著名な柔道家インタビュー

薪谷翠 全日本柔道連盟女子シニアコーチその1

現在、ミキハウスの柔道部と、全日本女子シニア強化選手の育成に取り組んでいる薪谷 翠コーチ。
ご自身が現役のときに負った大怪我、そして奇跡の復活と金メダル獲得、そんな波乱万丈の柔道人生を中心にお話を伺いました。

薪谷翠氏

プロフィール

  • 生年月日:1980年8月15日 出身地:和歌山県 身長:163cm
  • 主な戦歴

    • 1997年 |
      全日本選抜柔道体重別選手権大会 78kg超級 3位
      1999年 |
      福岡国際女子柔道選手権1月大会 78kg超級 3位 無差別級 2位
       |
      福岡国際女子柔道選手権12月大会 無差別級 優勝
      全日本選抜柔道体重別選手権大会 78kg超級 2位
      2000年 |
      全日本選抜柔道体重別選手権大会 78kg超級 3位
      2001年 |
      世界柔道選手権大会(ドイツ:ミュンヘン) 78kg超級 2位
       |
      皇后盃全日本女子柔道選手権大会 優勝
      アジア柔道選手権大会 無差別級 優勝
       |
      福岡国際女子柔道選手権大会 78kg超級 2位 無差別級 優勝
      全日本選抜柔道体重別選手権大会 78kg超級 優勝
      2002年 |
      フランス国際柔道大会 78kg超級 優勝
      皇后盃全日本女子柔道選手権大会 2位
       |
      全日本選抜柔道体重別選手権大会 78kg超級 優勝
      2004年 |
      アメリカ国際柔道大会 78kg超級 優勝
       |
      皇后盃全日本女子柔道選手権大会 2位
      全日本選抜柔道体重別選手権大会 78kg超級 2位
       |
      福岡国際女子柔道選手権大会 78kg超級 2位 無差別級 2位
      2005年 |
      世界柔道選手権大会(エジプト:カイロ) 無差別級 優勝
       |
      皇后盃全日本女子柔道選手権大会 2位
      全日本選抜柔道体重別選手権大会 78kg超級 2位
      2006年 |
      福岡国際女子柔道選手権大会 78kg超級 3位 無差別級 優勝
      2007年 |
      全日本選抜柔道体重別選手権大会 78kg超級 2位
      2008年 |
      皇后盃全日本女子柔道選手権大会 2位

スカウトと父親からの勧めで始めた柔道

薪谷翠氏柔道を始めたのは、地元(和歌山)の道場の先生からのスカウトがきっかけです。小学生のときから、いい体型をしていたので(笑)、由良少年柔道教室の藤本先生が、「ぜひ、柔道をやらないか」と声をかけて下さいました。

私としては近所のお兄さんが甲子園に出場した影響があり、野球が好きだったので、地元の少年野球チームに入団をお願いしたんですが、女子はダメだと断られたんです。

当初は「柔道」という競技を知らなかったのですが、警察官だった父の勧めで、小学3年生から道場に通うようになりました。

本当は優しい父親

小学生時代の柔道の思い出と言えば、何といっても父が厳しかったことですね。とにかくスパルタでした。年上だろうが格上だろうが、どんな相手との試合でも、投げられると父にしばかれるので、毎日びびりながら練習をしていました。

今は笑って話せますけど、当時は、練習に行くことも強制的で嫌でしたし、殴られるのはもっと嫌でした。だから、練習をサボろうとして風邪を引いたふりとか体調が悪いふりをして、父をごまかそうとも試みましたね。子供の頃って誰でもそんな経験ありますよね?

でも、低い声で「練習行かへんのか?」って聞かれると、その一言が怖くて「あ、行きます」って、仮病もあっさり終了でした(笑)。また、見てないだろうと思ってちょっと手を抜くと、実はしっかり見られていて、バチーンと張り手が飛んでくるとか、そんなこともありました。

それでも、試合に勝つと、私自身も柔道が楽しくなってくるし、勝ちたいと思うようになり、練習もやる気が出て頑張れましたね。父も練習もすごく厳しかったんですけど、辞めたいと思ったことはありませんでした。

父の厳しさに対しては、今ではちゃんと感謝できますが、当時はやっぱり厳しすぎて、中学に入ったら親元から離れる予定でしたので、小学生のうちは我慢しようと思っていました。

そんな父も厳しかったのは柔道のときだけで、他のときは優しかったですよ。でもずっと柔道漬けの毎日だったので、結局は大体いつも厳しかったってことですけどね(笑)。

練習熱心だった父親と、柔道漬けの毎日

薪谷翠氏父は、自宅にも柔道の練習をするために畳を4畳分買ってくれたので、道場で稽古のない日には、近所に住む道場仲間を捕まえて、打込みの練習などを自宅でやっていました。柔道に対して本当に一生懸命に尽くしてくれましたね。

また父の勧めで、寝技強化のためにレスリングも始めました。それで全国大会にも出場して日本一になれたのですが、それはレスリングの成果ではなく、柔道の技を使って勝ったようなものでした。

結局、柔道の強化にはならないと判断し、レスリングは2年弱で辞めてしまいましたね。やはり、基本は柔道一本ということです。

柔道のために4度の転校

中学生になって、初めの頃には大阪に住む祖母の家でお世話になり、そこから兵庫県西宮市の夙川(しゅくがわ)学院中学校に通うことになりました。夙川学院は柔道でも名門と言われる女子校です。

しかし、それまでの練習相手が、ほとんど男子だったこともあり、体格的にも力でも格上の相手と組み合って練習してきたので、技術的にレベルが同じくらいの相手だと、乱取りで投げられることが少なかったんです。もっと上のレベルを目指すには、この環境で大丈夫かと父は不安になったようで、数ヵ月のうちに転校先を見つけてきました。

そして、実家から通える和歌山県立箕島中学校に移りました。そこでは柔道部員も多く、練習については十分だったのですが、自宅から遠く、通学時間が長くかかっていました。そしてある日、通学中に怪我をしてしまったんです。

すると父の「怪我したら練習できないし、道中で怪我をするくらいなら通う必要ないやろ」との一言で、もっと自宅近くの那賀町立那賀中学校に転校が決定。

そして中学3年生になると、国体に向けて柔道部の強化中だった大阪工業大学高校(現・常翔学園高等学校)からのお誘いもあり、入学が決まっていましたので、入学前から出稽古に通えるよう、近くの大阪市立大宮中学校に4度目の転校をしました。柔道のためとは言え、やっと打ち解けて慣れてきたと思ったら、すぐ転校だったので大変でした。

もともと人見知りの性格なので、転校するのは辛かったですね。割と気さくに誰とでも話せるタイプに見られるのですが、実は人に話しかけるのは、昔も今もすごく苦手です(笑)。 喋りかけてもらうと、安心して話せてすぐ仲良くなれるんですが、自分から積極的に話せないタイプなので大変です。

だから、転校直後は毎回緊張するんですが、一度打ち解けることができればたくさん喋るので、今でも連絡を取り合っている仲の良い友達も居ます。ですので、私の場合は、転校は悪いことだけではなかったと思います。

※2010年8月現在