柔道用語辞典

釣り手

釣り手

釣り手とは、柔道で組み合うときの持ち手のことです。右自然体右組みの場合、釣り手は右手となり、主に襟を握ります。左手は、「引き手」と言い、主に相手の袖を持ちます。釣り手で奥襟を握り釣り込んだり、横襟を握って柔道着を後ろへ押したりして技を掛けます。
釣り手で後襟を握ったまま何もしないことや背部を掴むことは、制限または禁止されています。


柔道チャンネルでは、柔道部・日本柔道・国際柔道・世界柔道・柔道整復師・柔道整復師専門学校・接骨院の関連情報がご覧頂けます。また、柔道大会情報や柔道家・選手紹介、柔道組織情報、柔道お役立ち情報など柔道に関する情報が満載です。

注目ワード