著名な柔道家インタビュー

藤猪省太 天理大教授・全日本柔道連盟審判委員会副委員長インタビューその1

最近は北京オリンピックをはじめ、世界レベルの大会で日本を代表する国際審判員として活躍する藤猪省太氏。

現役時代は対外国人無敗。中量級(1979年は78kg級)で世界選手権4連覇の偉業を達成している藤猪氏だが、その真骨頂は、無差別の全日本選手権での活躍である。藤猪氏に現役時代の思い出、そして国際審判員として今思うことを伺いました。

藤猪省太氏

プロフィール

  • 生年月日:1950年5月11日 出身地:香川県東かがわ市
  • 審判員資格:国際柔道連盟A級審判員
  • 主な戦歴

    • 1970年 | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 中量級 2位
      1971年 | 世界柔道選手権大会 中量級(80kg以下) 優勝
      1973年 | 世界柔道選手権大会 中量級(80kg以下) 優勝
       | 全日本柔道選手権大会 3位
      1974年 | アジア柔道選手権大会 中量級 優勝
       | アジア柔道選手権大会 無差別級 優勝
       | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 中量級 優勝
      1975年 | 世界柔道選手権大会 中量級(80kg以下) 優勝
       | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 中量級 3位
      1976年 | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 中量級 2位
      1977年 | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 78kg級 優勝
      1978年 | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 78kg級 優勝
      1979年 | 世界柔道選手権大会 78kg級 優勝
       | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 78kg級 優勝
      1980年 | 全日本選抜柔道体重別選手権大会 78kg級 優勝

相撲取りになりたくて

藤猪省太氏子供の頃、近所の人や友達と一緒によく相撲をやっていたんですが、私はけっこう強くて年上の人にも勝ったりしていたんで、「相撲取りになりたいな」と思ったんですよ。相撲取りになったら、勉強もせんでええし、お金もうけもできるやろうと(笑)。
それで、中学(香川県東かがわ市・大川中)に入ったときに、大きくなるには何がええかなと、入学式からいろんなクラブを見て回って。バレーボール、バスケットボール選手はみんな細いし、野球も水泳も細い。見てたら柔道の人は背が高くて大きい人がおったから、柔道したらあんな風に背が高くて大きくなるんやろうなと思ってね。それで力も強くなるやろうと思って柔道部に入ったわけです。

半年で初段に

藤猪省太氏でも、背も大きくならへんしね・・・180cmになったら、相撲に行きたいなぁと思っていたけど。中学ではそんなに背が高くならなくて、2年生で165cmぐらいやったかな。普通より少し大きいくらい。体重も50何sぐらいで。でも、柔道では中学2年生になったぐらいに、県で1番になったんですよ。3年生抜いてね。それと、柔道を始めて半年後、中学1年生で昇段試験にも通ってしまいましてね。その頃は150pで50kgぐらいだったかな。それから本格的に先生に教わった。初段の試験には通ったんだけど、黒帯締められるんは14歳からでしょう。保留になっておったんですよ。あの当時、県で一番になるような選手でも2年の夏くらいに初段取るくらいでしたから、半年で取れたんはまぐれですよ。

骨折後左組みに

藤猪省太氏柔道を始めた頃の組み手は、右やったんですけど、昇段試験の次の日に県で一番の高校生が練習に来て、その人に肩車で投げられたときに鎖骨を折ってね。治りかけの頃、1日も早く練習したいということで、左組みに変えたんです。右組みでは肩が上がって痛かったから。それから、袖釣込腰をやるようになって、内股になって。袖釣込腰で最初に郡の大会で優勝して、新人戦でね。県で一番になったのは2年生。そのときの得意技は内股でした。3年生のときに、親が仕事の関係で住んでいる兵庫県の西宮に行ったんです。上甲子園中学に。そこでも県で一番になって。天理高校に見つけられて。それで天理高校に入ったわけです。

「柔道一本足」理論

藤猪省太氏練習では、内股とか大外刈とかいろいろやっていました。僕の理論は、「柔道一本足」やと思ってるんですね。両足をつくと腰の回転ができないでしょう。だから、イチローとか王貞治なんかが一本足で打つのは当然やな、と思うんです。一歩足だったら腰を回しやすい。
僕の背負投はスピードがあったと思うんですよ。なんでか言うたら僕は内股をやっていて腰の捻りが強かったから。だから、柔道は一本足やと思うんです、大外刈も払腰も。背負投も実際は、腰を捻らなかったら前にこないでしょう。僕にスピードのある背負投があったから大きいやつでも投げられたし、無差別でもええ試合ができたんだと思うんです。僕が子どもの指導者になるんだったら、背負投は教えないでしょうね。背負落は教えるかもしれへんけど。腰を捻らすことを教えたほうがええからね。自分の2倍の体重とか、背が15p以上高い相手だったら担ぐことはできない、空回りするから。でも、腰を捻ったら相手は前に来ますからね。内股、背負投もそうでしょう。背負落、体落もね。だから、一本足になる。両足に体重がかかっていたら、腰を捻れないですから。

指導者も一緒に勉強

中学時代の柔道部の顧問は岡田好博先生と松村哲夫先生。お二人とも大学時代に柔道をやられた人でしたが、柔道専門の指導者というわけじゃなくて、私の嫌いな英語と国語の先生でした(笑)。その先生には「柔道強くなるためには、大学まで行かないかん」、「勉強しなさい」ってよく怒られました。でも、この先生たちのおかげで勉強はある程度できたと思うんですね。嫌いやったんがね。
上甲子園中の先生も素人やったです。荒木先生っていうんですけど、ほとんど教わってないです。僕の影響は香川県の中学の二人の先生やったですね。この先生たちから、「こんな技あるよ」と教わってね。柔道の専門家ではなかったんで、こうやってやるんだと決めつけるんじゃなくて、先生たちが警察なんかに行って見てきたことを教えてくれた。この先生には、先生も勉強して私らに教えてくれるんや、ということを教わったですね。僕の指導者の印象はみんな繋がっている。天理高校もそうですよね。加藤(秀雄)先生も野村(基次)先生も寝技を一生懸命勉強されていましたね。天理高校はその当時、寝技をやらないかんということで、生徒と一緒に勉強したんです。昔は鎮西や鹿実(鹿児島実業)に寝技でやられていたんで、とことんやりました。だから、我々の頃、寝技は強かったですよ。それに、寝技強くならなかったら地獄やったですもん。先輩に落とされますからね。だから、必死になって寝技の練習しました。試合で勝つためとかじゃないですよ。毎日が、嫌やから。首絞められるのは嫌やし、落とされるし。1回どころじゃない、落ちたら何度も落とされるからね、続けて。だから必死になって、絞められんように逃げることを覚えた。寝技が強くなる前に、まずは逃げるのが強くなるんです。

寝技は技の組み立ての勉強になる

私もその頃にしっかりと寝技をやったおかげで、最後の世界選手権では3本寝技で取ってますよ。それはなんでか言うたら、ヒジを壊していたし、スタミナもなかったんで、寝技でもやっとかないかんと思ってね。高校時代、18歳のときのものを、11年後の29歳のときにもう1回訓練したんです。高校時代に必死に練習したんが役に立ったんですよ、最後は。 寝技は、いざというときに助けてくれるし、技術的に言えば、組み立てを考えるのにいいんです。
立ち技の組み立ては360度ですから動きのパターンがもの凄いけど、寝技は簡単に言えば、相手が寝たらその半分、180度動けたらいいわけです。それに動きが遅い。動きがスローやし、その動く範囲が狭いから組み立ての勉強になるんですね。寝技を勉強させておったら、いろんな立ち技の組み立てや体の動かし方が訓練できるんですよ。寝技をやらないかんというのは、試合で使うことよりも、頭の訓練のためなんですよ。立ち技の選手でもいろんな組み立てをせなあかんでしょ。それを一番簡単に、わかりやすく、練習できるのは寝技なんです。だから寝技は試合に使わなくてもやったほうがいいんです。
私は大学に入ってから寝技は使ってないです。使う必要がなかったんです。なんでか言うたら、自分で言うのもおかしいけど、技が切れたから。立ち技で勝負できたから。寝技したらスタミナがバテるんですね。私は小さかったから、チャンスやったら抑えたけど、立ったときに自分の技が切れんようになる、動きが悪くなるということで、試合で寝技は使わなかったけど、練習はようやった。とことんやらされたですね、研究もしたし。

指導者はアドバイザー

藤猪省太氏中学の先生も高校の先生も、教えてくれるけど自分でも勉強するというタイプでしたが、大学の松本安一先生も自分で抱えて全部教えるんじゃなくて、背負投の名人がいれば「あそこ行ってこい」とか、捨身小内なら「あの先生に教わってこい」とかね。
中学時代から大学の先生まで全部見たら、共通するんです。どの先生も自分で決めつけて教えるんじゃなくて、「こういう人がおるよ」とか、「こんなんやで」と助言をしてくれた。だから、それが僕の指導方法にも生きていると思うんです。
現役のときはもちろんそうでしたけど、柔道が型にはまらないというか、柔道は自分で作っていくもんだというのが常にある。だから、選手にとって僕はアドバイザーでしかないと思っているから、今でも基本的な技術しか教えない。僕の技は「こうや」とか、せえへんのは、自分自身がそういう教え方をずっとされてきたからなんです。

※このインタビューは、2009年7月24日に行なわれたものです。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード