• HOME
  • 柔道ニュース

柔道ニュース

高藤直寿が凱旋帰国!愛妻にはヴィトンのプレゼント

[ 2月14日  20時38分 配信 ]

グランドスラム・パリ大会から帰国した高藤直寿(左)と王子谷剛志(撮影・峯岸佑樹)
グランドスラム・パリ大会から帰国した高藤直寿(左)と王子谷剛志(撮影・峯岸佑樹)

新ルールが適用された柔道のグランドスラム・パリ大会男子60キロ級で優勝した高藤直寿(23=パーク24)が14日、羽田空港に帰国し、20年東京五輪への自信をのぞかせた。

新ルールは有効と合わせ技一本を廃止し、指導3つ目で反則負け、男子の試合時間を4分に短縮するなど大幅に変更した。同大会で高藤は得意としてきた変則の肩車などを“封印”して、小内刈りや背負い投げを軸にオール一本勝ちした。

「思ったよりも外国人選手が積極的に出てくるため投げやすかった。以前よりも指導を取りにくる選手もいなく、ダイナミックな柔道になっている印象。新ルールは自分に合っているし、『投げて勝つ』という勝ち続けた時の柔道に戻りつつある。(東京五輪に向けて)まだまだいけるという手応えをつかんだ」

勝因として、肉体改造や重量級選手との稽古の影響もあるという。

パリでは本店があるルイ・ヴィトンにも訪れ、3月11日に第2子の女児を出産予定の妻志津香さんへプレゼントを購入した。「中身は秘密です。勝てて、妻もほっとしたようでした。次は僕が出産の身の回りの手伝いを頑張って、その次は(4月の)選抜体重別選手権で優勝を目指したい。子どもの名前は強くなっても困るので柔道とは関係ない、かわいらしい名前を予定しています」とにやけた。

同大会は8月の世界選手権(ブダペスト)の選考の1つでもあり、高藤の他、男子66キロ級阿部一二三(19)や100キロ級飯田健太郎(18)らの若手も優勝するなど男女計7階級制覇を果たした。全日本柔道連盟の金野潤強化委員長は「若手2人の活躍は非常に喜ばしい。飯田は想像以上に力をつけており、逸材ということがはっきりした。(世界選手権に向けて)大きなアピールだったことは間違いない」と語った。

(提供:日刊スポーツ)

バックナンバーへ戻る

このページのTOPへ

柔道チャンネル 公式Youtubeチャンネル

柔道チャンネルTVで動画を観る

  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

  • 東建グループ公式姉妹サイト

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔整専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード