著名な柔道家インタビュー

  

山岸絵美1/2

柔道女子48kg級で活躍した山岸絵美氏。現役時代は国内外の大会で優勝をするなど数々の実績を残し、2015年に現役を引退。現在は三井住友海上女子柔道部の特別コーチを務めています。
今回のインタビューでは、山岸さんが柔道を始めたきっかけから、今後の目標までお伺いしました。

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

きっかけは父と弟

きっかけは父と弟

私が柔道を始めたきっかけは、父と弟が柔道をやっていたからです。実はあまりよく覚えていないのですが、気が付いたら私も自然と弟と一緒に練習へ行っていましたね。元々体を動かすことが好きだったので、結構早くから色々なことを吸収していました。

柔道の練習がない日は、弟と一緒に腕立て伏せや背筋、腹筋、チューブトレーニングなどの基礎トレーニング。それと、毎朝家族で早朝ランニングもしていましたね。独自の稽古などは特にやっていませんでしたが、基礎トレーニングは毎日しっかりと行なっていました。

本当は辞めようと思っていた柔道

本当は辞めようと思っていた柔道

中学2、3年生のときから、三井住友海上の柔道部の合宿によく参加させてもらい、そこで柳澤久監督にたくさん稽古を付けて頂きました。合宿には世界の前線で活躍している選手がたくさんいて、感激して正直練習どころではなかったですけどね。

中学3年生のとき(2001年)には、全国中学校柔道大会44kg級で優勝。本当は中学で柔道を辞めようと思っていたのですが、全国大会優勝の結果が自信になったこと、また合宿でたくさん稽古を付けてもらった経験が今後も活かせるのではないかと思い、高校でも柔道を続けることにしました。

負けられなかった高校時代

負けられなかった高校時代

高校は藤村女子高校に進学。しかし当時の練習は高校ではなく、三井住友海上の道場で選手の皆さんと一緒に取り組んでいました。

「三井住友海上の皆さんと練習をしているのに、高校生の大会で負けたら恥ずかしい」と思いながら常に戦っていましたね。先生や監督からも一流選手と同じ指導をして頂き、意識を高く持っていました。それでも、結構負けてしまっていたのですが…。

高校時代に印象に残っている大会は2002年に出場したアジアジュニア柔道選手権大会45kg級(以下、アジアジュニア)です。

実は、アジアジュニアには中学生3年生のとき(2001年)にも出場したことがあったのですが、そのときの結果は優勝には届かず、準優勝でした。だから、高校生になってもう一度出場することができ、優勝できたことはすごく心に残っていますね。

もうひとつ心に残っているのが、高校3年生時の2004年全国高等学校総合体育大会(以下、インターハイ)。女子48kg級が新設された年です。

ランダムで誰とでも当たる大会だったのですが、初戦の相手がまさかの小林咲里亜選手。当時ものすごく有名な強い選手で、とても緊張していたし、「初戦では負けられない」とか、色々な気持ちが混ざり合っていました。

そんな自分に対して「ダメだな」と思ってしまって、そこからはもう開き直りましたね。そうしたら、気持ちがスッキリして順調に進むことができて、インターハイ48kg級の初代チャンピオンになることができたんです。

原動力は金メダルを獲ること

原動力は金メダルを獲ること

高校卒業後は、三井住友海上に入社して、全日本選抜柔道体重別選手権大会(以下、選抜体重別)や柔道グランプリ・青島(青島国際柔道大会)など、国内外の様々な試合で結果を残すことができました。

当時は、「五輪(柔道)で金メダルを獲る」という目標を持ちながら、何事にも取り組んでいましたね。この目標のおかげで、どんなにきつい練習でも耐えることができたのかなと思っています。

2008年の北京五輪(柔道)が開催されるまでの間、国際大会で優勝するなど実績を残したのですが、残念ながら五輪代表に選出されることはありませんでした。安定した勝利がなく、それが原因で信頼もなかったかもしれません。力不足で選考に落ちる形となったのかなと感じます。

それでも、その時期は本当に怪我もなく、勢いが止まることのない一番良い時期だったと、自分では思っていますね。

インタビュー:2018年2月

このページのTOPへ

  • ホームメイトWebサイト10の姉妹サイトへ
  • 柔道チャンネル SNS公式アカウントのご紹介
  • 柔道チャンネル公式Facebook
  • 柔道チャンネル公式Twitter
  • 柔道チャンネル公式YouTube
  • 柔道チャンネル公式Instagram
  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

今回は著名な柔道家インタビューとして、山岸絵美氏にお話をお伺いしました。中学生の頃から三井住友海上女子柔道部の合宿に参加し、世界で活躍する選手達と練習をしてきた山岸氏。そして全国中学校柔道大会の44kg級、アジアジュニア柔道選手権大会の45kg級の両大会で優勝、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)柔道競技大会では、48kg級の初代チャンピオンとなるなど、学生の頃から数々の功績を残しました。実業団加入後も、数々の国内外の大会で優勝を飾りましたが、怪我をして上手くいかない時期も経験。引退後は、三井住友海上女子柔道部の特別コーチとして、指導する立場となりました。
このインタビューでは、山岸さんが柔道を始めたきっかけから今後の目標までお伺いしました。ぜひ、山岸さんの柔道に対する熱い思いをご覧下さい。

注目ワード