柔道関連団体:講道館について

講道館で学ぶ

講道館には、誰でも柔道を学び修行ができるように門戸を開いています。稽古や試合に参加し、多くの柔道家と交流することで技を磨いたり、講習や授業を受け柔道に関する知識などを深めたりすることができます。

希望の修行をするためには、所定の入門手続きをします。館員となれば、稽古や試合、講習会などに参加することができます。

道場行事

道場行事

道場が開いている時間中であれば自由に練習ができ、実力のある指導員による指導を受けることもできます。平日や土曜日の稽古、寒稽古や暑中稽古などに参加することができます。
級取得者は、月次試合や紅白試合などに参加することができます。

昇段の審査

昇段の審査

講道館は、日本で唯一の段の認定審査を行なっています。
男子昇段試験は紅白、月次試合の点数により行ない、女子昇段試験は、年間3回の試験によって行ないます。

学校講道館

学校講道館

学校講道館では、柔道の理論と実技、一般教養について学ぶことができます。東京都各種学校に認定されており、独自の教育カリキュラムに基づいて、普通科、特修科、補習科、国際科の授業が行なわれています。
普通科は初心者のための授業で、特修科は、普通科を履修した人やそれと同様の力量を持つ人向けの授業です。修行期間は、普通科が3ヵ月間、特修科が9ヵ月間であり、それぞれ少年部、男子部、女子部に分かれて学びます。
授業は、日曜、休日を除く毎日、学校や仕事が終わってから受けられる時間帯に行なわれています。 受付は、毎月10日までで、開講日は、普通科、特修科、補修科ともに毎月1日です。
国際科と少年部は、随時受付しています。

国際科

国際科

海外からの修行者も学校講道館で学んだり稽古をしたりすることができます。学校講道館で修行をしたあと、母国に帰ってから指導的立場に立つ人も少なくありません。学校講道館国際科の活動は、世界への柔道普及・振興のために大切な役割を果たす講道館の事業となっています。
入門受付は、随時行ない、1級と初段以上を対象とするAクラスと2級までを対象とするBクラスに分かれて受講する他、団体指導コース、個人指導のシステムなどもあります。

夏期講習会

技や形を磨くために対象者をしぼって夏期講習会を行なっています。

柔道夏期講習会 第1部
男子は四段以上、女子は女子弐段以上の有段者が対象となっています。
柔道夏期講習会 第2部
講道館入門者の一般・大学生・高校生・中学生、及び5年生以上の小学生で、参段以下の有段者及び無段者を対象とし、女子も受講できます。
女子柔道夏期講習会
講道館に入門している女子柔道修行者、男子有段者で女子柔道指導のために特に希望する人を対象としています。
少年柔道夏期講習会
原則として、3年生以上の小学生を対象としています。講道館入門者であることが望ましい(未入門者はできる限り手続きをすること)とされています。

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード