第92回 平成30年度金鷲旗高校柔道大会

第92回 平成30年度金鷲旗高校柔道大会 大会直前監督インタビュー

2018年7月21日()〜24日(火)に開催される「第92回 平成30年度金鷲旗高校柔道大会」。今大会に向けての意気込みと展望を、昨年度大会の優勝校の監督にお伺いしました。

大会直前監督インタビュー(男子)

桐蔭学園高校   高松正裕監督  

桐蔭学園高校 高松正裕監督

高松正裕監督

今年は、春の全国高等学校柔道選手権大会(以下、高校選手権)を落としたので、残る金鷲旗高校柔道大会(金鷲旗)と全国高校総合体育大会(インターハイ)の優勝を狙っています。

しかし、ポイントゲッターの1人だった賀持喜道が、ヒジの靱帯断裂の手術を4月初めに行なったため、リハビリ中で出場はできません。その意味では、正直優勝は厳しいかなという気持ちもあります。

チームの中で一番期待しているのは千野根有我です。大型選手で、3年になってチャンスに強くなりました。優しい性格ですが、勝負所では頼りになる選手になりましたね。

村尾三四郎もポイントゲッターとして期待しています。うちはこの2人がポイントを取って、あとの3人、高山康太、安藤健志、奥田訓平が守るという布陣になります。

1年生には大型選手である中野智博もいますが、スタミナがどこまで続くかが彼自身の課題ですね。

改めて見ると重量級も揃っていますし、賀持喜道不在でも十分に戦える力はあります。春の高校選手権では天理高校に準決勝で敗れて決勝へ進めなかったので、同じ抜き勝負の金鷲旗でリベンジしたいというのは選手も同じ気持ちだと思います。

最大のライバルは高校選手権優勝の国士舘高校になるのだろうと思いますが、国士舘高校というよりは斉藤立選手に的を絞って戦いたいですね。高校時代に斉藤選手を倒しておきたいと思っています。

大会直前監督インタビュー(女子)

南筑高校  松尾浩一監督  

南筑高校 松尾浩一監督

松尾浩一監督

昨年は素根輝が1人で5人抜きをして驚きの大逆転勝利だったのですが、今年は少し厳しいかもしれません。もちろん、出場するからには優勝は狙っていますが、主力の1人だった上津原萌芽がケガで出られないのが少し痛いですね。なので、戦力的には少し厳しい状況です。

出場予定の選手は素根輝、インターハイ個人戦福岡県予選48kg級優勝の古賀若菜、52kg級2位の大澤彩乃、70kg級3位の古賀彩音、78kg級ベスト8の大久保桜咲です。大会連覇は素根輝以外の選手が、どれだけ頑張れるかにかかっていると言って良いと思います。

チームの大黒柱の素根輝は、インターハイにはエントリーしませんでした。8月末に開かれるアジア競技大会 柔道競技(以下、アジア大会)の日本代表になっていますし、無理はさせられません。私としてはアジア大会に全力を尽くしてほしいと思っています。ですから、彼女の高校生選手としての夏の出番は、この金鷲旗しかありません。それだけに、本人の思い入れも強いのではないかと思います。

ただ、現在は全日本強化選手として強化合宿やスペイン遠征、分散合宿等々、スケジュールがたくさん詰まっていますので、学校の道場で練習する時間はほとんどありません。本人もアジア大会には万全の準備をして臨みたいでしょうから、南筑高校のことより、アジア大会で優勝するための練習を第一義にやってほしいと思っています。

おそらく、金鷲旗出場のために、学校に戻ってくるのは大会1週間前くらいでしょう。そこからチーム全員で意思統一して頑張ろうということになると思います。

私が今後、素根輝に望むのは技術的な進歩はもちろんですが、タフな精神力を培ってほしいということ。そして、国際舞台に大きく羽ばたいてほしいですね。

金鷲旗で納得のいく活躍ができれば、あとに控えているアジア大会での勝負にもきっと良い影響が望めるのではないでしょうか。

  • 選手応援メール
  • 第92回 平成30年度金鷲旗高校柔道大会 大会動画
  • 第92回 平成30年度金鷲旗高校柔道大会 大会写真集
  • 第92回 平成30年度金鷲旗高校柔道大会 出場選手紹介写真集
  • 第92回 平成30年度金鷲旗高校柔道大会 大会レポート
柔道整復専門学校のご紹介
  • 米田柔整専門学校

    創立以来50年以上、一貫して「柔道整復科だけの専門校」として、時代の要請に応えられる柔道整復師を育成。現在、約4,600人の先輩たちが社会で活躍しています。

    所在地
    〒451-0053
    愛知県名古屋市西区枇杷島2-3-13
  • 了徳寺学園医療専門学校

    当学園の教育理念として、「即戦力を養い、医療人として『誇り』と『自信』に満ち溢れた柔道整復師、はり師、きゅう師を輩出する」ことを第一に掲げています。

    所在地
    〒130-0026
    東京都墨田区両国
    4-27-4

このページのTOPへ

  • ホームメイトWebサイト10の姉妹サイトへ
  • 柔道チャンネル SNS公式アカウントのご紹介
  • 柔道チャンネル公式Facebook
  • 柔道チャンネル公式Twitter
  • 柔道チャンネル公式YouTube
  • 柔道チャンネル公式Instagram
  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

「金鷲旗高校柔道大会」は、「全国高等学校柔道選手権大会」、「全国高等学校総合体育大会(インターハイ)柔道競技大会」と並ぶ高校柔道三大大会のひとつ。西日本新聞社、九州柔道協会が共催する大会で、全日本柔道連盟(全柔連)オフィシャルパートナーの東建コーポレーション株式会社も協賛しています。この大会は団体戦で行なわれ、無差別の5人制勝ち抜き方式を採用しているのが特徴。毎年熱戦が繰り広げられ、多くのドラマが生まれている伝統的な大会です。こちらのページには、第92回 平成30年度金鷲旗高校柔道大会の概要やトーナメント表、大会レポート、インタビュー等、金鷲旗全国高等学校柔道大会に関する様々な情報を掲載。ぜひ、チェックして下さいね。
柔道チャンネルは、第92回 平成30年度金鷲旗高校柔道大会及び大会に出場される柔道選手の皆様を応援しています。

注目ワード