著名な柔道家インタビュー

野村豊和 ミュンヘン柔道競技(五輪)金メダリスト その1

1972年のミュンヘン柔道競技(五輪)、1973年世界柔道選手権ローザンヌ大会の金メダリストであり、五輪3連覇を成し遂げた野村忠宏選手の叔父にあたる野村豊和氏に、現在の柔道に対する思いや野村忠宏選手の子供時代などのお話を伺いました。

野村豊和氏

プロフィール

  • 生年月日:1949年7月14日 出身地:奈良県広陵町 身長:165cm
  • 主な戦歴

    • 1969年 |
      世界柔道選手権大会(メキシコ:メキシコシティー) 軽量級(63kg以下) 2位
      1970年 |
      アジア柔道選手権大会(中国台北:高雄市) 軽中量級 優勝
      1971年 |
      世界柔道選手権大会(ドイツ:ルートヴィヒスハーフェン) 軽量級(63kg以下) 2位
      1972年 |
      全日本選抜柔道体重別選手権大会 軽中量級 優勝
      ミュンヘン柔道競技(五輪) 軽中量級 優勝
      1973年 |
      世界柔道選手権大会(スイス:ローザンヌ) 軽中量級(70kg以下) 優勝

父親の道場開設をきっかけに始めた柔道

野村豊和氏柔道は、小学5年生のときに、父親の彦忠が豊徳館道場を開設したのをきっかけに始めました。

それまでは、よく風邪を引くひ弱な子供でしたね。それが柔道を1年間続けて6年生になると、体が丈夫になり、健康になったことが自分としては嬉しく、始めて良かったと思いましたね。

その後、広陵中学校に入学したのですが、当時柔道部がありませんでした。それで仕方なく、豊徳館道場で練習をしておりましたが、ここでは少年柔道がなく大人としか練習ができませんでした。誰も子供扱いをしてくれませんので、相当きつい練習でしたね。

そして、中学3年生のときに、生徒総会で柔道部を作ってくれと懇願し、ようやく中学校に柔道部が創部され、数ヵ月後には、近畿大会に初めて個人として出場し、順調に勝ち進みました。

しかし、準決勝の松室選手との対戦では、なかなか勝負がつかず、延長になっても決着がつきませんでした。挙げ句の果て、じゃんけんで勝敗を決めることになり、負けて決勝へは行けなかったという苦い思い出があります。

兄との思い出

父親も兄も柔道に携わっていたため、私も中学校を卒業してからは兄と同じ天理高校天理大学へと進み、柔道を続けました。

兄とは年齢が6歳も離れていたせいか、子供の頃一緒に遊んだ記憶はあまりありません。ですが、兄が天理高校の教師となってからは、技のアドバイスをしてもらったり、よく柔道の話を2人でしましたね。

私の得意な背負投小内刈巴投など身長が低い人でもかけられる技は、兄から教えてもらいました。兄が、指導者として近くに居てくれたことは、私にとっては良い環境だったと思います。

高校時代の練習

野村豊和氏私が天理高校に入った理由は、柔道の名門で自分の柔道がどこまで通じるのかを試したかったからです。試すといっても決して負けたくなかったので、常に勝つためにどうすればいいかを追求していきました。

高校入学時に、ユニバーシアードや、全日本選抜体重別選手権大会で優勝経験のある山崎祐次郎さんが天理大学におられ、それまでの相手の懐に入る背負投と全く違う、相手を引き出して繰り出す背負を教えて頂きました。

あと、山崎さんから毎日打ち込みをやるように言われたので、勉強が終わった夜10時くらいから自転車のチューブを使用して千本打ち込みを一人でやっていましたね。

当時の天理高校には3年生の橋本さんや左右田さん、2年生の磯本さん、諸井さんなど、手本となる先輩がおり、私と同じ学年でも近畿でベスト5の選手が集まっているんです。

強豪揃いで選手層も厚かったのですが、そんな中でも一部員で終わりたくなかったし、同じ苦労をするなら結果を出したいと思っていました。

私は体重が65kgしかなく、練習では力の差、体重や身長の差を見せつけられて厳しい面もありましたが、常に目標を持って練習をしていたので、練習自体はそれ程嫌ではなかったです。夜も一人で打ち込みをしたり、夏休みや休日には一人で走って、練習をしていました。

当時は朝のトレーニングを1時間、夕方は短くても2時間、多いときで3時間、夜は先輩達が寝てから1時間くらいトレーニングをしていましたので、1日約5時間くらいは練習をしていましたね。

天理高校の柔道部では、負けることの惨めさを教わりました。その惨めさを思えば、相手に勝つために努力をしたほうが私自身納得できると思い、一生懸命練習に打ち込めましたね。

柔道に取り組む姿勢が継承された

以前、天理高校の後輩である藤猪省太君が「野村さんはあまり柔道に関して教えてくれませんでした」と言っていましたが、私も山崎さんに背負投を教えて頂いたのはほんのわずかで、その代わりに千本打ち込みを毎日やるように指導されました。分からないことも多かったのですが、いちいち教えを請うわけにもいきませんので、自分で発見したり考えたりしましたね。

背負投でも私と藤猪君では似た部分もあれば、違う部分もあり、技にも個性があります。

私の場合は、背負投を得意とする先輩が周りにはいませんでしたので、参考にすることができず、自分が練習するときの問題点や反省点をノートに書いて、次の練習の対策を考えていました。これを毎日繰り返すことによって、いろいろな発見ができ、インターハイでの優勝、国体での団体優勝につながったと思います。

藤猪君が私をライバルという目で見ていたということを聞きましたが、私自身は、毎日の練習に打ち込んでおり、ライバルとして意識する余裕がなく、柔道部での生活を送ることで精一杯でしたね。ただ、藤猪君が私の練習を常に見ており、私と同じように夜の打ち込みをやっていたので、それによって藤猪君も強くなったと思います。

私の頃の天理高校は国体で完全優勝を成し遂げ、藤猪君は全国優勝をするなど輝かしい栄冠を勝ち取っています。これも練習に励む先輩がいて、それを後輩が見習うといった柔道に取り組む姿勢が代々引き継がれたからだと思っています。

※2010年12月現在


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔整専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード