2018年バクー世界柔道選手権大会/国別団体戦

2018年バクー世界柔道選手権大会/国別団体戦 優勝者インタビュー

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size
 

男子66kg級 阿部一二三

2018年9月にアゼルバイジャンで行なわれた「バクー世界柔道選手権大会」男子66kg級で、見事大会二連覇を果たした阿部一二三選手。二連覇が決まった瞬間は「ホッとした」という阿部選手が、どんな気持ちで今大会に臨んだのか、2年後に迫った東京五輪(柔道)についての心境まで、様々なことを伺いました。

ホッとした大会二連覇

ホッとした大会二連覇

今回の2018年バクー世界選手権大会(以下、世界選手権)で優勝が決まったときは、ホッとしましたね。昨年の世界選手権で優勝したときは、まず「嬉しさ」と「喜び」が一番に出てきたのですが、今年は嬉しいという気持ちよりも、「安心した」気持ちが一番に出てきました。

2018年7月に出場したグランプリ・ザグレブでは、準々決勝で一本負けをしてしまったので、今回の世界選手権では、「自分の柔道、一本を取りに行く柔道をして、二連覇しよう」ということを、きちんと意識して気持ちを切り替えて試合に臨みました。

1回戦はシードで試合はありませんでしたが、2回戦、3回戦は一本勝ち、4回戦は技ありで優勢勝ち。いろんな選手が組ませてくれなかったり、腰を引いたりして投げられないようにしてくることが多く、一本が取れなかった試合もあったのですが、自分らしい柔道ができたと思っています。準々決勝のザンタラヤ選手(ウクライナ)との戦いでは、技もしっかり決めて勝利することができたので良かったですね。

一番の山は準決勝

一番の山は準決勝

世界選手権の前からシードの関係で、リオデジャネイロ五輪(柔道)銀メダリストのアンバウル選手(韓国)と準決勝で当たるというのは予測できていたので、そこが一番の山になると思っていました。

アンバウル選手と力の差はあまりないため、試合は意地と意地のぶつかり合いでした。さらに、お互いに指導が入ってからの延長戦。結果的に技ありを奪い勝つことができましたが、苦しい戦いでした。気持ちを切らさず集中して勝つことができたので、この試合でさらに成長することができたと思います。

この準決勝でかなりの体力を消耗してしまいましたが、決勝のセリクザノフ選手(カザフスタン)との対戦は、「あとひとつ、しっかり勝ちきろう」という気持ちで集中して戦いに臨むことができました。

大きかった妹の存在

妹の存在は大きい

私の決勝戦の前に妹(阿部詩選手)の優勝が決まりました。準決勝での疲労もあり、自分のことでいっぱいだったのですが、「妹が優勝できて良かった」とは思いましたね。そして「自分も頑張らないといけないな」と勇気付けられました。

妹は兄妹だからという理由ではなくて、一人の柔道家として尊敬しています。あの年齢で、しかもあのプレッシャーの中で勝ちきれるところは、本当にすごいことです。私が高校生3年生のときは絶対勝てなかったと思います。妹の優勝が決まって、兄として嬉しかったのはもちろんですが、決勝の試合の前に良い刺激となりましたね。

試合に勝つ秘訣とは

試合に勝つ秘訣とは

試合前に、井上康生監督やコーチの方々が気持ちを高めてくれる言葉をかけてくれました。私の周りには、自分を支えてくれる人達がたくさんいます。そのお陰で、技術面でも気持ちの面でも成長することができています。今回試合に勝つことができたのも、そのおかげです。

監督やコーチはもちろん、今までかかわった方々が、私が強くなるためにいろいろと考えてくれて、様々なアドバイスを下さいます。なので、今回の優勝は自分ひとりの力で勝ち取ったものではなくて、いろいろな人に支えられて勝ち取ったものだったと感じますね。試合に勝つことができるのは、日頃のトレーニングの結果などだけでなく、いろいろな人に支えてもらっているからこそだと思います。

東京五輪(柔道)を2年後に控えて

東京五輪(柔道)を2年後に控えて

2年後の2020年には、東京五輪(柔道)を控えています。五輪で金メダルを取ることが目標です。さらにその先の五輪で連覇するというのも目標ですが、まずは東京五輪(柔道)で優勝しなければなりません。なので、今は東京五輪(柔道)の金メダルしか見ていないです。

そのためには、2018年の11月に開催されるグランドスラム・大阪でも優勝する必要もありますし、来年東京で行なわれる世界選手権で三連覇するなど、まずは目の前の目標を達成していくことが大切だと思っています。ひとつひとつの試合でしっかりと勝って、五輪に繋げていきたいです。

インタビュー:2018年10月

このページのTOPへ

  • ホームメイトWebサイト10の姉妹サイトへ
  • 柔道チャンネル SNS公式アカウントのご紹介
  • 柔道チャンネル公式Facebook
  • 柔道チャンネル公式Twitter
  • 柔道チャンネル公式YouTube
  • 柔道チャンネル公式Instagram
  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

今回は、「2018年バクー世界柔道選手権大会」優勝者インタビューとして、阿部一二三選手にお話を伺いました。去年のブダペスト世界手権大会に続く二連覇という快挙を見事達成した阿部選手。前半戦は一本勝ちが続く順調な滑り出しとなりましたが、アンバウル選手(韓国)との準決勝は、ゴールデンスコアにまで流れ込む接戦となりました。大会二連覇が決まった瞬間は「ホッとした」と語ります。このインタビューでは、そんな阿部選手がどんな気持ちで今大会に臨んだかということから、2年後に迫った東京五輪(柔道)についての心境まで、様々なことを伺いました。「今は東京の金しか見ていない」と語る阿部選手は、今後も素晴らしい試合を私達に見せてくれるに違いありません。

注目ワード