著名な柔道選手インタビュー

  

野村忠宏1/3

 

史上初アトランタ、シドニー、アテネ五輪(柔道)3連覇を達成した野村忠宏氏。ご自身の子供時代のお話から、試合に勝てなかった苦労時代など話をお伺いしました。

 

野村忠宏が現役引退を発表

のびのびと親しんだ柔道

のびのびと親しんだ柔道

実家のすぐ隣に、祖父が開いた「豊徳館野村柔道場」があったので、3歳の頃には柔道を始めていました。もちろん、当時の記憶はないので「始めていたらしい」というのが正確です(笑)。

野村家は祖父も父も叔父も柔道家で、文字通りの柔道一家です。しかし、祖父や父からは「柔道一家に生まれたのだから強くならなければいけない」とか、「もっと一生懸命練習しろ」と厳しく指導をされることはありませんでした。

そのお陰で、のびのびと柔道に親しむことができたし、「やらされている」という感覚はまったくなかったですね。

道場の畳の上で自由に転がったり、友達や近所のお兄ちゃん達と一緒に楽しく技を掛けあったり、祖父や師範の先生の目を盗んでカンフー遊びをしていた記憶もあります(笑)。

家庭環境からごく自然に柔道を始めましたが、小学校時代は水泳教室に通ったり、少年野球のチームにも入ったりして、決して「柔道一筋」というわけではありませんでした。

五輪王者を生んだ指導方針

五輪王者を生んだ指導方針

実家の道場では小学校卒業まで練習し、いくつかの技の基本と、体が小さかったので、軸になる背負い投げの基本を教わりました。

それよりも、当時厳しく言われたのは礼儀の部分。これは本当に厳しく指導されましたね。実際、試合で勝てなくても「なぜ勝てないんだ」とか、「どうしてあそこで技を掛けなかったんだ」と叱られた記憶はありません。

現在自分も、小学1年生の息子を週に一度、実家の道場に連れて行くのですが、親として祖父や父の教えをすごく大切にしています。

というのは、柔道一家に生まれながら、小学校時代にはプレッシャーを感じることなくのびのびと過ごせたことが、その後の自分にとって本当に良かったと思えるからです。

小学生の大会に行くと、試合会場ですごく厳しい親御さんがいますが、そういう様子を見ると「あの子はのびのびと柔道ができているのだろうか」と、少し胸が痛むこともあります。

自分は柔道選手として「弱い時期」が長かったので、特にそう思ってしまうんですけどね(笑)。

中学からは天理道場に通い始めました。多感な時期にさしかかり、なかなか試合で勝てず悩みもしましたが、柔道が嫌になったり、柔道を辞めたいとは思ったりしたことはありませんでした。

努力が実を結ばなくても、柔道を続けられた大きな原動力のひとつは、幼少期の祖父や父の教えのお陰だと思っています。「しっかりやらんか!」という指導で結果が出なければ、挫折したかもしれませんね。

俺は絶対に強くなれる

俺は絶対に強くなれる

自分は小さな頃から背も小さくてガリガリ。中学校に入ったときは体重が30kg程しかありませんでした。

中学校の軽量級は55kg以下級だったのですが、中学3年生になっても体重は45kg。柔道は1対1の勝負で勝ち負けがはっきりする競技ですし、ましてや中学時代の自分は試合にすらあまり出してもらえない選手だったので、なかなか自信を持つことはできませんでした。

それでも祖父や父からは「どうして強くなれないんだ」というプレッシャーは感じませんでした。今振り返ると、それが自分にとっては有り難かったのかもしれません。

ひとつ上の兄が強い選手だったので、弟の自分に対しては我慢して見守ってくれていたのか、本当にセンスがなくプレッシャーの掛けようがなかったのかは分かりませんけど(笑)、とにかく感謝しています。

だから、結果が出ないことに悩み、柔道を続けることを迷ったときでも、本気で柔道が嫌いになることはなかったんだと思います。

また、小学校までは家庭環境のなかで自然に柔道をしていましたが、自分自身の意志で「柔道で強くなるための稽古をしよう」と思ったのも中学生のときでしたね。

だから、試合で結果が出なくても、自分なりに考えて強くなる努力は続けていました。親の思いではなく、競技者として柔道の道を選択したのは自分自身なのだと、柔道に対する思いを強く持つようになれたことで、厳しい練習にも取り組むことができました。

それに、本当にたまにですが、練習で自分より強い先輩や体の大きな同級生を、3歳から道場で学んできた背負いで投げられることがあったのです。「いつになるかは分からないけれど、この背負い投げを磨き続ければ俺は絶対に強くなれるんだ」と、当時はそれが唯一の心の支えでしたね。

「今は自分の柔道に自信が持てないけれど、辞めてしまうのはもったいない、絶対に強くなるんだ」と、中学時代は努力を続けた先にある未来の自分に期待し続けていましたね。

闘志に火を点けた父の言葉

闘志に火を点けた父の言葉

天理高校に進学は決めていましたが、柔道部への入部には少し迷いがありました。

兄が先に入学していたので練習の厳しさも知っていたし、当時の天理高校では重量級がメイン。中学時代の最高成績が奈良県大会のベスト16、体重も50kgにも満たない自分が「天理でやっていけるのか?」って(笑)。

実際に、父からも「無理して柔道を続けなくても良い」と言われました。もちろん、柔道を辞める気はありませんでしたが、もしかすると、その父の言葉が柔道部入部の決断を後押ししてくれたのかもしれません。

やっぱり悔しかったですからね。「もっと自分を見てほしい、期待してほしい、今に見とれよ」って。

父としては「家庭環境のせいで無理をさせているんじゃないか」と親心というか、優しさというか、そういう思いだったのかもしれませんが、その言葉で自分のなかに火が点きました。

父は兄に対して「人の3倍努力する覚悟で来い。その覚悟がなければ来るな」って言ってましたからね。厳しい言葉だけれど、期待されていることが分かるじゃないですか。「兄貴にはそれで、俺にはこれか」と(笑)。

当時は親以外に自分に期待をしてくれる人もいなかったし、そこに優しさがあるにしても「無理するな」じゃなくて、もっと期待してほしいという思いが強かったので、やはり天理高校に入学する大きなきっかけになったと思います。

 

このページのTOPへ

  • ホームメイトWebサイト10の姉妹サイトへ
  • 柔道チャンネル SNS公式アカウントのご紹介
  • 柔道チャンネル公式Facebook
  • 柔道チャンネル公式Twitter
  • 柔道チャンネル公式YouTube
  • 柔道チャンネル公式Instagram
  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード