成され、1922年(大正11年)には、柔道整復術の発展と会員の交流を図ることを目的に「大日本柔道整復師会」が正式に発足。明治、大正時代という苦難な道のりを越え、1932年(昭和7年)には柔道整復師の養成を目的とした初の学校が設立されました。柔道整復術は「術」というように技術として発展してきたため、学問的な体系がありませんでしたが、現在では、柔道整復学としての体系が整えられ発展しています。

このページのTOPへ

注目ワード