全日本柔道連盟公認審判員規程

柔道の公式試合は、認定を受けた審判員が試合を司ることになっており、審判員の資格は、公認審判員規程によって管理されています。

第1章 目的
(目的)
第1条
この規程は、財団法人全日本柔道連盟(以下、全柔連という。)の公認審判員の制度を定め、公認審判員の養成とその資質の向上を図ることを目的とする。
(定義)
第2条
本規程における公認審判員とは、審判員及び顧問審判員をいう。
第2章 審判員
(審判員)
第3条

審判員とは、次の各号に挙げるとおりとし、全柔連が選考のうえ認定した者をいう。

(1)Sライセンス審判員
特に技能が優秀であり、全柔連が主催、主管する全国的大会の審判員となる資格を有する者
(2)Aライセンス審判員
全柔連が主催、主管する全国的大会の審判員となる資格を有する者
(3)Bライセンス審判員
地区柔道連盟(連合会・協会)が主催、主管する大会の審判員となる資格を有する者
(4)Cライセンス審判員
都道府県柔道連盟(協会)及びその加盟団体が主催、主管する大会の審判員となる資格を有する者
(管轄)
第4条

審判員の管轄については、次の各号に挙げるとおりとする。

  • (1) Sライセンス審判員は、全柔連が管轄すること
  • (2) Aライセンス審判員は、全柔連が管轄すること
  • (3) Bライセンス審判員は、地区柔道連盟(連合会・協会)が管轄すること
  • (4) Cライセンス審判員は、都道府県柔道連盟(協会)が管轄すること
(審判員の義務等)
第5条
  1. 審判員は、指導者登録(Cライセンスは競技者登録でも良い)及び審判員登録を毎年更新するものとする。
  2. 審判員は、各種の大会における審判員活動について、都道府県柔道連盟(協会)を経由して管轄する団体に届けるものとする。
  3. 第1項及び前項に係る届け出は、管轄する団体から求められたとき、別紙様式により行うものとする。
  4. 審判員の服装は、別に定める服装規定による。
  5. 審判員が、次に定める各号の一に該当する場合は、全柔連の審判委員会は審判員の資格を停止し、又は喪失させることができる。
    • (1) 特別の理由なく4年間(Sライセンス審判員については2年間)、試合の審判に携わらないとき
    • (2) 更新手続きをしないとき
    • (3) 審判員の義務を怠ったとき
    • (4) 審判員として相応しくない言動のあったとき
    • (5) その他審判員として不適格と認めたとき
(審判員研修会)
第6条
  1. Sライセンス審判員は、全柔連が主催する審判員研修会に毎年出席しなければならない。
  2. Aライセンス審判員、Bライセンス審判員及びCライセンス審判員は、第4条各号に定められる管轄団体が主催する審判員研修会に、少なくとも2年に1度、出席しなければならない。
(審判員の任期)
第7条
  1. Sライセンス審判員の任期は2年間とし、審査のうえ更新することができる。
  2. Aライセンス審判員、Bライセンス審判員及びCライセンス審判員の任期は4年間とし、審査のうえ更新することができる。
(審判員の定年)
第8条

審判員の定年は、満65歳とする。

(試験)
第9条

審判員に関する試験・選考は、別表第1のとおりとする。

(費用)
第10条

審判員に関する試験の受験料、ライセンス登録料(更新を含む)、講習会費は別表第2のとおりとし、その都度納付するものとする。

(審判の実施)
第11条
  1. 全国大会の試合の審判は、全柔連の審判委員会において選考したSライセンス審判員又はAライセンス審判員が行う。
  2. 全国大会のうち、実業団、大学、高等学校及び中学校等の全国大会の試合の審判は、前項の規定にかかわらず、原則として主催する団体において選考したSライセンス審判員、Aライセンス審判員又はBライセンス審判員が行う。ただし、全柔連が前項に準じて審判員の一部を派遣することができる。
  3. 全国大会を除く試合の審判は、原則として主催する団体が選考した審判員が行う。
第3章 顧問審判員
(顧問審判員)
第12条

顧問審判員とは、年齢65歳以上及び7段以上(女子にあっては5段以上)の者から、全柔連が選考のうえ認定した者をいう。ただし、年齢60歳以上の者であっても希望があれば選考の対象とする。

(顧問審判員の義務等)
第13条
  1. 顧問審判員は、指導者登録を毎年更新し、顧問審判員登録は初年度のみとする。
  2. 第5条第2項から第4項、第5項3号から5号の規定は、顧問審判員について準用する。
付則
  •    本規程は、平成2年4月1日から施行する。
  • 2. 本規程は、平成12年4月1日改正・施行する。
  • 3. 本規程は、平成19年4月1日改正・施行する。
公認審判員規程(別表1)
ライセンス (1)受験資格 (2)試験方法 (3)試験内容
S
①年齢
30歳以上満55歳まで
②柔道経験
15年以上、5段以上(女子は3段以上)
③審判経験
「A」取得者の中から選考する。
全柔連より指名された審判委員会の選考審査委員3名以上がこれにあたる。
全柔連が主催する大会において審査・選考する。
実技によって審査を行う。
A
①年齢
28歳以上満55歳まで
②柔道経験
15年以上、5段以上(女子は3段以上)
③審判経験
「B」取得後3年以上の審判経験を有し、指導者登録した都道府県より推薦を受けた者とする。
全柔連より指名された審判委員会の選考審査委員3名以上がこれにあたる。
地区以上が主催する大会において審査する。受験回数は年1回とする。
筆記および実技によって審査を行う
B
①年齢
25歳以上
②柔道経験
12年以上、4段以上(女子は3段以上)
③審判経験
「C」取得後2年以上の審判経験を有し、指導者登録した都道府県より推薦を受けた者とする。
地区柔道連盟(連合会・協会)から選ばれた審査員3名以上がこれにあたる。
地区柔道連盟(連合会・協会)が主催する講習会に出席し、その主催する試合において審査する。
C
①年齢
20歳以上
②柔道経験
有段者
③審判経験
都道府県において指導者登録又は競技者登録し、かつ講習会に出席し、許可された者とする。
都道府県における講習会等に出席し、その地域において審査する。

平成19年4月1日改正・施行

※上記の内容は2009年3月現在の情報となります。

このページのTOPへ

柔道チャンネル 公式Youtubeチャンネル

柔道チャンネルTVで動画を観る

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

  • 東建グループ公式姉妹サイト

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔整専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード