著名な柔道家インタビュー

古賀稔彦 環太平洋大学の教授&柔道部総監督インタビューその1

※2012年3月に医学博士号を取得されました。

環太平洋大学の教授&柔道部総監督、日本健康医療専門学校の校長、古賀塾の塾長、さらに弘前大学の大学院生をしながら、講演会や柔道教室で日本中を飛び回るなど、超多忙な毎日を送る古賀稔彦氏。

あの感動のバルセロナ五輪(柔道)の金メダルから17年。今は指導者として、選手、子供たちの育成に尽力する古賀氏に、少年指導の現場の話を中心にお話を伺ってみました。

古賀稔彦氏

プロフィール

  • 生年月日:1967年11月21日 出身地:佐賀県三養基郡北茂安町
  • 身 長:170cm
  • 主な戦歴

    • 1986年 | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 71kg級 2位
      1987年 | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 71kg級 優勝
       | 世界柔道選手権大会(ドイツ:エッセン) 71kg級 3位
      1988年 | 講道館杯全日本柔道体重別選手権大会 71kg級 優勝
       | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 71kg級 優勝
      1989年 | 世界柔道選手権大会(ユーゴスラビア:ベオグラード) 71kg級 優勝
       | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 71kg級 優勝
      1990年 | 全日本柔道選手権大会 2位
       | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 71kg級 優勝
      1991年 | 世界柔道選手権大会(スペイン:バルセロナ) 71kg級 優勝
       | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 71kg級 優勝
      1992年 | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 71kg級 優勝
       | 講道館杯全日本柔道体重別選手権大会 71kg級 優勝
       | バルセロナ五輪(柔道) 71kg級 優勝
      1995年 | 世界柔道選手権大会(日本:千葉) 78kg級 優勝
       | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 78kg級 優勝
      1996年 | アトランタ五輪(柔道) 78kg級 2位
       | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 78kg級 3位

古賀塾を始めて7年

今年で古賀塾を始めて7年目になります。教え子たちは、全国大会の個人・団体で優勝したり、中学校の代表や高校の代表として全国大会に行ったり、少しずつ頑張って結果を出すようになってきました。それはそれでひとつの楽しみではあります。でも、全国大会に出たりすることだけが古賀塾で柔道をする目的ではありません。

柔道という枠組みのなかで、もちろん強くなりたいということを前提にやっている子もいますし、柔道を通しての仲間づくりとか、体力づくりとか、精神的な部分での強化とかを求めて道場に来る保護者とかその本人がいたりします。その目的というのはいろいろあるんですよね。大切なのは、指導している自分たちが、この子たちは何を求めてこの柔道場に来ているんだろう。そして、こちらも柔道というものを通して、この子たちに何を伝えていけばいいんだろうと。

全員に共通して教える部分ももちろんありますけれども、先程言ったように、人により求めるものが多少違ってきますから、個々が求めているものに応えてあげる。体がちっちゃくても、センスがあって、もっともっと強くなりたいという子であれば、そういう中学校や高校に推薦してあげて、そういう道を作ってあげるとか。私がやるべきことは、その子のこれからの道、目指せる道を、一緒に見つけてあげることだと思っています。

たとえ柔道が弱かったにしても、「ああ、柔道をやっていて良かったな」と思えるような環境で指導していれば、中学・高校でも柔道を続けてくれると思います。いずれ大人になったときに、近くの町道場に顔を出すようになり、「ああ、俺も古賀先生みたいに、ちょっと教えてみようかな」と思ってくれると思うんです。

僕らがやりたいのは、競技者として強化していける方向性の子と、いつまでも柔道が好きだと思えるような子供たちをたくさん作っていくことであり、それが将来的な柔道の底辺の拡大に繋がると思っています。

死に場所を作りたい

古賀稔彦氏

自分で道場をやろうと考えたのは、自分と柔道が、自分の人生の最期の場面のときに、どんな関係でいれたらいいかな、ということを考えたことがきっかけです。

そのときに、「あっ、柔道衣を着て、柔道場の畳の上で死ねるのが、柔道との最期のかかわり合いでありたいな」と。じゃあ、そうやって死ねる場所、そういう柔道場ってどこにあるんだろう。まさか他人の柔道場に行って、死なせてもらうわけにもいきませんしね。だったら、自分ちに作ってしまえば堂々と…。

例えば、危なくなったら柔道場に運んでもらって、ぱぱって柔道衣を着させてもらえますし、道場はスペース的にもすぐに葬式ができるような雰囲気ですしね。正面に祭壇があって、畳だし(笑)。

だから、自分で人生の最期の場面を迎えたときの、柔道とのかかわり合いの場所を作りたい、死に場所を作りたいと思って作ったのがこの道場なんです。

学んだことを伝えたい

でも、死ぬのはまだ早いなぁと思って、「俺は、柔道から何を学んできたのかなぁ」ということを、現役が終わったあとに考えてみたんですね。具体的に考えていくと、もちろん柔道をやってきて良かったこともあれば、イヤな思い出もあったりする。でも、「わっ、これいいな」と思うような場面がいくつもあったんです。

努力をする大切さをこの柔道で教えてもらえたとか、夢・目標を持つことは大変だけど、あの瞬間には生きている実感があったなぁとか。先輩後輩の仲間関係で助けられたり、自分も助けてあげたり。

小学生なら小学生、中学生なら中学生、高校生なら高校生、大学生なら大学生、それぞれの世界のなかで先輩後輩という関係が自分にとって、プラスになることばかりだったなと。

人間関係の問題があったり、もちろんそこには師弟関係があったり、あとは親子の関係ですよね。自分のために、親兄弟あるいはおじいちゃんおばあちゃんまでが、例えばお弁当を作って応援に来てくれるとか、涙を流して喜んでくれるとか、自分以上に悔しがってくれるとか。そういったことも、小さい頃から何回もあったんです。そういう経験というのは、今の時代だからこそ、子供にも大人にも必要になってきていると思うんです。礼儀にしてもそうですしね。

そういう、柔道から学んで「良かったな」と思えることを、柔道を通して少しでも伝えていければということで、小さい子から大人まで、年齢を問わず、気軽に足を運べる町道場にしてみようと思い、それで町道場にしたんです。

心の器を大きく持つ

古賀稔彦氏道場をやっていてもっとも感じているのは、人をサポートしていく、人を指導していくというのは、生半可な気持ちと限られた知識ではできないということです。人を指導する、サポートすることがいかに重要であるかということを実感しました。だからこそ、十分な準備が必要だと思っています。

私がいなくても、きちっと指導できる指導者を育成することも大切です。やはり人間関係をうまくやっていくことも、学ばなければできないことがたくさんあります。そういった意味では、いろんなことを勉強しなければいけないなと実感しています。

実際に7年間道場をやってきて、子供やその両親と接する際に心掛けているのは、自分の心の器を大きく持って接していこうということです。ですから、なんやかんやあったにしても、「よし、まずは話を全部聞こう」と。全部聞いたうえで、こちらが冷静に判断して話さなければいけないと思っているんです。

もしこちらが「それは間違いでしょう」と一方的に言ってしまったら、その人が自分の間違いに気付いても、感情的になってしまって間違いを認めたくないというふうになってしまいます。また、陰でなんやかんや言い出したり、変な派閥を作ったりする可能性もあります。そんなふうにはしたくないので、心の器を大きく持って、話を全部聞いたうえで、この父兄、この子供にはどういう話の仕方をしたら納得してもらえるのかを選択して話すようにしています。


指導者の役目

でも、最初からそういう対応ができたわけではありません。私の性格的には、現役時代と変わっていませんので、来たら来た以上に返そうとします。相手がガツンときたら、完膚なきまでに叩きのめす。歯向かってきたら、もうこの人とやりたくないというくらいまで、徹底的にやる。柔道ってそうだと思うんです。
私も典型的にそういうタイプだったんで、本来であれば、ガーンときたら、ガガガガーンとその数十倍で言い返すぐらいの気持ちは持っているんです。

でも、これは現役が終わって全日本のコーチになって学んだことなんです。いくら教えても思い通りにいかないとか、選手の調子がいいときもあれば悪いときもあるとか。そういった状況のなかでも、何月何日に大会があるということだけは決まっているんですよね。その間にケガしていようが、悩みがあろうが、何かあったにしてもそこだけは決まっている。そうなったときに、主役はあくまで選手ですから、選手をその日までにできる限り最高の状況・状態にしてあげられるかどうかが、指導・サポートしている自分の役目なんだと。

ですから、それをやるためには、ちょっとしたことで言い合ったりするのではなく、柔軟な心…柔道というのは柔らの道ですから…柔軟な心を持ってすべてを受け入れる。そして、柔軟な心でそのつど、この状況だったらどうすれば、大会の日にベストの状態に持っていけるか、ということを考え選択していけなかったら、選手がいいパフォーマンスをできないということに気付いたんです。

※このインタビューは、2009年7月27日に行なわれたものです。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード