著名な柔道選手インタビュー

  

芳田司1/2

女子柔道57kg級で活躍する芳田司選手。小学生の頃から厳しい練習をし、早くからその頭角を現していました。今まで数々の国内外の大会で活躍してきた芳田選手が柔道を始めたきっかけから、2020年の東京五輪(柔道)に向けてのお話まで色々と伺いました。

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

「きかん坊」がきっかけで始めた柔道

「きかん坊」がきっかけで始めた柔道

幼い頃の私は、いわゆる「きかん坊」で、すごく力のありあまった子供でしたね。そのエネルギーを発散させるために、母親の閃きで家の近くにある「円心道場」で柔道を始めることになりました。

円心道場では「楽しく柔道をする」というような練習をやっていたのですが、練習が終わったあとに、柔道着のまま3、4キロ程走るように父親から言われ、それがとてもきつかったのを覚えています。

道場以外で自主的にやっていたことは、ランニング。走ることが好きで小学1年生のときから、姉と一緒にマラソン大会でも走っており、当時は陸上部にも所属していて陸上の大会にも出場していました。走ること以外では、家の前の電柱に引っ掛けたゴムチューブを使ったトレーニングを毎日していましたね。

新しい環境に飛び込む

新しい環境に飛び込む

親元から離れて、新しい環境に飛び込んでチャレンジしてみたかったという気持ちから、中学校は相原中学校(神奈川県)に進学し、近くにある相武館吉田道場で寮生活を送っていました。寮生活はとても苦しい物だったのですが、一緒に頑張れる仲間がいたので、苦しい分楽しいこともありましたね。中学時代の仲間は今でも仲が良いです。

中学時代は練習と試合をどんどんこなしていった時期。試合が終わったと思ったらまた違う大会に出て、ずっと試合をしていた感じですね。そのおかげか、中学2年生のとき近代柔道杯、全国中学校柔道大会、マルちゃん杯の3つで優勝して、中学女子で初の中学団体3冠を獲りました。当時の先輩方と一緒に優勝することができた試合で、一番心に残っています。

中学時代の稽古で一番印象に残っているのは、帯取り返しの打ち込みを何百本、千本とひたすらやったことです。何も考えずに体が勝手に動くという状況までやりこみました。ここまで体に染み付いた技は、今でもこの帯取り返しと内股くらいだと思います。

自分で考える柔道

自分で考える柔道

高校は、以前からお誘いを頂いていた福岡県にある敬愛高校へと進学。環境を変えることに抵抗はなく、次は九州に行ってみよう、という思いもありました。

中学校のときの練習である程度基礎の部分ができていたので、高校ではその幹の部分を伸ばしていった時期。高校のときの先生は、精神的な部分で支えてもらっていたのですが、指導の面でも私を見守ってくれていて、本当に感謝しています。練習も自由にさせてもらい、自分で考えて自分から動くという力がすごく付いたと思います。

高校時代の大会は、個人戦では出口クリスタ選手とずっと戦っていました。勝って、負けての連続で、ライバルです。全日本ジュニアで、出口選手に大内刈できれいに投げられてしまったのは、今でも良く覚えています。

団体戦では、最後の年の金鷲旗高校柔道大会(以下、金鷲旗)が一番印象に残っています。インターハイや選手権とは違う、5人制で戦う金鷲旗の独特な空気感が良いですね。2年生、3年生と2連覇することができたのも良い思い出です。

実業団に入って

実業団に入って

高校で自由にやってきた所からいきなりレベルの高いチームであるコマツに入って、とても緊張しました。実業団のチームに入ること自体が緊張でしたし、一回一回の練習も毎日とても苦労しましたね。また、釣り手や引手といった自分の持っていた物や打ち込みのやり方をばっさりと斬られてしまい、かなり考えさせられました。

当時の監督だった松岡先生に、「自分の思っていることと違うことを、騙されたと思ってとりあえずやれ」と指導して頂きました。あのときのその一言が無ければ、今の自分は絶対にいないと思うので、あのときにそう言ってもらえて本当に良かったと思っています。

インタビュー:2018年4月

このページのTOPへ

柔道チャンネル 公式Youtubeチャンネル

柔道チャンネルTVで動画を観る

  • ホームメイトWebサイト10の姉妹サイトへ
  • 柔道チャンネル SNS公式アカウントのご紹介
  • 柔道チャンネル公式Facebook
  • 柔道チャンネル公式Twitter
  • 柔道チャンネル公式YouTube
  • 柔道チャンネル公式Instagram
  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

今回著名な柔道選手としてインタビューしたのは、コマツ女子柔道部に所属する芳田司選手です。幼い頃は「きかん坊」で、ありあまったエネルギーを発散させるために始めたという柔道。めきめきと頭角を現し、小学生・中学生の頃から活躍していました。この強さの秘密は、幼い頃からお父様に特訓されていたからかも知れません。相武館吉田道場で寮生活を送っていた中学時代は、毎日厳しい練習に耐え、体に染み付く程打ち込みをしたと言います。高校は福岡に進学し環境を変えるも、強さは変わらず金鷲旗高校柔道大会など多くの大会で結果を残しました。社会人になったあともさらにレベルアップし、様々な大会で活躍を見せてくれています。芳田選手の幼い頃から現在、これからに至るまでをインタビューしました。

注目ワード