著名な柔道家インタビュー

  

川口孝夫1/2

1972年のミュンヘン五輪(柔道)で金メダルを獲得し、現在は全日本柔道連盟の審判委員会委員長を務める川口孝夫氏。
国際柔道連盟審判委員、アジア柔道連盟審判理事も兼務し、柔道の国際的発展に貢献する傍ら、自身の道場で後進の育成にあたっている川口氏が柔道人生を振り返り、日本柔道の未来像を語ります。

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

1968年にインターハイで優勝

1968年にインターハイで優勝

私が柔道を始めたのは5歳の頃。父が道場を建てたことがきっかけでした。たくさんの人が山から木を運んで、自宅と道場を造って下さったのですが、そこを遊び場のようにしているうちに、自然と柔道に親しむようになりました。

自宅に道場がある訳ですから、毎日必ず道場に出ていましたし、振り返ると、幼い頃から柔道が生活の大部分を占めていたような気がします。

「勝負に勝つ」という目標を持って、一直線に柔道に取り組むようになったのは崇徳高校時代からです。当時、高校生の全国大会と言えば全国高等学校総合体育大会(インターハイ)と国民体育大会(国体)しかなく、2年生のときに出場した1967年のインターハイは個人軽量級(60kg級)と団体戦で3位になり、地元・広島(福山市)で開催された1968年の大会では個人戦で優勝することができました。

「2年生で3位ならば、当然3年生では優勝だ」と意気込みも十分でしたし、地元開催に向けて、県を挙げて底上げ強化に取り組もうという環境がありましたので、タイミングや運は良かったのだと思います。

世界へと羽ばたいた大学時代

世界へと羽ばたいた大学時代

高校卒業後は明治大学に進み、東京学生柔道体重別選手権大会の63kg級で4連覇しました。インターハイで個人戦の経験はありましたが、高校時代の試合と言えば、そのほとんどが団体戦。いわば無差別級を戦っていた訳で、大学生になって同じ軽量級同士で戦えることを、怖いもの知らずにも「ラッキーだ」と思ったことを覚えています。特に初出場だった大学1年生のときは、あっという間に優勝してしまったという感覚でした。

また、大学2年生で出場したアジア柔道選手権大会(台湾)は、私にとって初めての国際大会。当時の日本はアジアでダントツの強さを誇っていましたので、その時点でのトップ選手ではなく、どちらかと言えば次の時代に活躍することを期待された選手が派遣され、私もそういった立場でした。

ただ、1971年には世界柔道選手権大会(ドイツ)が控えていて、とにかく勝たなければならないという強い気持ちで大会に臨み、軽量級で優勝。翌年の世界柔道選手権大会でも金メダルを獲得することができました。

その前の年である大学1年時に、全日本ジュニア柔道体重別選手権大会が初めて開催され、それを目標として稽古に励むことができたことも、大学時代に国内から世界へと着実にステップアップできた理由のひとつではないかと考えています。

激痛と重圧に耐え、ミュンヘン五輪(柔道)で金メダルを獲得

激痛と重圧に耐え、ミュンヘン五輪(柔道)で金メダルを獲得

大学4年生のときに出場したミュンヘン五輪(柔道)の戦いは、私の柔道人生の中で最も印象に残っています。

決勝でモンゴルのブイダー選手と対戦し、一本勝ちで金メダルを獲ったのですが、実は彼とは3回戦でも対戦し、その試合中に肋軟骨が骨折していたのです。抑え込みから脱出しようとした瞬間だったのですが、自分でも骨が折れたことが分かり、相手に悟られないように努めていたものの、咳をするだけでも痛いという状況でした。

いったん「待て」がかかったのですが、その短い時間の中で「このまま試合が続けられるのか?」、「早く再開してくれ」という2つの思いが交差し、何とも言えない恐怖を感じたことを今でも鮮明に覚えています。あの当時は、たとえ骨が折れていても試合を棄権することなく、可能な限り最後まで戦うという意識が共有されていて、おそらく自分も「ここで死んでもいい」という心境だったのだろうと思いますね。

また、あの頃はまだ「全階級制覇」という言葉があり、私の試合までに日本選手が金メダルを逃す流れが続いていたことで、「痛みに耐え、自分が金メダルを獲らなければ」という大きなプレッシャーを感じていました。

今思い返すと、あの重圧を乗り越え金メダルを手にできたのは、いわゆる「火事場の底力」だったのではないかと思います。

ビジネスマンを経て、指導者の道へ

ビジネスマンを経て、指導者の道へ

1973年、丸善石油科学株式会社に入社し、約3年半の選手生活を送り現役を引退。そこから柔道を一時離れ、ビジネスマンとして社業に専念しました。

まったく新しい挑戦でしたし、周囲からは「柔道の川口」と見られることも多く、「仕事で負けたくない」、「社会人として評価を得たい」という気持ちで一生懸命に働いていましたね。私が入社したのはちょうどオイルショックの直後で、本当に色々な経験をさせてもらいました。今でも街中を歩いているとガソリンの値段が目に付いてしまいます。

その後、国家公務員に転身して広島矯正管区の武道教官として地元に戻り、母校である崇徳高校の柔道部の監督として指導者の道に入りました。

ビジネスマンとして仕事にやりがいを見出していた頃でもあり、会社を辞めることへの葛藤はありましたが、それでも柔道を人生の柱として活かしていけることは大きな魅力でしたし、現在は指導した子どもたちが様々な場で活躍してくれており、人を育てる喜びを感じています。

 

インタビュー:2016年3月

このページのTOPへ

  • ホームメイトWebサイト10の姉妹サイトへ
  • 柔道チャンネル SNS公式アカウントのご紹介
  • 柔道チャンネル公式Facebook
  • 柔道チャンネル公式Twitter
  • 柔道チャンネル公式YouTube
  • 柔道チャンネル公式Instagram
  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復師専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード