著名な柔道選手インタビュー

  

新井千鶴1/2

2017年の柔道グランドスラム・パリ、柔道グランプリ・デュッセルドルフの2大会で連勝を達成し、ついにはブダペスト世界柔道選手権大会を制すなど、快進撃を続ける新井千鶴選手。
しかし、今の強さに至るまでには様々な試練や試行錯誤がありました。そんな新井選手に、これまで歩んできた道、そしてこれからの目標などを語って頂きました。

  • Increase Text Size
  • Increase Text Size
  • Decrease Text Size

「最初は怖かった」柔道との出会い

「最初は怖かった」柔道との出会い

幼稚園のときに一度、兄と地元の柔道クラブに入門したことがありました。しかし、そのときは年上の女の子に囲まれたのがとても怖くて、私だけ初日で辞めてしまったんです。

そして、その後勇気を出して再入門。本格的に柔道を始めたのは小学1年生の頃でしたね。

私が通っていた道場は男衾柔道クラブです。ここでは手順を踏んでしっかりと教えてもらいました。まずは受身から、それができるようになったら打ち込みといった流れです。足技のひとり打ち込みをひたすらやったことを覚えています。

足払い、出足払い、送り足払い、燕返しなども繰り返していましたね。この練習と幼少期にサッカーをやっていたことが、足技の上達に繋がったのだと思います。

もっと強くなりたかった中学時代

もっと強くなりたかった中学時代

中学時代、試合ではなかなか勝てませんでしたね。「あともう少し」というところでいつも勝ちきれず、中学3年の最後の大会も決勝で負けて2位。関東大会までしか出たことがなく、全国には届きませんでした。

「もっと強くなりたい」という気持ちを抱いていたので、クラブで大人の人と稽古をしたり、先輩の通っている高校へ出稽古に行ったりしていました。

この頃に「自分で考えて柔道に取り組む」という習慣を確立できたのは大きかったと思います。

高校でついに才能が開花

高校でついに才能が開花

高校に入ると階級を70kg級へと上げました。中学1年のときは44kg級だったことを考えると、体は順調に成長していたと思います。

技術面でも伸びてきて、全国大会へ出られるようになりました。埼玉県を出て他県の選手と戦えるのが本当に嬉しかったですね。

高校時代はたくさんの試合に出ましたが、忘れられないのが3年生のとき(2011年)の関東高等学校柔道大会と、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)。オール一本勝ちで優勝できたという点と、面白いように技を決めることができたという点で、とても印象的でしたね。

この大会のときは思った通りに動けて、自然に足技をかけることができていました。「こんなに効くんだ」と思ってしまうくらい技がきれいに決まって、楽しかったのを覚えています。

あまりのレベルの違いに愕然

あまりのレベルの違いに愕然

2012年に三井住友海上の所属となりましたが、社会人となった1年目は想像以上に苦しみました。

高校のレベルとは全く違うし、稽古で倒れて天井を眺める毎日。練習相手が強すぎて、まともに組むことすらできず、自分の未熟さを思い知らされましたね。

そういった中で私は次第に自分の柔道を見失い、試合では高校時代に勝っていた選手にも敗退。それでもとにかく毎日もがくように練習を重ねて、2012年の後半あたりからようやく調子が戻ってきました。

すると、アジアジュニア・ユース選手権大会(現:アジアカデ・ジュニア柔道選手権大会)、柔道ワールドカップ・チェジュで優勝。社会人1年目は苦しみながらも最終的には結果を出すことができました。

 

インタビュー:2017年9月

このページのTOPへ

柔道チャンネル 公式Youtubeチャンネル

柔道チャンネルTVで動画を観る

  • ホームメイトWebサイト10の姉妹サイトへ
  • 柔道チャンネル SNS公式アカウントのご紹介
  • 柔道チャンネル公式Facebook
  • 柔道チャンネル公式Twitter
  • 柔道チャンネル公式YouTube
  • 柔道チャンネル公式Instagram
  • 全日本柔道連盟

  • 弊社は、財団法人全日本柔道連盟(全柔連)のオフィシャルパートナーです

  • 公益財団法人 講道館

  • 東建は、日本伝講道館柔道を通じた青少年育成事業を応援します

  • 柔道ブログ

  • 柔道整復師ブログ

  • 接骨院・整骨院ブログ

柔道整復師情報
柔道整復師情報を詳しく見る
  • 柔道整復専門学校検索

全国接骨院情報
全国接骨院情報を詳しく見る
  • 全国の接骨院・整骨院検索

  • ケータイ版・スマートフォン版
    「柔道チャンネル」へのアクセスはこちら

    ケータイ版柔道チャンネル

  • スマートフォン版柔道チャンネル

今回は著名な柔道家インタビューとして新井千鶴選手にお話を伺いました。2017年は大会で連続優勝して大活躍中です。しかし、その強さに至るまでには悔しい思いや辛い経験がありました。実力不足を痛感したのは中学時代。試合で勝ちきれず全国大会出場を逃しました。急激に周囲のレベルが上昇した社会人1年目。今まで培ってきた技術が通用せず、自分の柔道を見失ったそうです。実力がついて世界大会で優勝すると、まわりからの大きな期待が重圧となり、思うように試合ができなくなりました。それでも、試行錯誤を繰り返して弱さも逆境も克服。決してあきらめない心が強さの源なのでしょう。
新井選手の歩んできた柔道人生とその思いに、柔道チャンネルで触れてみて下さい。

注目ワード