柔道用語辞典

受け

受け

受けとは、形(かた)や約束稽古において、技を受けて投げられる側の人のことを指します。受けに対して、技を掛ける側の人を取りと呼びます。
受けは、いつも正しい姿勢で技を掛けられやすいように力を抜き、取りの動きに合わせて投げられ、受身を取ります。約束稽古の成果を上げるためには、受けは、取りがまだ技を掛けていないのに自分から跳んだり、無理な技を掛けられても投げられたりせず、呼吸を合わせて自然に投げられることが大切です。
受けは、どのようなときに崩され、どのようなときに投げられるかを体得する練習にもなります。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード