柔道整復術を知る

施術方法について

施術方法について

柔道整復術における施術方法について、ご紹介しましょう。
柔道整復術は、骨折・打撲・捻挫・脱臼・挫傷(肉ばなれ)に対して施術を行ないます。
柔道整復術の方法は、「整復法」「固定法」「後療法」の3つに分類されます。

「整復法」は、脱臼し、ずれたり、外れたりした骨を、手で揉んだり伸ばしたりして元の状態に戻す方法です。患部のみでなく、周囲の状態を把握し、施術します。
「固定法」は、脱臼や骨折した患部をギブスなどで固定して回復を図る方法です。固定の仕方や使う材料は、患者に合わせて吟味します。
「後療法」は、患部の回復を早めるために様々な刺激を加えながら治療する方法です。
「後療法」には、

  • 電気や光、熱や水などの物理的エネルギーを利用して刺激を与えることで正常な身体機能を取り戻していく物理療法
  • 手のひらを使って患者の体に刺激を加えることで自然治癒力を引き出す手技療法
  • 運動によって機能回復を図る運動療法

の3種類があります。

柔道整復術における施術は、投薬、麻酔、注射、手術、レントゲンなどを使用せず、物理療法の他は、すべて柔道整復師の手によって施されます。

治療行為の制限

治療行為の制限

柔道整復師は、医療国家資格を持っていますが、患者の症状や治療行為において法律で制限されています。
柔道整復師が施術できる症状には、骨折・打撲・捻挫・脱臼・挫傷(肉ばなれ)であり、いずれも急性・亜急性のものと限られています。その他の場合は、医師の同意を得ることが必要です。(「柔道整復師法」第4章17項(施術の制限)より)

また、柔道整復師に認められていない治療行為として、注射を打つ・レントゲンを使って検査する・薬を投与することが挙げられています。この場合、指示をすることも禁止されています。(「柔道整復師法」第4章16項(外科手術、薬品投与等の禁止)より)

柔道整復師の治療は、手術、レントゲン、投薬などをせず、直接患部を視診、触診し、患者とコミュニケーションを取りながらの問診で、患部の症状を診ることが大きな特徴です。
柔道整復師は、自分で治療法を選択することができますが、柔道整復師の治療範囲を超える症状の場合は、自分の判断だけに頼らず、他の医療機関を紹介することが必要です。これも柔道整復師の大切な仕事です。

脱臼の整復

脱臼の整復

柔道整復における脱臼の整復についてご紹介しましょう。
柔道整復による治療は、メスを使わないため、手術痕が残らないというメリットがあります。
肩、ひじ、股、各部位の関節と、広い場所で起こる脱臼には、外傷性脱臼と病的脱臼との2種類があります。外傷性脱臼とは、外部から加わった力によって、関節部分がずれたり外れたりする脱臼のことです。また、病的脱臼とは、関節の組織自体に異常があり、わずかな力でもずれたり外れたりする脱臼のことです。
柔道整復では、これらのうち、外傷性脱臼の方を扱います。

脱臼整復の第一歩は、まず、患者の状態をじっくりと診ることです。
柔道整復では、レントゲンを使わず、視診で状態を診ること、触診で実際に触ること、問診で患者から痛みの様子や傷む場所やいつどのようにして傷むようになったかなどを聞くことによって、患部の場所や状態を捜します。
次に、けん引しながら筋肉の緊張を緩めていき、元の状態に戻していきます。このときに大切なのは、患部の骨や筋肉の状態を確認することです。けん引とは引っ張ることですが、ただ引っ張れば良いというわけではなく、脱臼した部分のじん帯や筋の状態、神経や血管の向きや流れを考え、患者に障害が残らないよう十分に注意します。これには、柔道整復師としての経験や人体への専門的な知識が必要となります。

脱臼、骨折の固定

脱臼、骨折の固定

柔道整復術における固定法についてご紹介しましょう。
固定法は、脱臼や骨折の整復に用いられる方法で、患部を一定期間動かないように固定し、再発や変形などを防ぐために行ないます。
固定法には、内固定と外固定とがあり、柔道整復では外固定を用います。
手術をしてプレートや鋼線などで骨や関節を直接固定する内固定に対し、柔道整復で行なう外固定は、皮膚にメスを入れることなく、皮膚の外側から固定材料を使って固定します。
外固定に使用する材料には、硬性の物と軟性の物があります。
硬性の材料には、金属、副木(そえぎ)、合成樹脂、厚紙、ギブスなどがあり、軟性の材料には、包帯、三角巾、絆創膏、ガーゼ、綿花、サポーターなどがあります。

固定したまま一定期間過ごす患者のことを考え、患部の安静が保たれ、日常生活にできる限り支障のないような固定材料を選ぶことも柔道整復師の仕事のひとつです。

手技療法の概略

手技療法の概略

手技療法は、器械や道具、鍼、灸などを一切使わずに素手だけで治癒をする方法で、柔道整復術の原点とも言われています。
手技療法は、患者の体に柔道整復師の手を当てて様々な刺激を与え、人が元々持っている自然治癒力を高めながら、機能を回復させる方法です。

柔道整復の手技療法では、手で揉んだり、押したりなどの刺激を患者へ与えることによって、様々な生体機能の活性化を図り、傷めた組織の回復を早めたり、正常な運動器の働きを取り戻したりします。
しかし、手技療法では、ただ手で揉んだり押したりして刺激を与えれば良いと言うわけではありません。
例えば、鈍っている働きや機能を回復するには、比較的弱い刺激を与えます。また、痛みの強いときには、強めの刺激を与えます。効果的な刺激は、患部の状態によって異なり、反対の刺激を与えると、逆効果となってしまいます。
手技療法での重要なポイントは、患部の状態によって、柔道整復師が刺激の種類や強弱などについて熟知してるかどうかということです。

手技療法図解

手技療法図解

手技療法には擦る・揉む・叩く・震わす・押すといった刺激を与える方法があります。ここで6種類の手技療法をご紹介しましょう。

① 強擦法(きょうさつほう)
強擦法は、別名「按撫法(あんぶほう)」とも言います。 軽擦法では擦りますが、強擦法では手のひらを患部に深く押し付けるようにします。手のひらは、一旦押し付け、円を描くようにしながら移動させ、また押し付けるといった動作を繰り返しますが、硬くなった筋肉や筋を擦りながら押すといった感じで、強引に押さないようにします。
この動作によって、滲出物(炎症が起こったとき、血管から組織内へと出される血液成分:血液中の白血球やタンパク質など)を散らし吸収させる、皮膚の組織をやわらかくほぐし、可動性を回復させる、炎症による癒着をはがすといった効果を図ります。
② 軽擦法(けいさつほう)
手のひら、親指、二本指、四本指などを患部に密着させ、背骨に沿って平に軽く擦ります。
手の摩擦によって、皮膚の温度を上げ、血液の循環を良くします。こうすることで、新陳代謝が促進され、細胞が活性化します。
③ 叩打法(こうだほう)
リズミカルに軽く叩く方法です。 手掌叩打法、切打法(せつだほう)、拍打法(はくだほう)、手背切打法(しゅはいせつだほう)、指頭切打法、環状切打法など様々な叩き方によって、効果も異なります。
神経や筋の動きを活発にしたり、血行を促進したりして神経や筋の興奮性を高める方法や、逆に興奮を鎮め鎮静的に働く方法があります。
軽く握った状態の手のひらで、痛みがないように叩きます。
④ 圧迫法(あっぱくほう)
指の頭、手の付け根などを使って圧迫し、刺激を加える方法です。間歇性(かんけつせい)、持続性圧迫法の2種類があります。
間歇性圧迫の場合は、圧迫して機能を抑制したあとに緩めることで血液やリンパの流れを促進します。持続性圧迫法では、神経痛やけいれんなどの鎮痛・鎮けいの効果を図ります。
⑤ 振せん法(しんせんほう)
手のひらや指の端を使い、垂直に骨に向かって圧迫しながら、バイブレーターのように筋肉全体を震わせます。
この刺激によって、血管を拡張し静脈血の流れが良くなり、神経や筋の機能が高まります。
⑥ 揉捏法(じゅうねつほう)
手のひら、親指、二本指、四本指などで、患部の筋をつかむようにしながら、筋肉を揉みほぐします。
筋の収縮を活発にし、静脈血の流れを良くすることで、血管を広げ新鮮な血液を行き渡らせます。揉捏法では、筋肉が萎縮し硬くなることで起こる筋疲労などを回復、予防を図ります。

手技療法の効果

手技療法の効果

手技療法では、筋肉、骨、血液などの循環系、神経系、リンパなどの分泌系といった生体機能を刺激し、活性化させることによって、機能回復を助けたり早めたりといった効果を図ります。
では、手技療法は、体にどのような効果を与えるのでしょう。手技療法の主な効果とされているものをご紹介します。

  • 筋肉が緩んで、関節の動きが滑らかになる。
  • 筋肉が緩んで、関節の可動域が広がる。
  • 筋肉の緊張がとれ、痛みが緩和する。
  • 血管、分泌線、皮下神経の末端を刺激することによって、血管が広がり温感を与える。
  • リンパの流れが良くなることで、疲労の素を排出し、疲労を回復する。
  • 血液の循環が良くなることで、新しい新鮮な血液が送り込まれ、新鮮な酸素や栄養が体に行き渡る。
  • 心身ともにリラックス感が得られる。
  • 強い刺激によって、神経の伝導が抑えられ、抹消部分の痛みが緩和する。

これらは、柔道整復師の豊富な知識と経験、患者との高いコミュニケーション能力から行なわれる手技療法によって期待される効果です。

運動療法

運動療法

運動療法とは、低下した筋力を運動によって回復させる方法です。
人は、長い間筋肉を使わないと、筋力が低下したり、関節の可動域が狭くなったりします。そこで、柔道整復師の手または、専門の医療器具を使って筋肉や関節などに積極的に働きかけて運動させ、筋力を高めたり本来の機能へ回復させたりするために運動療法を行ないます。
例えば、柔道整復師が患者の腕を取り、患者の代わりに肩を動かす他動運動によるストレッチや、細かな運動を繰り返して関節などの動きを滑らかにしたり可動域を広げたりする関節モビライゼーション、動作を誘導して筋力トレーニングを行なうPNF(神経筋促通法)など、様々な方法があります。この運動療法は、患部のみでなく、全身体操を応用した全身運動療法と組み合わせながら行ないます。
こうした運動療法は、患者の年齢や性別、体質や症状に合わせ、時期と期間を選ぶことや続けることが大切です。

柔道整復術の運動療法は、リハビリテーション医学に通じるところがあります。総合病院や整形外科などでは、最新の器具が整ったリハビリルームなどを設置しているところも増えており、そういった場所で機能訓練指導員として運動療法を施す柔道整復師もいます。

テーピング療法

テーピング療法

テーピング療法は比較的新しい治療法です。
テーピング療法は、ケガをしてからの治療としてのみでなく、ケガを防止するためにも用いられます。特に、スポーツ界では、注目されており、どちらかと言うと、ケガをしないように前もってテーピングをする人も増えています。
テーピングの目的としては、

  • 関節を固定して骨格構造を保護する。
  • 関節の動きを制限し、無理な運動によるダメージを防ぐ。
  • 急性外傷時に患部を圧迫することにより、毛細血管からの出血を抑え、痛みを和らげる。

などが挙げられます。
また、テーピングの利点としては、

  • 患者の症状やサイズに合わせることができる。
  • ケガを予防し症状の悪化をさける。
  • 痛みを和らげる。

といった点が挙げられ、治療法として多く取り入れられています。
テーピング療法には、様々な素材のテープを使用し、それぞれのテープの特徴を利用した巻き方・貼り方が用いられます。例えば、ケガを予防したり悪化を防いだりするために筋や筋肉の動きをサポートするような貼り方、関節を固定するような巻き方の他、出血や痛みを抑えるために患部を圧迫する巻き方などです。
このように、テーピングの方法は、目的に応じて様々に使い分けられており、現在も研究が進められています。

テープの種類と特徴

テープの種類と特徴

テーピング療法で主に使用するホワイトテープ、キネシオテープ、チタンテープ、スパイラルテープについてご紹介しましょう。

【ホワイトテープ】
ホワイトテープには、伸縮性はほとんどなく、主に関節や筋肉を固定し安静を保ったり、運動を制限したりといった目的で使用します。また、過去にケガをした筋肉や関節を保護するためにも使用します。
【キネシオテープ】
キネシオテープは、伸縮性、通気性のあるテープで、筋や筋肉をサポートするテーピングに適したテープです。傷めた筋に沿って貼り、筋と同じ作用を外部から与えることで、ダメージを受けている筋肉を保護し回復を助けます。
【チタンテープ】
チタンテープは、重金属のチタンをコーティングしたテープです。
人間の体に流れている微弱な生体電流のバランスが崩れることによって、肩こりやめまい、耳鳴りなどの様々な障害が起こると言われています。そこに金属を使うことで、生体電流の乱れを整えられ、筋肉の動きがスムーズになったり血行が促進されたりすると言われています。特に、スポーツ選手などに人気が高まっているテープです。
【スパイラルテープ】
スパイラルテープは、筋肉のバランスを取って緊張を和らげ、本来の状態へと戻す働きを助けるためのテーピングに使用するらせん(スパイラル)状や格子状のテープです。
筋肉は、左右に引っ張り合いバランスを保っていますが、体のアンバランスによって、関節、筋肉などに痛みや腫れが生じることがあります。スパイラルテーピングは、患部のサポートをするというのはなく、スパイラルテープを貼り、皮膚感覚器を介して体を調節する神経に働きかけることで、筋肉のバランスを整え症状を回復させる目的で用います。
このテーピング法は、専門の検査や測定から、体全体(内因的・外因的)を捉えた療法です。

物理療法(低周波、超音波など機器を使う療法)

物理療法(低周波、超音波など機器を使う療法)

人は、体の調子が崩れても、元の状態へ戻そうとする機能が働き、調子が戻ることがよくあります。物理療法とは、電気や光、温熱、冷却、音波、水などの物理的エネルギーを使って、この働きを促す治療法です。
物理療法の種類と期待される効果を簡単にご紹介しましょう。

【冷却療法(Cryotherapy)】
主に打撲・捻挫・筋肉痛(生理的炎症)などの急性症状に使われます。熱を持った患部を冷やすことで炎症や痛みの感覚を抑えたり、周辺の組織へのダメージをくい止めたりといった効果が期待されます。
【温熱療法(Thermotherapy)】
主に慢性症状の痛みの緩和に多く用いられています。冷えた部分を温めることで、筋肉の緊張がほぐれたり、血管が拡張することで血行が良くなり、新陳代謝が促進されたりといった効果が期待できます。
【水療法(Hydrotherapy)】
水療法とは、温浴する、水圧を利用する、浮力を利用するなど、水の温度や深さを様々に利用して治療する方法です。入浴は血行を促進させたり、組織を活性化させたりします。また、浮力のある水の中では体への負荷が軽減され、リハビリなどがしやすくなります。
【機器を使った療法】
心電図・筋電図・脳波などを計測することでも分かるように、人の体には生体電流が流れています。その刺激によって、筋肉や神経が反応し、活動することができます。このことを利用し低周波治療、超音波療法、マイクロウェーブなどの電流を用いる電気療法やレーザー、赤外線などを使った光線療法などがあります。機器を使っての物理療法を行なうには、機器の誤作動や火傷などに十分注意して行ないます。

このページのTOPへ

柔道チャンネル 公式Youtubeチャンネル

柔道チャンネルTVで動画を観る

  • ホームメイトWebサイト10の姉妹サイトへ
  • 柔道チャンネル公式Facebook
  • 柔道チャンネル公式Twitter
  • 柔道チャンネル公式YouTube
  • 柔道チャンネル公式Instagram
  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

  • 東建グループ公式姉妹サイト

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔整専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード