柔道整復師国家試験のウォーミングアップ!/柔道チャンネル

2018年2月15日(木)

画像

皆さん、こんにちは絵文字:笑顔

3月4日(の柔道整復師国家試験まで、残すところ約2週間となりました。

そんな昨今、各地では冬将軍が居座っています絵文字:!厳しい寒さはまだ続きそうですね絵文字:げっそり

試験当日に体調が優れず実力を出し切れないまま終わってしまったり、試験を受けられなくなったりしては、これまでの積み重ねが水の泡となってしまいます。皆さん体調にはくれぐれも気を付けましょう絵文字:冷や汗


さて、それでは今回も昨年と同様に、試験前のウォーミングアップとして柔道整復師国家試験の過去問題を5問程出題します絵文字:!!絵文字:ウインク


「過去問題なんてもう何度も解いたし・・・」という方も多いとは思いますが、初期に学習したことは忘れてしまっていることもあると思います。

また将来、柔道整復師を目指したいと考えている方も「柔道整復師の資格を得るためにはどういった勉強をするのか」が過去問題から読み取れると思いますので、ぜひチャレンジしてみましょう絵文字:!!絵文字:笑顔

※答えは記事の文末です。



絵文字:鉛筆問題1:柔道整復師免許について正しいのはどれか。
 1.他の人に貸与できる。
 2.譲渡ができる。
 3.日本国籍がなくても与えられる。
 4.相続ができる。

絵文字:鉛筆問題2:骨粗鬆症の危険因子でないのはどれか。
 1.肥満
 2.糖尿病
 3.胃切除
 4.関節リウマチ

絵文字:鉛筆問題3:骨折の治癒過程の順序で正しいのはどれか。
 1.血腫→肉芽組織→類骨→仮骨→骨折治癒
 2.血腫→類骨→肉芽組織→仮骨→骨折治癒
 3.血腫→類骨→仮骨→肉芽組織→骨折治癒
 4.血腫→肉芽組織→仮骨→類骨→骨折治癒

絵文字:鉛筆問題4:肺胞の直径はどれか。
 1.約10mm
 2.約5mm
 3.約0.2mm
 4.約0.01mm

絵文字:鉛筆問題5:74歳の女性。身長147cm、体重74kg。10年前から続く両膝の痛みを主訴に来所した。痛みは体重をかけると増悪する。両膝とも内反膝を呈し、可動域は伸展−20°、屈曲100°。脛骨近位内側に圧痛がある。発赤、腫脹、及び熱感はない。この患者に対する指導で誤っているのはどれか。
 1.足底挿板の装着
 2.しゃがみ込み動作訓練
 3.大腿四頭筋の強化訓練
 4.減量



画像

さて、何問答えられたでしょうか?
もしも分からなかったとしても焦らずに、試験当日までじっくりと学習を重ねていきましょう絵文字:指でOK

今回は過去問題を掲載しましたが、こうしてざっと問題を見るだけでも、幅広い知識が問われるということが分かりますね絵文字:目

それと同時に、接骨院などの現場で働くスタッフの多くが、この難しい柔道整復師国家試験に合格した上で私達を診てくれていると思うと、安心感が湧いてくる気がします絵文字:ほっとした顔絵文字:ピカピカ

そんな柔道整復師の仲間入りができるように、試験当日までの約2週間、頑張って下さいね絵文字:!!絵文字:笑顔絵文字:鉛筆



■■■問題の答え■■■
【問題1】 正解:3. 日本国籍がなくても与えられる。
【問題2】 正解:1. 肥満
【問題3】 正解:1. 血腫→肉芽組織→類骨→仮骨→骨折治癒
【問題4】 正解:3. 約0.2mm
【問題5】 正解:2. しゃがみ込み動作訓練


  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルの柔道整復師ブログでは、柔整専門学校情報のご紹介やお役立ち情報を発信しています。

柔道整復師ブログは、柔整専門学校の学校運営スタッフと、柔道整復師ブログスタッフによって更新中。学校運営スタッフによるブログでは、学校のイベント情報や日々の出来事などが綴られています。入試情報もありますので、進学を検討されている方やそのご家族には、学校の雰囲気をよく理解するための参考になります。

また、柔道整復師ブログスタッフによるブログでは、学校運営スタッフとは異なる視点から各学校を紹介したり、進学を希望する方の気になる情報を配信したり、お役立ち話題を発信中です。ぜひ柔道整復師ブログをご愛読下さい!

注目ワード