著名な柔道家インタビュー

吉村和郎 全日本柔道連盟強化委員長インタビューその1

吉村和郎(かずお)氏は、アテネ五輪では監督として女子チームを率い、史上最多の7階級中、金メダル5個、銀メダル1個という素晴らしい成績を挙げ、講道学舎コーチ時代は、古賀稔彦や吉田秀彦ら多くの世界チャンピオン、五輪チャンピオンを育てています。

豪放な物言いと一見怖い外見ながら、細やかな気遣いで選手から絶大な信頼を置かれる吉村氏に、その指導法を中心にお話を伺いました。

吉村和郎氏

プロフィール

  • 生年月日:1951年7月6日 出身地:熊本県 身 長:175cm
  • 主な戦歴

    • 1973年 | 世界柔道選手権大会(スイス:ローザンヌ) 軽中量級 3位
      1977年 | 全日本選抜柔道体重別選手権 71kg級 優勝
      1978年 | 嘉納治五郎杯国際柔道選手権大会 71kg級 優勝
      1979年 | フランス国際柔道大会 71kg級 優勝
       | モスクワ プレオリンピック柔道競技 71kg級 優勝

講道学舎で培った指導スタイル

講道学舎での13年間というのは、自分の中では凄い財産になった。まずは厳しさだよね。
横地治男理事長の軍隊式の厳しさというのは凄かったんだよ。でも、厳しい中にも情があった。子供を絶対に見捨てないという。やっぱりそれが教育だと思うね。
それと、勝ったヤツはみんなが誉めるからほっておいてもいいけど、負けたヤツこそフォローしてやらないかんというのも、そこで学んだよね。
負けたときというのは、負けた本人が一番苦しいんだ。そんなときに怒られたら、反発心しかおきないから、そのときいかにフォローして気持ちを盛り返させるのかと。最終的には、次のインターハイに勝てばいいんだとかね。
気持ちを切り返させるのが、指導者の仕事だと思うね。

指導者としてのスタートは講道学舎から

指導者になったのは講道学舎(古賀稔彦や吉田秀彦を輩出した柔道の私塾)からなんだけど、その動機は不純なんだわ(笑)。週3日、1日1時間指導すればいいと。しかもそれで世田谷に住めるという条件だったんだな。これは楽だと思って受けたわけだよ。
当時の講道学舎というのはまだできたばかりで、実際に練習は1日1時間だった。九州から来たヤツがほとんどで、体が小さくて、そんなに欲があったわけでもない。俺もあるわけじゃないし、選手たちにもないと。ただ、やっていくうちに、人間っていうのは情が湧いてくるわけだ。やるからには強くさせなきゃいかんと。でも、1時間の練習を急に2時間3時間にしたら、子供は反発というのがあるわけよ。
それでまずは、何のために田舎から東京に出てきているんだ、という意識をはっきりさせることと、来たからには強くならにゃいけないという気持ちにさせなきゃいかんと。それで、練習試合をさせたわけだよ。そうしたら、体が小さいこともあって、同じ中学生・高校生でも7人制でやったら0−7で負ける。いちおう町道場でやってきたという自負があるからとにかく悔しがるんだよ。 「先生、なんで負けるんですか?」と。「それは練習量が足らないんだろう」と。「お前、1時間の練習で勝とうと思うのが大きな間違いなんだ」と。「強くなりたいか?」と聞くと「なりたい」と言う。「じゃあ、練習時間を1時間半にしようじゃないか」と増やしていったわけだ。
でも、子供の限界っていうのは、俺はだいたい2時間だと思っているんだよ、練習で集中力を持続できるのは。だから、いろんな指導者がうちは3時間やっている、4時間やっているって言うけれども、結局は集中力が欠けて、無駄が多くなってくる。だから2時間の中で、どうやって力を出し切るかと。
練習相手がいない時には、必ず一人打ち込みをやらせる。その2時間は絶対に休ませないという練習をして、半年後にまた練習試合をしたら、2−5とか3−4になってくるわけだよ。
「頑張れば、こういうふうになれるんだ」と、で1年経ったときには、代表戦で戦えるようにまでなっていったわけだよ。

10の短所を見るより1の長所を伸ばす

吉村和郎氏講道学舎の主旨としては「英才教育」と、亡くなった横地治男理事長が言っていたけれども、英才教育というのはエリートを連れてきてこそ英才教育だと思うんだよね。でも、最初の頃は人材が集まらないから佐賀のひとつの道場の選手を連れて来る、というような感じだったから英才教育でもなんでもなかったわけだよ。
でも、子供というのは何かいいものを持っているわけ。指導者がそれをいかに伸ばしてやるかなんだよね。
だから、常に思うのは10の短所を見るより1の長所を伸ばしてやるということ。
そのほうが子供は大きく伸びるんだよ。それを、お前はここが悪い、あそこが悪いってずっと言っていたらいかんと思うんだよ。悪いところを一番分かっているのは本人だからね。
もうひとつは、指導者というのは、自分の技を押し付けるのが多いんだよ。でも、その子が小さい頃からやってきた柔道というのを崩してはいけないと思うんだよね。崩すんじゃなくて、それに枝葉をつけてやることが大事だと。一時よく言われたのは「講道学舎の柔道をやらしていたら、将来的には伸びない」と。「あれでは世界に通用しない」と言われたけど、やっぱり個性を生かしてやることを一番に考えた。講道学舎からいろんな選手が出たけど、同じような選手はほとんどいない。背負い投げするヤツ、一本背負するヤツ、内股するヤツね。そういう部分で個性というのを大事にしてやる。
選手にとって、最初に習った先生が本当の先生なんだよ。それを「その技はダメだからこっちにしなさい」って言ったときには子供は不信感を抱いてしまう。だから、最初に習った技を伸ばしてやり、それに枝葉をつけてやるというのが、本当の指導者じゃないかなと、俺は思うわけよ。

子供を伸ばすには、性格の見極めが大事

吉村和郎氏子供を伸ばすためには、技術的なこともそうだけども、メンタルの部分、要するに性格的な部分を指導者が見極めることが大事なんだよね。10人おったら10人顔も違うように、性格も違うわけだよ。だから、みんな同じように指導していたら無理がある。
それと、団体生活においては、そこで起こっていることを、指導者が常に把握しておかなきゃいけない。ということは、情報を収集しておかなきゃいかんわけね。それを頭の中に入れておく。ケガしたヤツは、ほねつぎに行かせないで俺のところに来させたんだよ。いちおう俺もほねつぎの端くれで、免許は持っているから。技術がないわけじゃないんだけどな(笑)。でも、免許を持っているとなると、できると思うんだよ子供は。だから、脱臼したら「先生、はずれました」って来るわけ。そうすると、「おおそうか」って治療して。……骨折になるなんてこともあるんだよ、これが(笑)。でも、これが信頼関係なんだよな。
そういうときっていうのは、あいつらが唯一心を許すときなんだよ。道場では絶対に許さないんだわ。だから、俺はテーピングを覚えたりして、あいつらと密接な関係を作ろうと思ったわけだよ。そうして、ホッと気が抜けたときにしゃべる本音を頭の中においてアドバイスするわけだよ。そうすると「先生はなんも知らんわりには、俺のこと分かってくれているんだ」と。そうして絆というのができ上がっていくわけだよ。
それから、子供たちの精神力を鍛えるには、競わせること、ライバル心を持たせるということが一番だと思うね。練習でも試合でも、ここで自分が休んだらもうレギュラーから外されるという危機感を持つわけだよ。そういうライバル心を持たせると、これがひとつの団結力につながるよね。

勝負に対する執念が凄かった古賀

稔彦(古賀)にしても秀彦(吉田)にしても大介(秀島)にしても誠(瀧本)にしても、共通して言えるのは、負けず嫌いだったってこと。勝負に対する執念が凄かった。
当時、俺は誰かをチャンピオンにしなきゃいけないと思っていたんだわ。誰かをチャンピオンにすれば、目安ができるわけだよ、子供たちに。古賀ぐらい頑張れば、チャンピオンになれるんだというように。
古賀を初めて見たとき、あいつは中学1年生だったから身長も160cmあったかどうか、体重も50kgそこそこ。
でも、そんな小さいヤツが首を絞めても、絶対に「まいった」しなくて、何がなんでも逃げてやるという気持ちがあるわけだよ。そういう勝負に対する執念っていうのがね、古賀は凄かった。
秀彦なんかは、反対。あいつは首絞めたらすぐに泣きおったから(笑)。でも、あいつのいいところは、泣いてても向かってくるんだよ。そこが普通の子とは違ってたわな、やっぱり。

※このインタビューは、2009年5月12日に行なわれたものです。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード