柔道整復師豆知識:「脱臼」について/柔道チャンネル

2018年10月25日(木)

皆さまこんにちは絵文字:笑顔
10月も終わりに近づき、朝晩は冷え込むようになりましたね絵文字:台風

さて、今回は柔道整復術における「脱臼」の施術方法について少しお話しします。
柔道整復術では脱臼に対して「整復法」、「固定法」、「後療法」を行ないます絵文字:!

画像

「整復法」はメスを使わないため、手術跡が残らないというメリットがあり絵文字:ひらめきレントゲンを使わず、視診・触診・問診で患部の場所や状態を確認します。その後、けん引しながら筋肉の緊張を緩めていき、もとの状態に戻していきます。このとき患者様に障害が残らないように十分に注意する必要があります絵文字:!

「固定法」は患部を一定期間動かないように固定し、再発や変形などを防ぐために行なうものです。手術をしてプレートなどで直接固定する内固定に対し、柔道整復で行なう外固定は皮膚にメスを入れることなく、皮膚の外側から固定材料を使って固定します。固定したまま一定期間過ごす患者のことを考え、日常生活にできる限り支障のないような固定材料を選ぶことが大切です絵文字:ひらめき

「後療法」患部の回復を早めるために様々な刺激を加えながら施術する方法です。電気や光などのエネルギーを利用する物理療法、手のひらを使って自然治癒力を引き出す手技療法、運動療法の3種類があります絵文字:笑顔

画像

「脱臼」は柔道選手が肩関節で起こしやすい症状です絵文字:あせあせ柔道整復師として活躍できるよう、ぜひ参考にしてみて下さい絵文字:指でOK絵文字:ピカピカ
  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルの柔道整復師ブログでは、柔整専門学校情報のご紹介やお役立ち情報を発信しています。

柔道整復師ブログは、柔整専門学校の学校運営スタッフと、柔道整復師ブログスタッフによって更新中。学校運営スタッフによるブログでは、学校のイベント情報や日々の出来事などが綴られています。入試情報もありますので、進学を検討されている方やそのご家族には、学校の雰囲気をよく理解するための参考になります。

また、柔道整復師ブログスタッフによるブログでは、学校運営スタッフとは異なる視点から各学校を紹介したり、進学を希望する方の気になる情報を配信したり、お役立ち話題を発信中です。ぜひ柔道整復師ブログをご愛読下さい!

注目ワード