国際柔道連盟(IJF)試合審判規定

禁止事項と罰則

禁止事項と罰

罰則は、軽微な違反行為に対する「指導」、重大な違反行為に対する「反則負け」の2つに分類されます。
ひとつの試合において、3つの「指導」があり、4つ目の「指導」は「反則負け」となります。(3回の警告後、失格処分となります。)
「指導」は、相手の選手にポイントを与えません。技によるスコアのみがポイントとしてスコアボードに表示されます。
試合の最後にスコアが同等の場合、「指導」が少ない選手が勝者となります。 スコアも「指導」も同等の場合、時間無制限のゴールデンスコアへ続きますが、最初に「指導」を受けた選手が敗者となります。または、最初に技によるスコアを得た選手が勝者となります。
「指導」を与える場合、選手はその場で与えられます。両選手は、通常の開始場所にいなくても良いです。(待て―指導―はじめ)。
ただし、選手が試合場を去らなければならない指導(4回目)は対象外とします。 4回目の指導は、開始線部分に選手が戻ってから与えます。
組み合わない、偽装攻撃、防御姿勢等の消極的な柔道に対しては、従来よりも厳しく「指導」が与えられます。

IJF禁止事項一覧

指導

指導(軽微な違反)
  1. 故意に取り組まないこと。
  2. 組んだあと、極端な防御姿勢をとること(通常5秒を超えて)。
  3. 明らかに相手を投げる意志のない攻撃を行なうこと。(擬装的攻撃)
  4. 防御のために相手の袖口を握ること(通常5秒を超えて)。及び絞って握ること。
  5. 相手と指を組み合わす姿勢を続けること(通常5秒を超えて)。
  6. 故意に自分の柔道衣を乱すこと、及び主審の許可なしに帯や下穿の紐をほどいたり、締め直したりすること。
  7. 寝技に移ることができない状態で、相手を寝技に引き込むこと。
  8. 相手の袖口または下穿の裾口に指を差し入れること。
  9. 攻撃をしないで「標準的」な組み方以外の組み方をすること(通常5秒を超えて)。
  10. 組む前にでも組んだあとにでも、何の攻撃動作もとらないこと。
  11. 親指と四指の間で相手の袖口を握ること。
  12. 相手の袖口を折り返して握ること。
  13. 同時に投技を施すことなく、相手の足(脚)、あるいは下穿の脚部を取ること。
  14. 帯の端や上衣の裾を、相手の身体のどの部分にでも巻きつけること。
  15. 柔道衣を口にくわえること。(自分のものでも相手のものでも)
  16. 相手の顔面に、直接手(腕)、または足(脚)をかけること。
  17. 相手の帯もしくは襟に、足(脚)をかけること。
  18. 柔道衣の上衣の裾または帯を使って、あるいは直接指で絞技を施すこと。
  19. 場外に出るか、相手を故意に場外に押し出すこと。
  20. 胴絞や頸、頭を脚で挟んで絞めること(両足を交差し、両脚を伸ばして)。
  21. 相手の握りを切るために、相手の手(腕)を膝や足で蹴ること。また技をかけることなく、相手の足(脚)を蹴ること。
  22. 相手の握りを解くために、相手の指を逆に取ること。
  23. 立ち姿勢における攻撃・防御の中で、直接ズボンを握った場合は、「待て」として「指導」が与えられます。

ただし、ズボンを握ると同時に施した大内刈や相手の脚を抱えて施す双手刈、朽木倒、掬投などをかけることは認められます。

14と18については、厳しく取り締まられます。絞技は自身、もしくは相手のベルトや上衣の裾、指だけを使用しての絞技は許されません。

反則負け

反則負け(重大な違反)
  1. 河津掛を試みること。
  2. 肘関節以外の関節を取ること。
  3. 背を畳につけている相手を引き上げ、これを畳に突き落とすこと。
  4. 相手が払腰などをかけたとき、相手の支えている脚を内側から刈ること。
  5. 主審の指示に従わないこと。
  6. 無意味な発声や、相手や審判員の人格を無視するような言動を行なうこと。
  7. 相手を傷つけたり危害を及ぼしたり、あるいは柔道精神に反するような動作をすること。
  8. 腕挫腋固のような技で畳の上に直接倒れること。
  9. 内股、払腰などで頭から畳に突っ込むこと。または立ち姿勢や膝をついた姿勢から、肩車のような技でまっすぐ後方に倒れること。
  10. 相手が後ろからからみついたとき、故意に同体となって後方に倒れること。
  11. 硬い物質または金属の物質を身に付けていること。

「指導」の罰則

以下の場合、「指導」の罰則が与えられます。

「指導」の罰則

  1. 両手を使って相手の組み手を切る行為には指導が与えられる。
  2. 組まれるのを防ぐために、柔道衣の端(襟)をかくすこと。
  3. クロスグリップの場合はただちに攻撃しなければならない。帯を掴んだ場合、及び片襟のみを組んだ場合も同じルール。
  4. 素早く組まない、または相手に組まれないような行為を行なった選手は、審判によって厳格に指導が与えられる。ある選手が、組み手争いの中で2回組み手を切ったあと、3回目に切った場合は「指導」が与えられる。
  5. 袖をピストルグリップ、ポケットグリップした場合は、ただちに攻撃しないと指導を与える。
  6. 相手の選手に抱きついて投げる行為には指導が与えられる(ベアーハグ)。選手が、少なくとも片手で組んでいるときは指導を与えられるケースではない。
  7. 腰を曲げた状態で、片手、もしくは両手で相手を押している場合、ただちに攻撃しない場合はブロックしている姿勢とみなし指導が与えられる。
  8. 組むのを避ける、もしくは攻撃されるのを防ぐためだけに相手の手首や手を持っている場合は指導が与えられる。
  9. 偽装攻撃には指導が与えられる。偽装攻撃の定義とは以下の通りである。
  10. イ. 投げる意思のない技を施す。
  11. ロ. 組んでない状態で技を施す。もしくは技を施してすぐに手を離す。
  12. ハ. 受のバランスを崩すことなく、ひとつの技、もしくは連続技を施す。
  13. ニ. 攻撃されるのを防ぐために、受けの脚の間に自分の脚を入れる。
  14. 片足が試合場の外にありただちに攻撃を施さない場合、もしくは試合場内にただちに戻ってこない場合は、指導が与えられる。両足が場外に出た場合は指導とする。相手によって、押されて試合場の外に出た場合は、相手に指導が与えられる。(選手が、有効な場所から攻撃を施した場合は、試合場から出ても指導は与えられない。)

「反則負け」の罰則

「反則負け」の罰則

立ち技の際、片手、または両手、もしくは片腕、または両腕を使って相手の帯から下を攻撃する、またはブロックするすべての行為は反則負けとなります。
脚を掴んで良いのは、両選手が立ち技からクリアに寝技の姿勢になった場合のみです。

ドーピング

ドーピング

ドーピング違反のため失格になった選手は、その順位とメダルがはく奪されます。
新しい順位については、可能な限りIJFによって決定されます。

このページのTOPへ

柔道チャンネル 公式Youtubeチャンネル

柔道チャンネルTVで動画を観る

  • 全日本柔道連盟

  • 公益財団法人 講道館

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

  • ホームメイトサイト 8つの公式姉妹サイト

柔道チャンネルでは、日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔整専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード