著名な柔道家インタビュー

山下泰裕東海大学体育学部長インタビューその1

※2011年10月に東海大学副学長に就任されました。

2009年4月に東海大学体育学部長に就任した山下泰裕氏。

柔道界の顔として、日本のみならず世界中で活躍されてきた山下氏に、現在、大事にしていること、プーチン氏との交友エピソード、現役時代の思い出話など、幅広い内容のお話をお聞きしました。

山下泰裕氏

プロフィール

  • 生年月日:1957年6月1日 出身地:熊本県山都町 身 長:180cm
  • 主な戦歴

    • 1977年 | 全日本柔道選手権大会 優勝
      1978年 | 全日本柔道選手権大会 優勝
      1979年 | 全日本柔道選手権大会 優勝
       | 世界柔道選手権大会(フランス:パリ) 95kg超級 優勝
      1980年 | 全日本柔道選手権大会 優勝
      1981年 | 全日本柔道選手権大会 優勝
       | 世界柔道選手権大会(オランダ:マーストリヒト) 95kg超級 優勝
       | 世界柔道選手権大会(オランダ:マーストリヒト) 無差別級 優勝
      1982年 | 全日本柔道選手権大会 優勝
      1983年 | 全日本柔道選手権大会 優勝
       | 世界柔道選手権大会(ロシア:モスクワ) 95kg超級 優勝
      1984年 | 全日本柔道選手権大会 優勝
       | ロサンゼルスオリンピック柔道競技 無差別級 優勝
      1985年 | 全日本柔道選手権大会 優勝

学部長就任で人生の方向が変わった

体育学部長に就任して、少し自分の人生の方向が変わった気がしています。つまり、自分が教わってきた大学に対して貢献、恩返しをしなければいけないと感じているところです。
どこの大学も少子化により若者が減ってきて、非常に厳しい状況にあります。東海大学も同様です。だから、学部長になった今、まずは学生たちのため、先生方のため、事務職員たちのために行動しなくてはいけないと考えています。これは私の考えですが、私のような立場の人間が、下の方を見ているか、上を見ているのかによって、かなり違うと思うんですね。もちろん両方を見ないといけないのですが、上の意に沿って上が喜ぶようにだけやっていると、下の気持ちというのが理解できない。あるいは上からの押し付けになっていくと思うんです。だから、「東海大学の役に立つ」というのは、まずは体育学部の先生方がここで働くことのやり甲斐や生き甲斐を感じる。そして、大学で学んでいる学生たちも「東海に来て良かったなぁ」と感じる。そういう体制を作って初めて、本当の意味で貢献していると言えると思うんです。
今までは外のことばかりやっていて、中(大学)のことはほとんどやってきませんでした。だからこそ今、学生のために、大学のために、私が本気で汗をかこうと思っていることをきちんと示さなければならない。学部を、学科を、学生や教員を取り巻く環境を、変えようとしているという気持ちが伝われば、協力してくれるだろうし、いろんなことが変わると思うんです。

物は見方

山下泰裕氏周りの方々に「学部長になられて大変でしょう」とよく言われますが、今までもいろんな局面で、新たな体験とか、新たな問題との遭遇というのはありましたから、自分ではそうは感じていません。物は見方で、この年齢(52歳)でそういう問題に直面し、あるいはそういう役割を担うことは、これからの人生の中で、必ず生きてくるだろうと思っています。やるからには、前向きに考えるのが、私の生き方ですから。
地域との交流も積極的に行ないたいと思っています。大学が何のために存在するのか、また、何を目指しているのか。存在意義、社会貢献、これは非常に大切なことだと思うので、いろんなところと協力関係を作ってネットワークを築いていく。お互いの持ち味を発揮しあうことで相乗効果も生まれてくると思うんです。
何かをやろうとしたとき、自分だけでやるのもいいけど、いろんな人と連携してやることで、長く続くし、より効果的になる。労力は、最初は少し大変に感じるけど、長い目で見ると、かけたエネルギーが3倍、5倍になって帰ってくるような気がします。

「しなきゃいけないこと」は何もない。

私は「しなきゃいけないこと」というのは、極論すると、何もないと思っています。24時間全部自分のものだと思っているので、どう使おうと全部自分の判断です。その代わり、誰にも責任転嫁はできない。
食べるためにやりたくないことをやることはあります。場合によっては意に反してもしがみついている。だけども今の私にとっては、「しなきゃいけない」のではなく、自分がやりたいこと、今やっていることが強く繋がっているからやっているだけなんです。地域との連携にしても、別にやらなくてもいいんです、今までずっとやってきているわけではないですから。でも、うちの大学にとって、学部にとって大事だな、大学の使命のひとつだよな、と私自身が思うからやるわけです。
今やっていることは全部ではありませんが、多くは自分の意志に基づいています。義務というのではなくて、自分の役割と言った方がいいかもしれません。だから、それをやっているからといって柔道界から離れるとか、NPO法人柔道教育ソリダリティー(以下、NPO)や神奈川県体育協会から一歩引くとか、東京五輪招致運動を辞めるとか、そういう話ではありません。自分の中でプライオリティを決めて、時間の配分をしっかりしていかなくてはいけないと思っています。ただ、学部長に就任したということは、自分の中にひとつの大きな柱ができたことは間違いないことです。
そういうなかで大変ありがたいのが、私のやっているひとつひとつの仕事に、私と同じ志を持って、いろんなところを引き受けてくれる人がいること。学部長の仕事にしても、NPOの仕事にしても、マスコミ対応、県体協、柔道ルネッサンス、いろんなところで、そういう仲間が支えてくれている。どれひとつ取っても自分ひとりで動いているのではなくて、そういう仲間のサポートがあるからこそできているんです。

活き活きと生きる

山下泰裕氏自分として、今いちばん大事にしているのは「活き活きと生きる」ということ。「いきいき」のいきは「活」。活きのいい魚の「活き」です。
先日、ある講演会で「大事にされていることは何ですか」と質問され、「活き活きと生きることです」と答えたんですね。すると、「どういうときに活き活きと生きておられますか」と聞かれた。「いや〜、それは難しいですね。どういうときに活き活きと生きられませんかと聞かれるのは答えやすいけど、ほとんど毎日活き活きと生きているものですから」と答えたんです(笑)。すると「それは素晴らしい。でも、なかなかできないですよね。では、どうしたら活き活きと生きられますか」と聞かれた。私は少し考え、「まず、活き活きと生きたいと日々思うことでしょうね。そう思えばどうしたら活き活きと生きられるのかということを常に考えると思いますよ」と答えました。私としては、自分自身も活き活きと生きたいし、周りの人たちにも活き活きと生きてほしいんです。
それと人を育てるということも大切だし、簡単ではないなと感じています。厳しさだけでは人は育たないし、優しさだけでも育たない。頑張っていることを認めることも大事だし、間違っているところはビシッと厳しく言うことも大事。両方がないと、たいていの人は成長しないんじゃないですかね。それぞれが役割を担い、壁にぶつかったり、場面場面で様々な失敗をしながら、少しずつ分かっていくのだと思います。
でも、今こんなことを言っていても1、2年後には、「いや〜、なんか分かったつもりで話していたけど、何も分かっていなかったなぁ」と思うかもしれない。でも、そう素直に思える人間でありたいという気持ちもあるんです。振り返って、そう思えるということは、自分自身が成長したことだと思いますから。
もうひとつ大事なことは、みんないいところもあれば、足りないところもあると思うんですね。いろんな煩悩、欲望があったり、わがままなところがある。そんな自分を認めて、そして許して、しかし少しでも良くなりたい、昨日の自分よりも、半年前の自分よりも少しでも成長したい。そういう気持ちが大事だと思います。いくつになっても聖人君子になんかなれないですよ。なれないけど、人間として成長したい。少しでも人の役に立つ人間になりたい。それが大事なことじゃないですかね。

※このインタビューは、2009年6月5日に行なわれたものです。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔整専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード