健康保険を取り扱うために「実務経験」と「研修」が必要に!/柔道チャンネル

2018年5月24日(木)

皆さん、こんにちは絵文字:笑顔

5月に入って気温が暖かくなり、会社や学校で日々睡魔と闘っている方がいると思いますが、今日も気を引き締めて頑張っていきましょう絵文字:上向き矢印

画像

さて今回は、整骨院の開業を目指されている方にとってかなり重要な情報をお伝えしたいと思います。

ご存知の方はいらっしゃるかと思いますが、厚生労働省より平成30年4月以降に健康保険を取り扱える「施術管理者」になるには、実務経験研修が必要になりました。

つまり、今までのように柔道整復師免許があれば整骨院を開業し健康保険を取り扱えるとういことができず、定められた実務経験と研修を終えてから、地方厚生(支)局長都道府県知事「施術管理者」の届出を申出をしなければなりません。

少し厳しくなったように感じますね絵文字:あせあせ
実務経験と研修については以下のようになります。

◆実務経験の期間について
平成30年4月から平成34年3月までに届出する場合 → 1年間の実務経験
平成34年4月から平成36年3月までに届出する場合 → 2年間の実務経験
平成36年4月以降に届出する場合 → 3年間の実務経験

◆研修の受講について
・研修の時間:16時間以上(2日間程度)
・研修の内容:
 @職業論理について 
 A適切な保険請求
 B適切な施術所管理
 C安全な臨床

こちらはあくまでも、施術管理者として健康保険を取り扱う際の条件ですので、これらの条件を満たさなくても接骨院・整骨院そのものは開業することができます。
ただ、健康保険は取り扱うことができないというわけですね。

画像

今年は柔道整復師国家試験も難しくなり、合格率がぐんと減りましたが、もしかしたらその件も含めて「業界全体の質を高めよう」という動きが出ているのかもしれません。

整骨院を開業するにあたって規定が少し厳しくなったように感じますが、開業を目指されている方は、体の不調で悩まされている患者さんのためにも、ぜひ諦めずに頑張って下さいね絵文字:!!

  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルの柔道整復師ブログでは、柔整専門学校情報のご紹介やお役立ち情報を発信しています。

柔道整復師ブログは、柔整専門学校の学校運営スタッフと、柔道整復師ブログスタッフによって更新中。学校運営スタッフによるブログでは、学校のイベント情報や日々の出来事などが綴られています。入試情報もありますので、進学を検討されている方やそのご家族には、学校の雰囲気をよく理解するための参考になります。

また、柔道整復師ブログスタッフによるブログでは、学校運営スタッフとは異なる視点から各学校を紹介したり、進学を希望する方の気になる情報を配信したり、お役立ち話題を発信中です。ぜひ柔道整復師ブログをご愛読下さい!

注目ワード