柔道用語辞典

裏とり

裏とり

裏とりとは、相手の掛けてきた技を返して、反対に相手を倒すことです。相手の技をただ防ぐだけでなく、工夫によってピンチがチャンスとなります。
例えば、相手が大外刈を掛けてきたとき、相手の足がこちらのひかがみ(ひざの裏側)に当たる瞬間、一方の足を後ろへ引いて、体を開くようにします。その足を軸足にして重心を移し、体をひねりながら相手を後ろへ崩し、大外刈を掛け返します。
このように、掛けられる瞬間に掛け返す裏とりは、柔道の面白さのひとつです。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード