著名な柔道家インタビュー

  

南條充寿1/3

4歳から柔道を始め、全日本柔道連盟の強化選手として活躍。現在は仙台大学教授として柔道部の総監督を務めながら、全日本女子代表チームの監督に就任している南條充寿氏。
これまでに選手、北京五輪(柔道)代表チームの総務、コーチ、そして監督と幅広い経験を積んできた中で得たもの、そしてリオデジャネイロ五輪(柔道)で感じた思いや、これからの大会を勝ち抜くための戦略を語って頂きました。

インタビューの動画を見る
  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

厳しい練習に耐え、技の研究に明け暮れた幼少期

厳しい練習に耐え、技の研究に明け暮れた幼少期

柔道を始めたのは4歳のとき。父親が柔道家で、気が付いたら自分も柔道をしていたという感じでした。

道場での練習はとにかく厳しく、当時は楽しいという感覚はありませんでした。小学生の頃は県で1位、2位の成績だったので、「どんどん強くなれ、強くなれ」と言われ続けていましたね。

当時出始めの大きなビデオカメラを使って試合を撮り、それを何度も巻き戻して見ながら研究をしました。今の選手は自分の試合を積極的に見る機会も多く、自分の良い所を見つけている印象を受けますが、私は全くの逆。まず駄目な所をチェックされていた記憶がありますので、今でもビデオを見るのはまだ抵抗がありますね。

現役時代の印象的な試合

現役時代の印象的な試合

新田高校から筑波大学、そして社会人へとどんどん上の成績を求めて競技活動をしていましたが、競技成績的にも世界柔道選手権大会(以下、世界選手権)などの大きな舞台がなかなか見え辛い位置にいました。

そういった中で、国際大会などに出場するチャンスを頂き勝利したのは、やはり印象に残っています。海外に行って外国人選手と試合をすることが、ひとつの目標でもありましたのでね。その経験が今に活きている部分はあります。

ただ、どれが印象に残っているかと聞かれたら少し難しいですね。勝った試合も負けた試合も、どの試合もやはり印象深いものがあります。

全日本チームのサポートを経験して得たもの

全日本チームのサポートを経験して得たもの

引退後、当時全日本柔道連盟の強化委員長だった斉藤仁先生にお声掛け頂いて、2008年の北京五輪(柔道)代表チームの総務に就任しました。

現役の頃、選手としての目線で全日本チーム(以下、全日本)のスタッフを見ていたときは「良いなぁ好き勝手なことばっかり言って、楽なんだろうなぁ」という印象を持っていたのですが、実際に北京までのサポートをさせてもらって、「あ、こういうことまでしなきゃいけないんだ」ということを実感しましたね。

その経験は全日本での活動や、仙台大学での指導の中でもすごく活きています。今まで私自身「甘ったるい生活をしていたんだなぁ」ということは、日々感じますね。

組織の一員としてやらなければいけないこと、全日本だけではなく、チームや組織というものがこういう風に動いているのだということを、細かく教えてくれた4年間であったと思います。

女子代表チーム監督としての苦労

女子代表チーム監督としての苦労

選手との距離感が非常に難しかったです。近すぎず遠すぎずという距離を保ち、その上で全日本の使命として、「1個でも多くの金メダルを獲る」という大きな目標がありました。それを実現させるためには何をしていかなければならないのか、という部分ですごく悩みましたね。

全日本でああいった問題(暴力的指導、助成金の不適切受給など)があって、これまで私自身が競技者としてやってきたことや、コーチングの活動で勉強させてもらってきたことを見直さなければならない、という局面に立たされていました。そういった意味でも、選手への色々なアプローチの仕方や距離感には苦労しましたね。

 

インタビュー:2016年8月

このページのTOPへ

柔道チャンネル 公式Youtubeチャンネル

柔道チャンネルTVで動画を観る

  • ホームメイトWebサイト10の姉妹サイトへ
  • 柔道チャンネル SNS公式アカウントのご紹介
  • 柔道チャンネル公式Facebook
  • 柔道チャンネル公式Twitter
  • 柔道チャンネル公式YouTube
  • 柔道チャンネル公式Instagram
  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

東建グループがお届けする柔道情報サイト「柔道チャンネル」では、リオデジャネイロ五輪(柔道)を終えた選手・監督のインタビューを一挙公開!今回は、リオデジャネイロ五輪(柔道)7階級中5階級で見事メダルを獲得した女子代表チームの監督、南條充寿氏にお話を伺いました。全日本柔道連盟の強化選手として活躍し、北京五輪(柔道)代表チームの総務、ヘッドコーチ、そして監督と幅広い経験を積んできた南條氏。幅広い経験の中で得たものや、女子代表監督としての苦労、そしてリオデジャネイロ五輪(柔道)で感じた思いをたっぷり語って頂きました。また今後の目標や、4年後の東京を目指す選手たちへのアドバイスもございます。
柔道好き必見の、南條充寿監督インタビュー。ぜひお楽しみ下さい。

注目ワード