著名な柔道家インタビュー

上村春樹新講道館長&全日本柔道連盟会長インタビューその1

講道館長、全日本柔道連盟会長に就任した上村春樹氏に、柔道界の現状と今後、そして、ご自身の選手時代、監督時代の話など、幅広くお聞きしました。

上村春樹氏

プロフィール

  • 生年月日:1951年2月14日 出身地:熊本県宇城市 身 長:174cm
  • 主な戦歴

    • 1973年 | 世界柔道選手権大会(スイス:ローザンヌ) 無差別級 2位
       | 全日本柔道選手権大会 優勝
      1975年 | 世界柔道選手権大会(オーストリア:ウィーン) 無差別級 優勝
       | 全日本柔道選手権大会 優勝
      1976年 | モントリオールオリンピック柔道競技 無差別級 優勝
       | 全日本柔道選手権大会 3位
      1978年 | 嘉納治五郎杯国際柔道選手権大会 95kg超級 2位
      1979年 | 全日本柔道選手権大会 3位

講道館長、全日本柔道連盟会長として

講道館長・全日本柔道連盟会長になった今、何をやらなければいけないのか、自分に何を求められているのかと。私たちが後世に正しい柔道を伝えるためには何をしなければいけないのかということについて、今まで考えてきたことを整理して、その上で何をするかを決め、取り組んでいきたいと思っています。

世界に広まった『柔道』

127年前に嘉納治五郎師範により創始された柔道は、いまや世界中に広まり、現在199の国や地域が国際柔道連盟に加入するまでになりました。IOC(国際オリンピック委員会)が205の国や地域、FIFA(国際サッカー連盟)が208の国や地域の加盟数ですから、まだ100年ちょっとしか経っていない柔道がここまで広まっていることはすごいことだと思います。
そして、柔道はそれぞれの国が、その国に合った形、あるいはその国民性に合った柔道というのを作り上げてきました。その国に古来から伝わる格闘技の技術を柔道にミックスしたり、体の大きいところは体の大きい者に合ったような柔道が作られています。これについて、漢字の「柔道」と横文字の「JUDO」は違うというような表現をされることがありますが、私は一緒だと考えています。私たちは「JUDO」も全部受け止めて、同じ「柔道」として今後取り組んでいかないと、逆に、変な形になっていってしまうと思うのです。

今、私たちがすべきこととは?

上村春樹氏

柔道の目的は「己を完成し世を補益する」こと。つまり、柔道の修業を通じて、世の中のためになるような人になりなさい、ということです。教育としての柔道は、これからも地道な活動をしていかないといけないと考えています。
かたや、競技としての柔道も、もっとエキサイティングで面白いものにしていかなければならないと考えております。教育としての柔道と競技としての柔道が別かというと、決してそうではありません。
人によってはオリンピックチャンピオンになりたい、人によっては道場で自分の技を磨きたい。このように目的は様々でも、気持ちは一緒だと思うのです。これが融合したものを作っていかなければいけないと思っています。

国際ルールの改訂

オリンピックなどの際には、ルールのことが話題になることが多いですが、国際柔道において、私は以前から、ルールが行きつくところまで行ったら、必ず帰ってくるという考えをずっと持っていました。なぜかというと、競技そのものが面白くなくなるからです。ルールをあまりにも細分化したり、足取りやタックルみたいな、技とは言えないようなものが増えてきて、面白くなくなってきた。そこで「効果」は廃止し、そして下穿(ズボン)をいきなり持つことや極端に腰を曲げた姿勢などをやめさせるルールが作られました。それによって正しく組むようになってきました。
2月の『グランドスラム・パリ大会』も見てきましたが、いきなり足を取ったり、腰を曲げて組まさないような姿勢をとる選手が非常に少なくなってきている。だんだんいい方向に向かうという印象を受けました。
そういった世界的な流れを作るためにも、私たちは「正しく組んで、理にかなった技で一本を取る柔道」を目指していきたいと思っています。

ダメージが伴わなければ「一本」ではない!

柔道は、なんでもかんでも、ただ倒せばいいというものではありません。背中をついたら「一本」だと思われていますが、本来「一本」は背中をつくだけではなく、ダメージが伴わないと「一本」とは言わない。そのダメージを少なくするために受身があるわけです。
この前、ヨーロッパで議論した中で、「上村、柔道はもう日本だけの文化ではない」と言われました。そのときに私は「そうだ。柔道は日本だけのものではない。世界に根づいた柔道という文化なんだ」と答えました。よって今後も柔道を正しい方向に向かわせるように、私たちは協力して作っていかなくてはならないと思うのです。
こだわりを持って、柔道という文化を後世に正しく伝えていくことが私たちに与えられた仕事だと思います。今後も国際柔道連盟の人たちと議論していきます。

上村春樹氏

柔道の持つ、教育的な要素

少子化で子供たちが少なくなり、サッカー、野球、バレーボールをはじめ子供たちのやるスポーツも多様化してきている中、どのように柔道を広め、発展させていくかは今後の大きな課題です。昔はいくつかの限られたスポーツに集中していたので、子供たちも継続してやってくれましたが、今はそういう面ではだんだん厳しくなってきています。今後の柔道の発展のためには、柔道の良さ、柔道の持つ、人を育てる教育的な要素というものをさらに強くしていかなければいけないと考えています。
オリンピック種目で相手の首を絞めてもいい競技は柔道だけです。そういう危険な要素のあるスポーツを、大会として試合として、成り立たせるためには、きちんとした礼をする必要があるし、相手を思う気持ち、相手に感謝する気持ちがなくてはいけない。
礼というものの重要性もきちんとさせていきたいと思っています。その中で、一生懸命努力すること、あるいは我慢して続ける忍耐力とか、あるいは毎日やる継続の大切さとか、そういうことを感じて人は成長していくと思いますので、そういう指導法を、体系的に作り上げていかなければいけないと考えています。

※このインタビューは、2009年5月12日に行なわれたものです。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔整専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード