著名な柔道選手インタビュー

  

大野将平1/4

井上康生監督に「金メダルに一番近い男」と称され、その言葉通りリオデジャネイロ五輪(柔道)73kg級で金メダルを獲得した大野将平選手。
その強さを育てた学生時代の思い出や、リオデジャネイロ五輪(柔道)での心境、また4年後の東京五輪(柔道)に対する思いも語って頂きました。

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

兄と親戚の影響で始めた柔道

兄と親戚の影響で始めた柔道

7歳のときに松美柔道スポーツ少年団で柔道を始めました。

以前から柔道に興味があった訳ではないのですが、兄が先に柔道を始めていたし親戚のおじさんが道場の先生をやっていたので、道場に遊びに行く延長で柔道を始めたという感覚ですね。

親元を離れ講道学舎に入門

親元を離れ講道学舎に入門

中学生の頃に上京して講道学舎に入門しました。この時期には辛かった思い出しかないですね。

講道学舎に入る前は楽観的な気持ちでした。先に上京していた兄がとても強かったので、自分も兄と同じ道を辿って東京に行けば強くなれると思っていたんです。でも母はすでに講道学舎の厳しさを知っていたので、「上京したい」と言ったときにすごく引き止められたのを覚えています。

私は楽観的な考えでいたのですが、兄に比べると体が小さかったこともあり、親には「1年間で10kg体を大きくしたら入門しても良い」という条件を出されました。それで約束通り頑張って10kg増量し、講道学舎に入門しました。

初めての挫折

初めての挫折

世田谷学園高校に進学し、2年生のときに個人戦で2008年の全国高等学校総合体育大会(インターハイ)柔道競技大会で優勝することができました。

ですが3年生になると体の大きい選手と戦うことが増えて、まだ自分の体もでき上がっていなかったので怪我ばかりしていましたね。3年生のときには全国大会にも出場できませんでした。

一度チャンピオンを経験したあとの初めての挫折だったので、その頃には辛い思いをしましたね。

天理大学に進学し、伝統的な天理柔道を学ぶ

天理大学に進学し、伝統的な天理柔道を学ぶ

天理大学と講道学舎の柔道スタイルは、「正しく組んで正しく投げる」という点で通ずるものがあると思います。

講道学舎では基礎を叩き込んでもらって土台が作られましたし、本当に強くしてもらいましたが、やはり荒削りな部分はありました。それが天理大学で角が取れて丸くなり、綺麗な円になっていったのだと思います。

数々の大会で自覚が芽生えたターニングポイント

数々の大会で自覚が芽生えたターニングポイント

大学1年生のときに、当時全日本柔道連盟の関係者だった篠原信一監督が特例で私をジュニアからシニアに引き上げて下さり、シニアの合宿に参加するようになりました。そこで少しずつ大人の選手たちと戦うことに慣れていった感じですね。

2012年にはロンドン五輪(柔道)を大学の研修で視察し、天理大学の先輩である穴井隆将選手(現・天理大学柔道部監督)の試合を見させて頂きました。その次の日に穴井選手とお話をしたのですが、「もう現役を辞めるつもりだ」ということをおっしゃっていて。

そして実際に穴井選手が引退されたとき、「これからは自分が頑張らなくてはいけない」と思いました。天理大学の柔道を終わらせてはいけないという気持ちが芽生えたんです。

そこから、講道館杯全日本柔道体重別選手権大会や柔道グランドスラム東京で優勝することができました。初めて「自分がやらなければいけない」という自覚が芽生えたこの2つの試合が、自分にとってのターニングポイントであったと思います。

 

インタビュー:2016年9月

このページのTOPへ

柔道チャンネル 公式Youtubeチャンネル

柔道チャンネルTVで動画を観る

  • ホームメイトWebサイト10の姉妹サイトへ
  • 柔道チャンネル SNS公式アカウントのご紹介
  • 柔道チャンネル公式Facebook
  • 柔道チャンネル公式Twitter
  • 柔道チャンネル公式YouTube
  • 柔道チャンネル公式Instagram
  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

東建グループがお届けする柔道情報サイト「柔道チャンネル」では、リオデジャネイロ五輪(柔道)を終えた選手・監督のインタビューを一挙公開!今回は、リオデジャネイロ五輪(柔道)73kg級で見事金メダルを獲得した大野将平選手にお話を伺いました。親戚と兄の影響で7歳から柔道を始め、講道学舎、世田谷学園高校、天理大学と、着々と柔道家への道を歩んできた大野選手。現在は天理大学大学院と旭化成に所属し、数々の大会で優勝を飾っています。こちらのページでは、井上康生監督に「金メダルに一番近い男」と言わしめた大野選手の強さの秘密や、リオデジャネイロ五輪(柔道)でのエピソード、4年後の東京五輪(柔道)に対する思い、ファンへのメッセージなど、貴重なお話をたっぷり掲載。
柔道好き必見の大野将平選手インタビューを、ぜひお楽しみ下さい。

注目ワード