第26回柔道整復師国家試験受付締め切りと、多岐にわたる進路/柔道チャンネル

2018年1月18日(木)

皆さま、こんにちは絵文字:笑顔
早いもので、年が明けてから2週間が経ちましたね。

画像

2018年1月5日(金)から開始されていた「第26回柔道整復師国家試験」の受付期間は、昨日1月17日(水)が締め切りでしたね。受験される皆さまは、もちろん申込み完了ですよね絵文字:!絵文字:鉛筆

試験当日の3月4日(日)までのラストスパート、体調に気を付けつつ頑張って下さいね絵文字:パンチ絵文字:ドン


さて今回は、柔道整復師国家試験に合格したあとのお話。「柔道整復師の主な就職先」についてご紹介します絵文字:ウインク

柔道整復師の資格を持っていると役立つ職業として、比較的多い就職先をご紹介絵文字:!「これから柔道整復師専門学校への進学を考えている」という方も、ぜひ参考にして下さいね絵文字:笑顔


@接骨院・整骨院
柔道整復師専門学校を卒業した方で一番多い就職先が、やはり接骨院や整骨院。骨折・打撲・捻挫・脱臼・挫傷(肉ばなれ)などに対して施術を行ないます。
実務で腕を磨き数年程経験を積んだあと、独立をする人もいるようです。

A整形外科
接骨院・整骨院の次にメジャーな就職先です。
整形外科、脳外科、リハビリテーションセンターで、障害者や高齢者を対象に機能訓練を施します。
医師との連携・協力をする場合が多く、幅広い知識が必要となります。

Bスポーツ施設
最近増えつつある進路のひとつです。
スポーツトレーナーとして、野球、サッカーなどスポーツ選手の健康をサポートし、スポーツ後の疲労ケアや、試合中のケガの応急処置などをします。
接骨院や整骨院を開院しながらスポーツトレーナーをしている人や、パーソナルトレーナーになりスポーツ選手の専属トレーナーになる人もいます。

C介護施設・福祉施設など

こちらも最近増えつつある進路のひとつで、柔道整復師の活躍の場として注目されつつある就職先です。
高齢者を対象にリハビリや機能訓練指導などを中心に、「ケアマネジャー」として介護支援サービスを行ないます。


画像

このように、幅広い知識を身に付けた柔道整復師は、医療機関、介護保険関連施設、スポーツ関連施設など、様々な職場で活躍できるのです絵文字:ピカピカ

「柔道整復師専門学校を出たのであれば、接骨院や整骨院に就職しなくては」と思わず、じっくりと検討して、自分に合った就職先を選んで下さいね絵文字:指でOK絵文字:ドン

  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルの柔道整復師ブログでは、柔整専門学校情報のご紹介やお役立ち情報を発信しています。

柔道整復師ブログは、柔整専門学校の学校運営スタッフと、柔道整復師ブログスタッフによって更新中。学校運営スタッフによるブログでは、学校のイベント情報や日々の出来事などが綴られています。入試情報もありますので、進学を検討されている方やそのご家族には、学校の雰囲気をよく理解するための参考になります。

また、柔道整復師ブログスタッフによるブログでは、学校運営スタッフとは異なる視点から各学校を紹介したり、進学を希望する方の気になる情報を配信したり、お役立ち話題を発信中です。ぜひ柔道整復師ブログをご愛読下さい!

注目ワード