講道館柔道殿堂

西郷 四郎(さいごう しろう)

生年月日:
1866年1月4日
出身地:
福島県会津若松市
六段
1882年
講道館入門
1883年8月
初 段
1883年11月
二 段
1885年8月
四 段
1889年1月
五 段
1923年1月
六 段
西郷 四郎

会津藩士、志田貞二郎の三男として生まれ、津川町で育ち、1882年に上京し「講道館」へ入門する。
その後、1884年に会津藩、上席家老西郷頼母の養子となり保科四郎と名を改め、さらに1888年廃家となった西郷家を復興して西郷四郎と改名、嘉納師範留守中の道場を守った。稽古に熱心で、特に技術に優れ、彼の「山嵐」は一閃必殺のすばらしい技となっていた。
1890年5月嘉納師範が外遊中に「講道館」を離れ、長崎の「東洋日の出新聞」にて記事を執筆することで、「柔道」・「水泳」・「弓道」の振興に努めた。
1922年12月23日静養先の尾道市で生涯を閉じる。享年57歳。
赴報に接した嘉納師範は「其の得意の技に於ては、幾万の門下未だ其の右に出でたるものなし」として1923年1月14日付をもって六段を追贈した。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード