• HOME
  • 柔道ニュース

柔道ニュース

脱・柔道で最強日本、山下強化委員長の後任に金野氏

[ 9月15日  9時45分 配信 ]

左から男子の井上監督、金野強化委員長、女子の増地監督
左から男子の井上監督、金野強化委員長、女子の増地監督

「脱・柔道」で母国開催に臨む。全日本柔道連盟は14日、都内の講道館で臨時理事会を実施。20年東京五輪に向けた10月1日からの新体制として、日大男子監督の金野潤氏(49)を強化委員長に選出した。兼務していた山下泰裕副会長(59)の後任になる。

五輪や世界選手権の出場経験がない異例の抜てきに、金野氏は「五輪経験があるコーチやアドバイザーを求めていきたい」。強化委員会に格闘技の他競技から専門家を招き、柔軟に強化を進める構えをみせた。現役時代は柔道と同時にロシア発祥の格闘技「サンボ」で日本一になった経験も持つ。山下氏も「理論派であり、勉強家。関係者の意見に幅広く耳を傾け、20年に向けて頑張ってもらいたい」と期待を寄せた。リオ五輪へ向けた男女代表でも他競技からヒントを得てきたが、さらに推し進める。

続投する男子の井上康生監督も「幅広い意見」という意味で同調する。今後の強化で重点を置くのは自己マネジメント力で「自立した人間が五輪で勝つためには必要。すべてが解決できる発想ができるのは難しいが、どういう選手で、どうなりたいか。課題があり、それを自分で克服できないといけない」と述べ、案としてメンタルコーチ起用を含めた「脳トレ」を挙げた。

女子監督には筑波大総監督の増地克之氏が就く。組閣をした金野氏は「マネジメント能力で補佐して(監督)2人が存分に力を発揮できるようにしたい」と話した。柔道の枠にとらわれず、4年後の大輪を目指す。

◆金野潤(こんの・じゅん)1967年(昭42)3月20日生まれ、東京・文京区出身。東京・日大一高−日大−綜合警備保障(現ALSOK)。国際大会優勝は91、97年アジア選手権、94年広島アジア大会。五輪、世界選手権の出場経験はない。94、97年に全日本選手権制覇。引退後は綜合警備保障監督などを経て04年から日大の男子監督。

(提供:日刊スポーツ)

バックナンバーへ戻る

このページのTOPへ

柔道チャンネル 公式Youtubeチャンネル

柔道チャンネルTVで動画を観る

  • ホームメイトWebサイト10の姉妹サイトへ
  • 柔道チャンネル SNS公式アカウントのご紹介
  • 柔道チャンネル公式Facebook
  • 柔道チャンネル公式Twitter
  • 柔道チャンネル公式YouTube
  • 柔道チャンネル公式Instagram
  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔整専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード