著名な柔道家インタビュー

中村兼三 全日本柔道連盟男子ナショナルチームコーチその1

三兄弟揃ってのアトランタ五輪(柔道)出場。そして、金メダルでのガッツポーズが印象深い中村家の三男・兼三氏。

兄弟の仲の良さや恩師の教えなどについてお話を伺いました。

中村兼三氏

プロフィール

  • 生年月日:1973年10月18日 出身地:福岡県福岡市 身長:178cm
  • 主な戦歴

    • 1993年 |
      講道館杯全日本柔道体重別選手権大会 71kg級 優勝
      全日本選抜柔道体重別選手権大会 71kg級 3位
      1994年 |
      全日本選抜柔道体重別選手権大会 71kg級 3位
      1995年 |
      全日本選抜柔道体重別選手権大会 71kg級 2位
       |
      ユニバーシアード(福岡) 71kg級 優勝
      講道館杯全日本柔道体重別選手権大会 71kg級 優勝
       |
      アジア柔道選手権大会(インド:ニューデリー) 71kg級 優勝
      1996年 |
      フランス国際柔道大会 71kg級 優勝
       |
      全日本選抜柔道体重別選手権大会 71kg級 優勝
      アトランタ五輪(柔道) 71kg級 優勝
      1997年 |
      全日本選抜柔道体重別選手権大会 71kg級 2位
      世界柔道選手権大会(フランス:パリ) 71kg級 優勝
      1998年 |
      フランス国際柔道大会 73kg級 2位
      日本選抜柔道体重別選手権大会 73kg級 優勝
      1999年 |
      全日本選抜柔道体重別選手権大会 73kg級 優勝
      2000年 |
      全日本選抜柔道体重別選手権大会 73kg級 優勝
       |
      講道館杯全日本柔道体重別選手権大会 81kg級 優勝
      2001年 |
      フランス国際柔道大会 81kg級 優勝
       |
      全日本選抜柔道体重別選手権大会 81kg級 2位
      2002年 |
      全日本選抜柔道体重別選手権大会 81kg級 優勝
      2003年 |
      嘉納治五郎杯東京国際柔道大会 81kg級 優勝
      フランス国際柔道大会 81kg級 優勝
       |
      全日本選抜柔道体重別選手権大会 81kg級 2位

幼き三兄弟の夢は五輪

中村兼三氏 長男(佳央)が、小学3年生のときに福岡県警の警察官だった伯父の勧めで、近所の柔道教室に通いました。その2ヵ月後くらいに、次男(行成)と僕が、一緒に道場へ見学に行って、いつのまにか入門していました。これが、柔道との出会いです。

柔ちゃん(谷亮子さん)も通っていた道場で、全国的にも結構強い道場でした。

子供の頃は、些細なことでよく兄弟喧嘩していましたね。僕と長男は3歳離れているので、たいした喧嘩にはならなかったのですが、次男とはよく喧嘩しました。次男は、体が小さいながらも運動センスが良く動きが早いので、ボコボコにやられるんですよ。

そうすると、長男が止めに入ってくれるんですが、負けん気の強い次男はあっさりとは引かないので、いつの間にか長男対次男の喧嘩にすり替わっているんです。

それで、結局僕は横で見ているだけ、みたいな感じになることが多かったですね。 大きくなってからはやりませんけどね(笑)。 それでも、小学生の頃はロサンゼルス五輪(柔道)で山下泰裕先生が活躍するのをテレビで見て「俺たちも頑張ろう」「3人揃って五輪へ行こう」って、言っていましたね。

三兄弟だからこその柔道環境

子供の頃、長男は3歳下の僕には本気で練習相手をしなくて、どちらかというと、指導者的な立場にいたような感じでしたが、次男は体が小さく、歳も近いので、ちょうどいい練習相手でしたね。常に練習のパートナーがいて、指導者もいる恵まれた環境でした。

家でも一緒に試合のビデオを見て「ここはこうした方がいい」とか、具体的に技を研究したりして、身近にそんな環境があったことは良かったと思います。3人とも柔道スタイルが違っていたので、それぞれ技の研究や分析をすることで、対戦相手のイメージもしやすいし、勉強にもなりました。

だから試合になると、たとえ自分が勝った大会でも、兄弟のうち誰かが負けると、一緒に負けた気持ちになって、「浮かれずに次も勝てるように頑張ろう」と気が引き締まってましたね。逆に自分が負けても兄弟が勝つと、「次は自分も勝つぞ」と落ち込まず前向きになれました。

そういった感情を共有できたのは、兄弟だからこそだと思いますね。

中学から高校での心境の変化

中村兼三氏長男と次男は、中学時代から全国大会でも活躍しておりました。当時、僕は九州の中学生大会で一回戦負けするレベルで、まだまだ弱かったのですが、「兄貴たちがあれ程強いんだから、自分もきっと強いはず」と、高をくくって練習の取り組みにも甘いものがありました。

そんな折、兄達の通う東海大学付属第五高等学校の先生が、僕を見込んでスカウトして下さり、兄達と同じ条件で同校に入学が決まったんです。

ですが、高校生になり、年を追うごとに「上2人は強いけど、末っ子はそんなに強くないな」と、周りの目が厳しくなってきたのを感じてました。

スカウトして下さった先生にも、自分で実績を作って恩返ししなくてはという気持ちが強くなり、「俺もしっかりやらなきゃ」と気を引き締め、本気で強くなろうと切実に思い、柔道への取り組み方が変わりましたね。

それが全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の優勝につながったんだと思います。

講道館杯優勝から近づいた世界の舞台

1991年の全国高等学校総合体育大会(インターハイ)優勝後、1年くらいは全国大会や全日本学生柔道体重別選手権大会に出場するものの、予選敗退など、なかなか勝てない時期がありました。

その頃は減量も結構大変な時期で、1993年の講道館杯全日本柔道体重別選手権大会まで71kg級で頑張って、そこでダメなら階級を上げようと思っていました。講道館杯全日本柔道体重別選手権大会に照準を合わせて、持てるもの全部を懸けて挑みましたね。

結果は見事優勝。そのときようやく、世界が近くなったような気がしてきました。

兄達は既にそのレベルに達していたので、子供の頃からの「3人で五輪に出る」という夢は、自分さえ頑張れば叶うかもしれない。 それには自分が早く2人に追いつくしかないと、自分を奮い立たせましたね。

※2010年10月現在


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード