柔道整復師国家資格の合格分析!/柔道チャンネル

2015年6月24日(水)

柔道整復専門学校


画像



皆様、こんにちは絵文字:笑顔

今年も各地域で、梅雨入りをしました。
どんよりと曇りがちな空や、しとしとと降る雨絵文字:雨は、まさに梅雨といった天気ですね。
暑い日も困りますが、私のようにカラッとした晴天絵文字:晴れが少し恋しくなっている方もいるのではないでしょうか絵文字:落胆

天気が悪い日が続くと腰痛が再発し絵文字:ドン、接骨院(整骨院)のお世話になる私のような方も多いかなと思います絵文字:冷や汗
接骨院(整骨院)では保険適用が可能ですが、保険外での施術ももちろん可能です!
骨盤矯正や、美容鍼灸、慢性の痛みも、保険外ですが施術してもらえるので、ぜひ最寄りの接骨院(整骨院)に相談してみて下さい絵文字:ひらめき


画像


さて、今年の1月に開催された柔道整復師国家資格試験の合格発表が、3月末にありました。
来年受験を予定している方には、その合格率や傾向などが気になるところだと思います。

今年は平年並みの6,858名が受験し、4,503名が合格
合格率は65.7%だったそうです。

実は、これは過去最低の合格率とのこと絵文字:冷や汗2

合格率の低さの要因は、問題が難しくなっているなどの理由があるようです。

また問題が難しくなってきているという点の他に既卒者と新卒者の合格率の違いも注目を集めています絵文字:危険・警告

なんと、驚くことに絵文字:!絵文字:目

新卒者の合格率は80%以上あったにもかかわらず、既卒者は15%に満たない合格率なのです。
(出展:https://www.jusei-news.com/gyoukai/feature/2015/04/00000001.html
その背景には、勉強に費やせる時間の差と、学校からのサポートの有無があるようです絵文字:泣き顔

既卒者の多くの人はどうしてもアルバイトをしながら在宅での勉強となってしまうため、集中して勉強に充てられる時間が少ないなどの問題点があると言われています。
また在学生は傾向と対策を分析し指導してくれる学校のサポートを受けられますが、既卒者は自分自身で傾向分析や対策を考えねばならないといった点から、どうしても合格率は低くなるようです。

やはり在学中に国家資格を取れるのが理想的のようです絵文字:冷や汗2
また在学中に資格取得は難しいかもと思っている方は、卒業後も国家試験に向けサポートしてくれる専門学校もありますので、そういった学校を選ぶことがおすすめです。
在学中、もしくは既卒者の方も学校によっては、卒業後もお金を払えばサポートを継続してくれる学校もあるようですので、ぜひ学校に相談してみて下さい絵文字:ウインク絵文字:ピカピカ

学校の検索はこちら!
http://www.judo-ch.jp/seifukusisrch/

  • 前へ
  • 柔道整復師ブログ トップページに戻る
  • 次へ

柔道チャンネルの柔道整復師ブログでは、柔整専門学校情報のご紹介やお役立ち情報を発信しています。

柔道整復師ブログは、柔整専門学校の学校運営スタッフと、柔道整復師ブログスタッフによって更新中。学校運営スタッフによるブログでは、学校のイベント情報や日々の出来事などが綴られています。入試情報もありますので、進学を検討されている方やそのご家族には、学校の雰囲気をよく理解するための参考になります。

また、柔道整復師ブログスタッフによるブログでは、学校運営スタッフとは異なる視点から各学校を紹介したり、進学を希望する方の気になる情報を配信したり、お役立ち話題を発信中です。ぜひ柔道整復師ブログをご愛読下さい!

注目ワード