著名な柔道選手インタビュー

  

中矢力1/2

中学生時代から、多数の入賞を飾り、世界柔道選手権大会でも優勝を勝ち取った中矢力選手(綜合警備保障:ALSOK)。
過去に、多くの栄光がプレッシャーとなり不調に陥ってしまった時期があったとき、どん底から救ってくれたのは、「母の言葉」。
中矢選手はこれまでどのように柔道と共に歩んできたのでしょうか。中矢選手のこれまでの柔道人生に迫ります。

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

柔道を始めたきっかけは兄

柔道を始めたきっかけは兄

私が柔道を始めたきっかけは、3歳上の兄が柔道をやっていたことです。その兄の背中を追って私も幼稚園の頃に「三津浜柔道会(みつはまじゅうどうかい)」で柔道を始めることになりました。

それでも初めは遊び感覚。当時私が勝てない女の子がいたのですが、「その子に勝ったら辞める」という条件だったんです。しかし勝っても結局辞められなくて、今までずっと続けていますね。

その後、「伊予柔道会(いよじゅうどうかい)」に兄と移籍したのですが、その理由は当時、伊予柔道会は大変強い道場で、その強い道場で「練習をしたい、試合に出たい」という気持ちがあったからです。そして、両親もやはり強い道場で練習させたいという想いがあったのだと思います。

道場での稽古がない日は、家で父、兄と柔道の練習。道場でするような乱取り稽古などはできないのですが、家に畳を敷いて打ち込みや投げ込み、ウエイトトレーニングなどのトレーニングもしていました。マンションに住んでいたので、階段を走るなど、基礎体力を付ける練習も行なっていましたね。

死に物狂いで練習した中学時代

死に物狂いで練習した中学時代

中学は松山市立西中学校愛媛県)に入学し、3年時には2004年全国中学校柔道大会で2位になることができました。

しかし在籍していた松山市立西中学校の柔道部は、同学年の人数が少なく、練習環境も良いとは言えなかったので、あまり存分に練習することはできなかったように思います。

ですので、部活の練習が終わってから道場に行って、練習をしていました。その積み重ねが結果に繋がったのかもしれません。その時代は、毎日稽古が厳しかったので、「死に物狂いでやっていたなあ」と今になっては思い出ですね。

試合で印象的だったのは、中学2年時(2003年)に初めて優勝することができた、西日本少年柔道大会ですね。広島県で開催される大きな大会で、毎年出場していたのになかなか勝てずにいたので、とても印象に残っています。

賞品は広島県なので「しゃもじ」(笑)。大きなしゃもじを頂きました。とても嬉しかったのを今でも覚えています。

高校生からの目標は「世界」

高校生からの目標は「世界」

高校は、新田高校に進学。2年時に2006年全国高等学校総合体育大会(以下、インターハイ)73kg級で優勝、2007年の3年時には全日本ジュニア柔道体重別選手権大会で優勝するなど、好成績を残すことができました。

高校生になると「世界を目標にして戦わないといけない」という意識があったので、「なんとしてでも全国大会で良い成績を出す」ということを心がけて戦っていました。それから、やはり「負けてしまったら落とされる」という思いがあったので、必死にしがみついてでも柔道をやらなければいけない、と考えていました。

高い目標を持って戦えるようになったのは、高校生からです。中学生までは、世界なんて意識していなかったのですが、高校生からは世界で戦っても結果を求められるようになったので、その頃から「結果を出さないといけないな」と思い始めました。

高校時代、もっとも印象に残っている大会は、やはり2年時のインターハイ(2006年)。夏で気温が高い中、団体戦を決勝トーナメントまで戦い抜き、そのすぐあとに個人戦を6〜7試合行なったのですが、体力的にすごくきつかったですね。

「体力がもつかな」と心配だったのですが、最後まで諦めずに戦って、個人戦で優勝を果たすことができました。団体戦で優勝ができなかっただけに、とても嬉しかったですね。今でもすごく心に残っています。

東海大学進学にも大きな影響を与えた兄

東海大学進学にも大きな影響を与えた兄

2008年には、東海大学に進学しました。大学選びのときはすごく迷いましたが、一番の決め手はやはり、3歳上の兄が東海大学にいたので、すごく入りやすかったことです。他にも高校や道場の先輩も多く東海大学に進学していたので、なおさら入りやすかったですね。

さらに東海大学からも声を掛けて頂いたので、進学を決めました。「日本のトップで戦っている集団の中で柔道ができる」ということに、とても嬉しくなりましたね。

母の言葉で達成した連続優勝

母の言葉で達成した連続優勝

大学入学後は、2008年全日本ジュニア柔道体重別選手権大会(以下、ジュニア選手権)、2009年全日本学生柔道体重別選手権大会(以下、学生選手権)、2010年講道館杯全日本柔道体重別選手権大会(以下、講道館杯)、柔道グランドスラム東京(以下、グランドスラム東京)と、立て続けに初優勝を飾ることができました。

ジュニア選手権のときも学生選手権のときも、普段の練習通りに力を出すことができ、優勝することができたのですが、ジュニア選手権は20歳以下、学生選手権は学生の大会。

一方、講道館杯やグランドスラム東京はシニアの大会だけに、やはり社会人の対戦相手が多く、勝つのがしんどかったですね。それでも勝つことができたのは、やはり母の言葉があったからでしょうか。

以前に、国際大会に出場してもまったく勝てず、すごく苦しい時期がありました。そんな大学3年生のとき、母から「でもまだ諦めない!諦めなければ、きっとチャンスは来る!」というような言葉を掛けてもらったんです。その言葉で、「ここでひと踏ん張りしよう!」と奮起することができたんですよね。

2010年の講道館杯、グランドスラム東京での優勝は、そうして勝ち取ったもの。ですので、これらの優勝は母の言葉がなかったら実現できなかったと思っています。

 

インタビュー:2017年10月

このページのTOPへ

  • ホームメイトWebサイト10の姉妹サイトへ
  • 柔道チャンネル SNS公式アカウントのご紹介
  • 柔道チャンネル公式Facebook
  • 柔道チャンネル公式Twitter
  • 柔道チャンネル公式YouTube
  • 柔道チャンネル公式Instagram
  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

兄の背中を追うように、幼稚園の頃に柔道を開始。初めは遊び感覚で「自分が勝てない女の子に勝てたら辞める」という条件だったそう。しかし今では、「勝てても辞められなくて今までずっと続けてきました」と笑いながらふりかえってくれた中矢選手。数多い栄光と、ライバルからの敗退などで味わわされた挫折。その挫折は非常に辛いものだったに違いありません。階級も、中学生の頃から14年間キープし続けた73kg級から81kg級に上げることを公表しました。栄光のプレッシャーがない階級で、新世界へのチャレンジです。
柔道チャンネルの著名な柔道選手インタビュー。中矢力選手の今の声をどうぞお楽しみ下さい。

注目ワード