平成26年全日本選抜柔道体重別選手権大会

【大会動画】大会初日名場面集

大会初日名場面集再生

監督のコメント

全日本柔道男子 井上康生監督のコメント

全日本柔道男子 井上康生監督のコメント

井上康生監督

90kg級、第一シードのベイカー選手、優勝して世界にという思いがあったと思います。世界で勝つためには、まだまだやることがたくさんあったと、改めて彼自身、そして我々も認識できたのは良かったです。

優勝した吉田選手は講道館杯前に怪我をして、ずっと悔しい思いを持ちながら、この大会に臨んだのではないかと思います。団体戦でも全勝して優勝に導きました。また、他の国際大会でも活躍しているということもありますので、今後が非常に楽しみです。

100kg級は、全日本柔道選手権大会もあるので、それを見ていきながら色々なものを判断していきたいなと思っています。

世界柔道選手権大会に派遣しないという発表は、ヨーロッパ遠征が終わってすべてを通していくなかでは、この段階での発表は妥当だと思っております。

そこで意地を持ってやってもらわないといけません。熊代選手のコメント(動揺した)じゃないですけど、昨年の一年間を見たときに、国際大会で勝ってる試合というのは東アジアの一試合だけです。結果で出てしまっているんです。100kg級が低迷しているなかで、どうしたら2016年度に強い100kg級を取り戻せるのか、ということを考えた上での形です。

100kg超級は、皆さんもご存知のように、最近上川選手が非常に調子が良いです。決勝では終始七戸選手がペースを握りながら展開していましたが、終了間際に大逆転。結果を残す、残し続けることは非常に良いですし、少しずつ取り戻しつつあるなと感じています。

若手も出てきているので、しのぎを削りながらレベルアップを図るというのが理想です。また、こちらも全日本柔道選手権大会があるので、そこを見ながら判断していきたいと思います。

全日本柔道女子 南條充寿監督のコメント

全日本柔道女子 南條充寿監督のコメント

南條充寿監督

48kg級は、当初の予想通り第一シード、第二シードが決勝進出。近藤選手の若さあふれる柔道が押し切ったという展開。本当に良い試合だったと思います。今日行なわれた4階級のなかでは一番の収穫。今後が非常に楽しみな選手ですね。

52kg級は、西田選手が手術明けで、ほぼ試合をしていない状態。合宿も万全ではありませんでした。今大会も8番手での出場じゃないかな。西田選手は良かったですよ。こういう状況でチャンスをものにした。本人も言ってましたけど、リラックスした状態で臨めたのが、勝因に繋がったのではないでしょうか。

橋本選手は「勝たなければいけない」と気負いしたところがあったんじゃないかな。中村選手はヨーロッパでもそうでしたが、まだ本調子ではないなと。代表争いをしている二名の戦い方が、ちょっと情けなかった。寂しかったですね。

57kg級の宇高選手は、非常に調子の良いときの宇高選手でしたね。試合の展開も非常に良かった。

63kg級は、阿部選手が初戦で負けてしまった。代表争いという面ではちょっと寂しい。世界でも厳しい63kg級がこのような状態になってしまって、本番に向けて試行錯誤していかなくてはいけないなと感じています。

このページのTOPへ

  • ホームメイトWebサイト10の姉妹サイトへ
  • 柔道チャンネル SNS公式アカウントのご紹介
  • 柔道チャンネル公式Facebook
  • 柔道チャンネル公式Twitter
  • 柔道チャンネル公式YouTube
  • 柔道チャンネル公式Instagram
  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード