試合

試合は、試合場内で行ないます。試合者の一方、または双方が、場外に出た場合に施された技は、無効となります。
また、試合は、立ち勝負から始め、一本勝負とします。
場外に出た場合とは、立ち姿勢の場合では片足、捨て身技の場合では半身以上、寝技の場合では両試合者の全身が出たときを指します。

試合の開始

試合の開始

試合者は、試合場の中央で、約3.64m(2間)の距離を置いて向かい合って立ち、互いに立礼を行ない、左足から一歩前に進んでそれぞれ自然本体に構え、審判員の「始め」の宣告により、試合を始めます。
※ 礼は、座礼を行なうこともできます。

試合の終了

試合の終了

試合者は、審判員の「それまで」の宣告により、試合を終えます。
試合開始時の位置に戻り、向かい合って自然本体に立ち、審判員の宣告と指示、あるいは宣言と動作のあと、右足から一歩さがって直立の姿勢になり、互いに立礼を行ないます。
※礼は、座礼を行なうこともできます。

試合時間

試合時間

3分から20分の間で、あらかじめ定めます。ただし、試合時間の延長を行なうことができます。

試合の技

試合の技

投技(手技、腰技、足技、真捨身技、横捨身技)、または固技(抑込技、絞技、関節技)で勝負を決します。

寝技への移行

寝技への移行

寝技に移ることができる場合
  1. 投技が相当に効果があって、引き続き寝技に転じて攻める場合。
  2. 投技を施そうとして倒れたとき、または倒れかかるのを利用して、他方が攻める場合。
  3. 立ったまま、絞技、または関節技を施し、相当の効果があって、引き続き寝技に転じて攻める場合。
  4. 投技とは認めがたいが、巧みに相手を倒し、引き続き寝技に転じて攻める場合。
  5. 前各号に相当しない場合でも、一方の倒れたとき、または倒れかかるのを利用して、他方が攻める場合。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔整専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード